リチャード・ストールマン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「リチャード・ストールマン」の項目を執筆しています。
リチャードにおける最終形態(予想図)おかしなモノに寄生されてしまっている

リチャード・ストールマン(Richard Matthew Stallman、RMS、1953年3月16日 - )は、むさい長髪もじゃヒゲガチ思想の三連ハンデを自ら課して俗世間と戦う電脳界の勇者(凡人界の住人にとってはキチガイと紙一重)である。

人物[編集]

  • 前述の三連ハンデ以外には「常人には考えが及ばないくらい知能が高い」と言うことぐらいしか記者には理解できない。
  • ジョークだが本音だか皮肉だかわからない言動を真顔で講釈するため、対話やインタビューで笑うことができない。
  • 日本に来日した際に日本の文化に少しでも触れてもらおう和食を振る舞うも、自由ソフトウェアとプロプライエタリを連呼するだけで会話が成立しなかった。
  • 実はもの凄い馬鹿だったりしたら笑えると思うが、絶対そんな事は無いのだろう。
  • てんぷらを揚げている最中、鍋に火が入ったら、まず顔から火だるまになっていくパターンだと思われる。
  • 絶対に風俗には行かないか、行っても必ず嫌がられるタイプ。
  • 本稿執筆現在、彼女募集中らしい。
  • オプソ真理教の信者には彼が空中浮揚する写真を一目見て入信を決めた者も多い。
  • 林檎教のトップが退陣した時、嬉しさのあまり内心を暴露してしまった話は言うまでもない。
  • を愛しており、ハンバーガーを食べることを嫌っている。

電脳世界での活躍[編集]

  • ようわからんが大したものなのだろう。
  • LISPという(((())))が乱舞する謎言語で Emacs というエディタを開発するも、ハッカーのみが理解しうる難解な操作系を持ち、あまたのプログラマーワナビーに挫折を味あわせた。玄人EmacssenはEclipse(総合開発環境)の初心者と同じ程度の生産性を誇ることで有名である。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

その他[編集]

  • ニコ動などはこの人のポリシーと親和性がありそうだが、広告が入っているのと、なによりテキストベースでは無いのでダメだろう。
  • 一番の謎は何で喰っているか。(一応MITにいたらしいが)
  • すみません、間接的には非常にお世話になっています。

関連項目[編集]