ランゲルハンス島

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ランゲルハンス島 (- とう) とは日頃まじめに日々の生活を送っている人が、ふとしたきっかけで業務を休んで向かうとされる理想郷のことである。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ランゲルハンス細胞」の項目を執筆しています。

ランゲルハンス島とは、皮膚の細胞の一つ・ランゲルハンス細胞に発見者として名を残すドイツ人学者パウル・ランゲルハンスPaul Langerhans、1847年7月25日 - 1888年7月20日)そしてその生涯を終えたマデイラ諸島をモデルとして、作家・村上春樹が著作『ランゲルハンス島の午後』の作中で使用したことで広まった空想の概念である。

ちょっと疲れた学生や体の弱い人、村上春樹ファンが行きたい場所としてあげることで有名であるが、実際にランゲルハンス島の名称として地図上に存在しているわけではないので注意する必要がある。

ランゲルハンスの生涯[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「パウル・ランゲルハンス」の項目を執筆しています。

パウル・ランゲルハンスは1847年7月25日、ベルリンの医師の家に生まれた。

幼少の頃から優秀な成績で学業を修めていたらしく、皮膚の細胞内からアトピー性皮膚炎に関わる特殊な細胞、後のランゲルハンス細胞を同定することに成功したのはベルリンの大学生時代のことである。博士課程時代にもすい臓組織の新発見を論文にまとめるほどの優秀な医学者であった彼は卒業後にフライブルグ大学の解剖学者として任官。若くして正教授になり業務に励むものの死体を扱う解剖学の職業病からか当時まだ治療法が確立されていなかった結核に罹患してしまう。

ヨーロッパの各地を回って治療を試みたが一向に回復することはなく、最終的には大学教授の職を辞して北大西洋のマデイラ諸島で静養することになった。大西洋の真珠として謳われたマデイラ諸島の温暖な気候は結核の症状を改善させるのに一役かったらしく、ある程度の元気を取り戻した彼はマデイラ諸島の中心地・フンティルで同様に結核の療養に訪れた人の治療にあたる医師として再就職する。

医師としての任務の傍らマデイラ周辺の海洋生物の研究論文や島の観光ガイドを書き残したり結核で夫を亡くした未亡人と結婚したりと一大保養地でのセミリタイア人生を力一杯満喫していた彼であったが、その行動力と競い合うかのように進行性の腎不全を患い1888年7月20日、闘病の甲斐なく40歳の若さでその生涯を終えた。

「隔絶された静かな、休むのに良い真の墓地」との遺言に従い、彼はマデイラ島の共同墓地に今も眠っている。

マデイラ諸島[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マデイラ諸島」の項目を執筆しています。

ランゲルハンスが愛したマデイラ諸島は北大西洋上に存在するポルトガルの独立領土である。4つの島から構成されるマデイラ諸島は一年の平均気温が20℃前後と一年を通して過ごし易い環境であり、寒冷な北ヨーロッパを始めとした世界中からの観光客でにぎわう一大保養地である。

色とりどりの花が咲き乱れ、おいしい果物がこれでもいわんばかりと並び、特産のレアものワインに酔いしれたいという非現実的な夢想が好きな日本人にはもうたまらないとしか言いようが無いリゾートアイランドそのものなのである。

ランゲルハンス島の午後[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ランゲルハンス島の午後」の項目を執筆しています。

そしてその手の保養地を飛び回ってはアレなものを書いてはアレな題名を付けることで世界的に有名な作家・村上春樹、その彼が人生の逃避場所的な意味合いとしてランゲルハンス島の午後という表題作を含めた作品を発表することでその名は有名になるのである。

主人公である学生は教材を忘れ家に取りに戻るさなか、学校と家の間の川原でふとした心境の変化から午後の授業をサボって昼寝を決行、カエルの視神経やら神秘的な解剖写真が枕代わりにした教科書の中身から夢の中に出てきてごちゃまぜになっていき最後にランゲルハンスの島の岸辺にたどりつくという文字通りの現実逃避の夢オチの〆として出てくるのである。

現在[編集]

こうしてランゲルハンス島の午後が発表されて以降、現実逃避の終着点、セミリタイアのきっかけの場所としてランゲルハンス島は有名になったのである。

ちょっと疲れた人たちがそれぞれ描く大事な人生の安息地、

一人一人の思う形は違えども、

みんなの中にランゲルハンス島はあるのです。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ランゲルハンス島」の項目を執筆しています。


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第18回執筆コンテストに出品されました。