ラッキースケベ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「ラッキースケベ」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ラッキースケベ」の記事を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ラッキースケベ」の項目を執筆してくれています。

ラッキースケベとは、神の見えざる手によって引き起こされる運命の悪戯である。

概要[編集]

物事とは本人が望むと望まないに関わらず、気がついたときには既に「起こっている」事が殆どである。ラッキースケベはまさにそれであり、意識の範疇外から突然エロチックな物事が襲ってくる現象となる。どんなに望ましいことであってもまず対応出来ず、余程の事が無ければ「偶然ってあるものだな」で終わることになるのが殆どであり狙って求めるような人間にはまず起こらない。

世間一般で広く確認されているが、中でも「神風」と呼称される「突風が引き起こすラッキースケベ」が代表的な例として知られている。これは「歩行や前方視認には影響ないが、スカートが捲れるレベルの突風が吹くことにより一瞬だけスカートが大きく翻り中のパンティが丸見えになった姿を偶然見掛けてしまう」というものであり、実際には布地の重さや風向によって中々起こることのない現象である[1]。ただしそれが偶然全ての要素が折り重なって叶ってしまう事がある。その瞬間を逃さず立ち会うには、最早人智を越えた何者かの助力が不可欠である。

神風以外の有名なケース[編集]

着替遭遇の変形。
ロッカールームで着替える際にはこういうラッキースケベが起こりやすい[要出典]
着替遭遇
相手が着替えている最中に偶然ドアを開けてしまう、というものが主流だがラッキースケベと認定されるには下着以外の着衣が無い(或いは下着も着けていない)状態で遭遇する必要がある。大抵はドアを開けかけた時点でなかにいる方が気付いて声をかけるはずなので、余程相手が無頓着で無ければ起こり得ない。本件を含め、ラッキースケベはそういった点が全て神の見えざる手によって解決されることを前提としている。
転倒接触
相手を巻き込んで転倒し、そのままなどを鷲掴みにする。倒れたまま相手を掴むのは危険で負傷の危険もあるが、ラッキースケベはそういった点が全て神の見えざる手によって解決されることを前提としている。上級ケースの場合は下着の中に手が入ったり頭を突っ込んでしまったりするという。
不意脱衣
主に水着(特にビキニ)で起こるが、普通の衣服でも起こる。固定するための紐やリボンが外れる(或いはホック等が外れる/布地が爆ぜる)ことにより突然着衣が失われる。明らかに不良品でありメーカーを訴えるべき状況だが、ラッキースケベはそういった点が全て神の見えざる手によって解決されることを前提としている。シーズンを跨いだ際に体型がワガママになってしまった女性は起こりやすいという。
悪ふざけ
主に女子同士が悪ふざけでスカートをまくったり胸を揉んだりしている姿を目撃してしまう状況[2] 。凝視していると汚物のような扱いをされるので、そっと目を背けるのが約束である。さすがの神の見えざる手をもってしても一度ついた悪評は消えないので、遭遇したとしても油断しない方がいいだろう。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ 特に風向は問題であり、強めの風が斜め上から浅い角度で地面に当たり斜め上へのベクトルが形成されなけばならない。
  2. ^ 女子校だけだと勘違いされ勝ちだが、実際には共学校でも起こる。ただ、そういう恥じらいの無い事をする女子は大抵アレなのだが[不要出典]

関連項目[編集]