リア充

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、2ちゃんねる的に正しいリア充について記述しているばい! より実態に近いリア充の肉声につ・い・て・は「りア充」をCHECK IT OUT!! はい!!!
「リア充爆発しろ!!」
リア充 について、自宅警備員
「リア充って何?」
リア充 について、真のリア充
「リア充爆発しろwwwww」
リア充 について、非リア充を自称するリア充

リア充(りあじゅう)とは、「リアル(現実の生活)が実している者」の略称である。身分ではに相当するため、無礼討ちならぬ無視の特権が認められている。

日本では建前上、国民平等とされている。しかし実際には、インドカースト制度に匹敵する厳格な身分制度が適用されており、下の階級への差別や迫害が暗黙裡に推奨されている。まさに日本社会は、「リア充のリア充によるリア充のための社会」なのである。

このような厳格な階級制度の頂点に君臨する人々がリア充である。インターネット上の生活のほうが充実しているネトゲ廃人2ちゃんねらーウィキペディアンといったネットジャンキーとは明確に区別される存在である。定義は曖昧であり、ネットコミュニティにおける「仮想敵」の意味合いが強い。家から出ることができる者をリア充と定義する学派も存在する。

概要

リア獣ハンター優子

主に勉強恋愛趣味部活仕事に打ち込むなど日常生活が順調で充実している人々のことを指す。リア充には数種類おり、大きく区分すると真のリア充である最上位階級と、リア充の中でも下等なキョロ充と呼ばれる階級が存在する。インターネット上でリア充を自称するのはキョロ充である。このキョロ充と呼ばれる階級に属する人々は、真のリア充に対して常に劣等感を抱いており、自分に自信が無い。そのため日記ブログではやたらテンションが高く、何かというと「!」を乱発する事で自分の私生活の充実ぶりを過剰にアピールし、リア充という表現までも創造した挙げ句、些細なことを自慢する。ここまで来るとむしろ事の真偽如何に拘わらず嫌味としか言い様が無い。しかし、こういった行為を行う人々はキョロ充のみである。真のリア充にとっては他の階級の人々やインターネットのことなどアウトオブ眼中だからである

そのノリやテンションの高さはインターネット上でしばしばKYとレッテルを貼られるものの、所詮は非リア充の遠吠えに過ぎず、非リア充が多数派であるネット上では排斥運動がたびたび発生しているものの、あくまでインターネットなどは所詮は仮想空間でしかなく、人生と呼ぶに値するのは現実の世界であるため、ネット上でいくら多数派が批判し罵詈雑言を浴びせようと、リア充にとっては実にどうでもいい話であり、たとえネットでの評価が散々でも彼女彼氏と遊びに行く方がずっと楽しい。実に融通の利く、羨ましい人生である。

彼らの言い分は「こんなねっとにまし゛になっちゃって、と゛うするの」であり、即ちまさに外道なのである。

また本来は「彼氏彼女がいる=リア充」ではないが、インターネット上では彼氏彼女は空想上の生物でしかないから、とりあえず彼氏彼女がいる人はリア充と判断される。彼氏彼女がいるのに「リア充じゃない」発言をすると夜襲をかけられる可能性があるので注意が必要である。

また、仕事、人間関係、経済的にも充実しているが単独行動を好む、ソロ充(後述)と呼ばれる人々の存在も確認されている。

リア充の対極に位置し、社会の下層階級に位置する非リア充の確認されている特徴として、PC、ネット、ゲーム、政治経済、外交、軍事など雑多で広範な知識を有している場合が多いが、それがリア充への進化を阻害していることが臨床実験により確認されている。これら雑多で広範な知識は、真のリア充にとって、はっきり言って「なんの役に立つの?(笑)」であり、非リア充はリア充を「情弱」などと蔑むが、だからこそ非リア充であり、そんなことは知らなくても充実してるのが真のリア充なのである。

リア充を気取るためには

こんなところでリア充の定義を非リア充が語るなど実にバカバカしく、少なくとも秋葉原より原宿に行けば多く観察できるはずだ。しかしここではfacebookやブログにこの様なことを書けばおおよそ向こうからリア充認定してくれるような文言をあげておく。

いつもアルバイトの話をする
時には「機械に巻き込まれました」等の会話を平気でやるためその充実っぷりが手に見て取れる。
武勇伝
勝手に語りだすのはリア充であるが所以。ただしオリエンタルラジオの場合、これをギャグに昇華させている。
また、自分の逮捕歴などを自慢げに語りだすのは単なるDQNであり、見習うべきではない。
容姿
一部の例外の除き、ある程度の容姿・肉体とファッションセンスを持ち、高い経済力を有し、流行に敏感で、いつも明るく前向きでポジティブな性格であることがリア充となる前提条件である。それらの条件を計量化・数値化すると、その数値はリア充度に正比例する。
ただし、ネット上の記述や写真などを鵜呑みにすることほど愚かなことはない。ネット上で、リア充を装う者も多いからである。

さらにわかりやすいリア充判別方法

以下の項目に6つ以上のチェックがつくなら、あなたはリア充である。

  • 恋人がいる。複数いる場合、全員とうまく関係を保っている。
  • 対とされる非リア充にも真のリア充はわけ隔てなく接する。
  • アドレス帳登録数が200件以上 ある。
  • 一日の平均メール数が10以上(宣伝やメールマガジン以外)来る。
  • LINEの友達が200人以上いる。または所属しているグループが10以上ある。
  • タイムラインに投稿する度にスタンプが15以上、コメントも7割方異性からくる。
  • ほぼ毎日何らかの形で電話(業務連絡およびセールスを除く)する、もしくは掛かって来る。
  • 誕生日イベントによくからみ、ホームパーティーを計画する。
  • 昼食や夕食を友人と食べることが多い。
  • 休日遊ぶ友達が3人以上いる。
  • 他の人に堂々と言える趣味が複数ある(ライブ鑑賞、スポーツ観戦等)。
  • 将来に希望が見出せる。
  • 一方で常識人でキチガイには容赦なくツッコミをいれる。
  • 秀才ではあるが天才ではない。
  • 健常者。
  • 空気が読める。

本来のリア充、非リア充とは

以下では、この言葉の発祥の地である2ちゃんねるの大学生活板で使われていたリア充、非リア充の正しい意味を説明する。

最近は自分を非リア充だと勘違いする輩が増えているが、本来非リア充とは非常に少数であり、5%未満と言われている。俗人が安易に名乗ることは許されていない。上記にリア充判別なるものが表記されているが、本来の意味からすると全くの間違いである。一つでも満たされていれば確実にリア充であると言える。


非リアと名乗るには最低限、友達が一人もいない「ぼっち」で、メールは兄弟、若しくはただの連絡以外は数ヶ月~数年来ないのがデフォルトというような状態が必要となる。しかも仮に「ぼっち」であろうと、バイト先で飲み会にでも行こうものなら途端に非リア充は解除されリア充となってしまうのだ。

  • 「今日休日なのに何処にも行かなくてマジ非リア充www」

などは完全なる誤用である。一日限定で使っていいものではない。

リア充になることは容易い(一日あれば可能だ)が、非リア充になるためには長い年月を費やして自らの環境を腐敗させなければならないのだ。かつてはこのような精鋭集団の集まりだったネットも、近年ではリア充のネット進出によりリアルと同様に絶滅危惧種となり、リア充による誤った「リア充」や「非リア充」の概念が広まってしまっている。

オタ充とは

オタク趣味を充実させているリア充のことである。注意して欲しい点は、オタ充は決して非リアでは無いということである。非リアと趣味や嗜好は同じかも知れないが、彼らは共通のオタク趣味を持った友人などとそれをリアルで昇華させており、一人悶々としているだけの非リア充とは天と地ほどの差があるのである。

ソロ充とは

社会的に充実した人生を送っている様に見えるが、他人と深く関わることをせず、群れることなく自分のペースで生活している者のことである。個性的な人間が多いとされ、集団行動が苦手、世間の流行に無関心等、多少のぼっち属性を持ち合わせているが、ソロ充とぼっちでは大きな違いがある。それは、『他人が羨むような容姿もしくは特技を持っている』、『社会的に高い地位についている』、などいった他人から好かれる要素を持っているということ、つまり社会的好感度の高さである。これらは生まれ持った気質や、育ってきた環境によるものが多く、ぼっちが努力を重ねて地位や名誉を手に入れようとも、ソロ充クラスに到達することは難しいと言われている。また、自分がソロ充であると公言する者もしばし見られるが、そもそもソロ充と呼ばれる人間は他人や世間の目など一切気にしないため『ソロ充』という単語すら知らない。つまりこれは、リア充に憧れつつもそのグループに入れなかった、または入ることを諦めたキョロ充によるソロ充アピールであると言える。

関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「リア充」の項目を執筆しています。