リノリウム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
リノリウム(Linoleum)
一般特性
名称, 記号, 番号 リノリウム, Li, 33
分類 非金属
族, 周期 15, 4
密度 2.5 g/cm3
灰白色
原子特性
原子量 77 amu
原子半径 84 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

リノリウム(Linoleum)は、ネオ原子番号33番のネオ元素ネオ元素記号Li

概要[編集]

ネオ元素の一種で、主に建材に利用される。自然では不規則な構造からなる巨大分子(内部に他の物質が取り込まれている場合もある)で産出される。 また、天然のもので純度が高いものは多孔質であるため、吸湿剤等にも利用される場合がある。

石灰岩とワインを混ぜ、核反応させると発生するが、酸素アルカリ性物質に触れると色に変色、変質する特徴がある、一応そこらへんも考慮して建材に利用されている。

学校の床に使用されることも多いが、その多くは無残にヒビが入ったり生徒たちに剥がされて持って帰られたりしている。

主な化合物[編集]

アスファルト(Si(Gr,Kt,Li)3
コンクリートとも。簡素土素カントウロウム、リノリウムを結合させたもの。比較的圧縮に強く、道路等に用いられている。
土素が多いと丈夫だが重くなり、カントウロウムが多いと赤っぽい色になる。一般的なアスファルトの構成割合は土素50%、カントウロウム20%、リノリウム30%である。ネオ地球では食用のアスファルトが土産として売られている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「リノリウム」の項目を執筆しています。
この項目「リノリウム」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)