ルートビア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
如何にも色々な意味で効きそうな外見だ。

ルートビアとは医薬用湿布の一種。筋肉の緊張を解す・打ち身・ねんざや皮膚病などの治療のために使用される、液状湿布の総称。飲むサロンパス[1]とも言われている。

概要[編集]

普通、医薬用湿布と言えば患部に貼ることで薬効成分を浸透させ痛みを和らげる等の目的で使用される粘着性のある布を指すが、ルートビアは同様の効果を持つ液状の湿布である。天然由来成分を多く含んでおり高齢者も安全に使用できる。また多くの湿布が商品名を冠し販売されていることに対し、多くのメーカーは液状湿布の総称であるルートビアを使用し販売している。

歴史[編集]

あの犬の好物でもある。

もともとルートビアはアメリカの個人家庭で作られていた、バニラ等の樹皮・リコリス(甘草の一種)の根・サルサパリラ(ユリ科の植物)の根・糖蜜アニスナツメグをブレンドした飲料であった。
家庭で飲まれていたこのルートビアには、咳止めや痰切りの効果があるとし、老人達は老人特有のにいい物を子や孫に勧めたがる法則通り子供によく与えていた。しかしこの時代のルートビアは日本味噌汁と同様、各家庭により調合するハーブの量や種類がまばらであり、味は不安定であった。飲料としてはやや不安のあるこのルートビアを、チャールズ・エルマー・ハイアーという男が、調合するハーブの量や種類を限定し医薬品として商品化した。
もともと家庭で親しまれていたものであるルートビアが、ちゃんとしたレシピの下作成され、その薬用効果も上がっていると評判になり爆発的に売れた。

使用法[編集]

塗る
患部に塗ることで、布製湿布と同様に薬効成分を浸透させる。液状である為範囲を自由に指定することが可能。また布製湿布は貼った箇所を動かすとずれて剥がれる、粘着力が弱まるなど欠点があるが、ルートビアは水分が気化し乾いた箇所に薬効成分のみがが留まる為、自由に動かすことが出来る。

また目につけて一時間すると視力が1.5倍になる。

飲む
ルートビア本来の使用法。体内に取り込むことで内側より患部の痛みをやわらげる。調合されている成分にバニラや糖蜜、炭酸が含まれており、子供でも飲みやすくなっている。一般的な湿布の効果に加え、咳止めや痰切りの効果もある為、アメリカの家庭では薬箱に必ず入っている。
目潰し
「呑む湿布」なので当然目に吹きかければ強烈な効果をもたらす。これとジョッキを組み合わせた「殺人術」は沖縄空手一子相伝の術という。

日本における販売[編集]

エンダーのルートビア。

日本ではルートビアはポピュラーと言えず、大手薬局等に行っても購入できない。入手するには輸入商品を扱っている店や通販で購入する必要がある。
ただし米軍基地が設置されている沖縄では、職務中の米兵がホームシックにならないようにと販売されていたものが広まり、容易に入手することができる。また県民に非常に親しまれており、沖縄の老人達も「体にいいから沢山飲むさー」と若者に勧める。県内ではアメリカ産の薬品を扱う薬局「A&W」(通称:エンダー)にて販売されている。店舗数が多く、自販機コンビニにも卸している為、県内であればほぼどこでも手に入る。また、エンダー店内での利用に限り、最初の一杯分の料金を支払えば、2杯目以降は無料で提供されている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ルートビア」の項目を執筆しています。


ひよこ この項目「ルートビア」は書きかけだよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってなら、してみやがってください。お願いしましたよ。 (Portal:スタブ)