ルー大柴

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Bouncywikilogo small.gif
フォーユーモア欠落症ペイシャントに、ウィキペディアのエキスパートダンディたちが「ルー大柴」のアーティクルをライトしています。
TVプログラム「バースト・オブ・ラフターヒットパレード2007」にて。インジェネラルからサッチアイズである。

ルー大柴( - おおしば)は、ジャパニーズコメディアン、タレント、アクター。
「ルーおおむらさき」、「のれーおおしば」、「のれーおおむらさき」などネームでプレイされるのはプロミスであり、ペアデリシャスプレイスでもある。パースンヒムセルフもそれでジョイしているパターン。しかしオポジットにセイすれば、それをテイクしてしまったらホワットも無いことになる。

キャラクター[編集]

ルーのキャラクターをワンワードでセイイングすれば「ワーディー」、「ノイジー」、「テイストがストロング」である。

ジャパニーズプロナウンシエーションのイージーイングリッシュワードをサムプレイスにミックスしてスピークする。(インファクト、ルーにはフォーレインカントリーをサムイヤーズワンダーしたエクスペリエンスがあり、グッドなイングリッシュをスピークすることはできるが、オンパーパスそうしていない。)フェイマスなジョークとして「トゥギャザーしようぜ!」がある。

そのノンストップなスピーキングからはとてもシンクできないが、ルーのシンギングはベリーバッドである。

ディスソースはミーのフェイバリットさ。

エピソード[編集]

  • クチバシティでマチス少佐というハンドルネームでジムリーダーをしている。
  • 関根勤小堺一機ラッキィ池田とはベリークロースである。また関根勤のドーターである関根麻里を、ハーがまだチャイルドであったタイムからノウしていた。
  • ルーはヒムセルフのイメージを「西川のりおをファッショナブルにしたライクなイメージ」とスピークしているが、バットのりおとはベリーベリーライクキャットアンドドッグ。
  • 和田アキ子にネームを「ヘイ大久保」とミステイクにリメンバーされていた。
  • フェイバリットアーティストはゆず
  • ルーはアデランスのコマーシャルにアピアランスするために、マイセルフのヘアーがあるのにわざわざそれをドローアウトしてまでライブニューでトゥギャザーした。
  • ディテクテイヴ・ナイト・スクープ」というTVプログラムで、「グランドファザーがダイしてからグランドドーターのバイタリティがプアになってしまった。デッドしたグランドファザーはルーにベリールックスライクしていて、TVでルーをルックするたび、グランドドーターはティアーをドロップしてしまうというステータス。ルーをホームにインバイトすることを、ミーはウォントする」というリクエストをレシーブして、テイクパートインした。アットファースト、オールウェイズのキャラクターでグランドドーターにタッチしていたが、グラジュアリー、グランドドーターのトゥ・グランドファザーのマインドをアンダスタンドし、カインドなグランドファザーとしてグランドドーターにタッチした。アナザールームでツーピープルをルックしていたクライアントとそのマザーはティアーをホールドバックしえず、コメディ系のリクエストのレポートをすることがメニーであり、オールウェイズはティアーにノーコネクションであるレポーターの桂小枝もティアーした。アットラスト、グッバイのときにはバイマイセルフもティアーすることとなった。西田敏行エージェンシーチーフはオフコースノーマルのトリプルティアーした。ディスブロードキャスティング以来、ウエストサイドにおけるルーのポピュラリティはベリーベリーアップしている。

NHKエヴリバディのソングのリリック・コンポジション[編集]

MOTTAINAI 〜もったいない〜でストリートパフォーマンスをドゥーしたらポリスにアレストされそうになった。

コネクションカテゴリ[編集]

アウトサイドリンク[編集]


ディスアーティクル「ルー大柴」は、ライターがクラックをスニッフしていたポッシビリティもありますが、ナウ、まだクソマウンテンです。よりファニーにトゥギャザーして下さるヘルパーをウォントしています。 (Portal:スタブ)