リーマン・ショック

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「リーマン・ショック」の項目を執筆しています。

リーマン・ショック(-)とは、サラリーマンに起きたショッキングな出来事の総称である。いまこのページを見ている間にも、どこかのサラリーマンの身に起きていると一般的に考えられている。これまでサラリーマンがショックを受けることの総称は決められていなかったが、2008年9月にアメリカがリーマンショックとする旨を発表したことで、たちまち日本でもこう呼ばれるようになり、いまではすっかり定着したと言える。

概要[編集]

アメリカのサラリーマン・リーマン兄弟の親が二人そろって2008年9月15日に交通事故で死んだ。この親は資産家で住宅ローンを肩代わりするほどであった。サラリーマンの略称であるリーマンがショックを受けるという様子にアメリカ政府は「これがまさにリーマンショック、なんつって」と記者を凍らせるような親父ギャグを発した。日本人は失笑していたのだが、頭の固いヨーロッパ人が真に受け、サラリーマンがショックを受けることをリーマンショックと名付けることを決定。米国政府も困惑気味に追認した。天下のアメリカ様が認めたということで日本もその波に乗っかり連日マスコミが「サラリーマンがショックを受ける様について米国が『リーマンショック』と名付けた」と報道。一般市民はもはや冷ややかな目で見つめ、「こんなものを流行らせた責任は重大だ」と床生大郎を批判、次の選挙で自民党を与党の座からおろさせるなど、アメリカの親父ギャグが一つの国の政権を変えてしまった典型的な例ともなった。

なお、その後の日本についてはお察し下さい

影響[編集]

こんな親父ギャクで世論が動いてしまう日本に失望した外国の株主が続々と株を売り、日経平均が6000円台に突入するなど風評被害も生じた。なお、そちらの話題についてはこちらに詳しく記されている。卵が割れてしまいそうなほど頭が固い者が執筆しているためかなりデマが生じているが誰も気にしない

利便性[編集]

この言葉の利便性は非常に高く、マスコミに洗脳された教えられた日本人皆が覚え、普通に使っているほどである。

などといった場合に使われている。また、カブ農家がカブを出荷する際にも「お、株売却だ」などと言われる。

関連項目[編集]


この項目「リーマン・ショック」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)