ラブライブ!

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ラブライブ!」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ラブライブ!」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ラブライブ!」の記事を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「ラブライブ!」の項目を執筆しています。

ラブライブ!』とはヲタクの聖地秋葉原を舞台にしたアニメであり、アイドルアニメ戦国時代にさらなる混乱をもたらし宗教戦争を引き起こしたコンテンツである。

概要[編集]

[email protected]』から始まった「音楽&おにゃのこ」という平成のオタク向けアイドルブーム。そこに「ユルさ」で挑んだ『けいおん!』や「プロ要請機関」という設定で切り込んだ『アイカツ!』に続き、「ユルいけどプロっぽくふるまうこともあって、セミプロっぽいアイドル」という隙間産業的な設定で潜り込んだのが本作である。

また『マリみて』以降の百合ブームも取り入れ、物語の登場人物はほとんど女性であるえ、例に挙げたアニメは全部そうだって?野暮を言うなよ。

主人公「高坂 穂乃果」が通う国立音ノ木坂学院は、東京一極集中で東京に人口が集中しているにもかかわらず廃校の危機にさらされていた。
そこで話題を集めて廃校を阻止しようと、八名の仲間を募り精鋭集団を立ち上げた。それこそがアイドルグループ「μ's(ミューズ)」である。
このアニメは彼女らの母校にかける思いと、スタッフの「アイドルアニメバブルで大儲けしたいなー」という夢が詰まった物語。

ごく簡単に記すと内容は以上である。「母校を守る」「絆で結ばれたチーム」「立ちふさがる壁」「汗と涙の物語」と、熱血スポ根アニメ路線を踏襲することでアイドルオタク以外にも切り込もうとしている。またメンバーが九人なのは、発起当初九人体制だったももクロにあやかって「AKB全盛の時代に隙間アイドルとして生き抜いているももクロみたいに、頑張って生き延びたい」という願望が込められている[要出典]

企画自体は2010年のコミケから歴史が始まったが、当初はあまり世間から認知されなかった。これは、2010年当時ヲタクたちは『けいおん!』などに夢中になっていたためだと思われる。ところが2013年にアニメで放送が開始されると瞬く間にヲタクたちを虜にさせ、ラブライバーなる公式金蔓…もとい熱狂的なファンが巷に溢れることとなった。2014年にはアニメの第2期が放映されたが、依然として信者の数は増えて行きついに2015年には映画化された。

2016年には後継作品ともいえる『ラブライブサンシャイン!』がアニメ化された。

ラブライバー[編集]

世間様はこう思っていらっしゃる。これはこれで酷いが。

詳細はラブライバーを参照。

上記の通り、ラブライブが好きな余りそれを信仰として布教活動に励む者。それがラブライバーである。

しかし、その情熱から『けいおん!』や『アイマス』への露骨な敵対心を剥き出しにして各地で暴動をおこし、多くの心あるメディアから非難を受けることとなった。

例としては右の画像をご覧ください。いやマジで世間様はこう思ってますから・・・。

話題作りになったりトータルでの収益的にはそれがスタッフの利益にもなったかもしれないが、古来よりアイドルにとって熱心なファンもにわかファンも他作品のファンも等しく「ゴミ」でしかない。お前らが「俺だけ目が合った」「いやお前とは合わない」と喧喧囂囂している頃、アイドルは脂ぎったオヤジと枕営業でもしてるんだよ!絶望しろ童貞ども!!二次元の存在である彼女らがそういう感情を持つとも思いにくいが、恐らくスタッフは思っているだろう。

ゲーム版[編集]

アニメの他にゲームコンテンツもある。スマホ用音ゲー『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル』(通称スクフェス)は、コンテンツ自体は無料である。しかし、一部アイテム特にガチャ用アイテム「ラブカストーン」が有料なため、嫁のために熱心な信者は1ヶ月に数十万円も投資している。半分は無課金らしいが、総課金額百万円を超えるラブライバーももちろん存在する。

これのアーケード移植版『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル~after school ACTIVITY~』(通称スクフェスAC)は『アイマス』がかつて通った道である「重課金筐体」であり課金の重要性は更に上がっている。名前入力が面倒なのは、ラブライバーの名前など全部「お金様」で十分だと思っているからだろう。一応PSVで出た『ラブライブ! School idol paradise』は買い切りで課金ナシとなっている。が、『アイマスSP』と同じく三分割の上追加DLCの殆どがバカ高い関連コンテンツ[1]に付いてくるプロダクトコードがなければ入手できない。直接課金よりも酷い。勿論一回使ったコードは二度と使えないため、新品を定価で買わなければ使えない追加コンテンツが多いわけである。しかもCGはレベル低いわシナリオは無いも同然だわで評価はダダ下がり。「これで練習してスクフェスに課金してね!!」と言わんばかりの阿漕な商法には、あのAKB48さえ舌を巻いた。[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 例を挙げると、コードがついている公式ガイドブック(攻略本)は80ページしかない癖に2700円もする。万事が万事これである。

関連項目[編集]

  • AKB48 - コンテンツとしての到達点。遥か彼方の到達点。
  • けいおん! - ライバルだと言われるが、金持ち女子高ののほほんとした部活動である。
  • [email protected] - ライバルだと言われるが、こちらは切磋琢磨を続けるプロである。
  • アイカツ! - ライバルだと言われるが、完全なプロフェッショナル養成校の生徒である。
  • アイドル - 夢を売る仕事。チェキ一枚千五百円とか握手が秒単位とか普通である。
  • 商売
  • ラブライバー