リザードン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情乳酸菌が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

リザードンは、生物兵器ポケットモンスターの一種。 ポケットモンスターの中でも特に超高温の火炎による攻撃、また、進化により得た翼を利用した攻撃を行う。

兵器としてのリザードン[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「リザードン」の項目を執筆しています。
  • その強力な火炎放射により、大量殺戮兵器として利用された。
  • しかし、その残虐な手段から捕獲に対しての制限がかかり、現在ではオーキド博士等一部の人間以外からは入手することが困難となった。
  • 現在通信で出回っているものは、全てオーキド博士の培養した固体をブリーダーが繁殖させたものである。
  • ファイアーエムブレムという中世の記録によれば、すでにこのころから兵器として存在していたらしく、時には大陸がリザードンに占拠されていた時代もあるという。当時は人は岩を操る術はもっておらず、ドラゴンキラーや雷魔法、神将器で対抗していた。

ゲームにおいてのリザードン[編集]

ポケットモンスターの一番初期のバージョンでは、一番最初にもらえるヒトカゲの最終進化系として登場する。しかし上のような性質や、ポケモンが予想外に大ヒットしたことなどからリザードンが大幅に増加。世界中に大きなダメージを与えることになったのである。

なおこの事態を重く見た任天堂は次回作からもうちょっと、攻撃力の劣るバクフーンを採用している

ちなみに非公式ではあるが、任天堂に対してヨヨした当時のスクウェアの作品『ファイナルファンタジーVII』に登場する召喚獣『バハムート改』は、当時ヘッドハンティング乱発期でもあったスクウェアに無理矢理出演させられたリザードンである(これが原因で、さらに任天堂対スクウェアの抗争に拍車をかける結果となった)。
2004年には彼の暴走を抑えるため通常ポケモンではかなりのVIP待遇であるがパッケージを飾った。しかし彼の暴走は止まらず奈良近辺に自分たちの領土を作ったり2013年にはメガシンカなる能力を手に入れ特性ひでりorドラゴンタイプを獲得した。またニューヨークに自らがモデルの橋を建築したりと結局今に至っても暴走は止まらない。

アニメにおいてのリザードン[編集]

その潜在能力から、一時はあのサトシの所有兵器として利用された。(あまりの潜在能力の高さにレベルの低いサトシは操れなかった( 炎吐かれた)が・・・) また、最近では、このリザードンは螺旋波動滅びのバーストストリームというさらに凶悪な兵器を搭載していたことが発覚した。

この項目「リザードン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)