ライトセーバー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Bouncypotato.gif
この記事「ライトセーバー」は何故か「ライトセイバー」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

ライトセーバーとは、光るソード型の音響兵器である。ブオォォン・・・、ブブゥゥン・・・という文字通り剣呑な雰囲気の音響を発して敵を威圧することができる。通常は蛍光灯を主素材として採用しているため、剣として使用することは機能を致命的に損なう恐れがある。電池式。充電可能タイプもあり。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ライトセーバー」の項目を執筆しています。

ライトセーバーの開発[編集]

ライトセーバーが実用化されたのは比較的近年であるが、その構想は古代よりあったものである。その特性を音響兵器として捉えれば、紀元前の中国での戦争に用いられた軍用の太鼓を起源として考えることも可能である。また、その光学的特性を捉えれば、夏場に使用されるハエを集めて殺戮する器具などもその亜種と言えなくもない。
音響と光学を使用した兵器としては、長い研究と試行錯誤、いくつかの不幸な事故を経て、後に音響閃光弾とライトセーバーの2系統の兵器が実用化されたことは周知のとおりである。
ライトセーバーは、アメリカ西海岸カリフォルニアの秘密工場で開発された。その開発にはジョージ・ルーカスという策謀家が関与した疑いが強く、実際に彼のプロパガンダにも多用されていることから、何らかの関係は疑いないと思われる。彼はその他にも新兵器の開発に関与した疑いが持たれているが、このような兵器を個人の力だけで開発するには限度もある。おそらくはCIAFBI、さらにはNASAとの秘密裏の検閲により削除があると思われる。

ライトセーバーの使用方法[編集]

  1. 電源を入れる
  2. 数回振り回して、音響システムの起動を確認する。
  3. 相手を威嚇するようなポーズを取り、ブオォォン・・・という音響で威嚇する
  4. 相手がひるまないときは、さらに本体で突いたり切りつけたりする動作をおこなう
注1)非常に繊細な兵器のため、ライトセーバー同士をぶつけたりするのは故障の元となるので禁止
注2)万一電池切れに陥った場合には、冷静さを保ち、口で動作音を継続することが推奨されている

ライトセーバーの普及と問題[編集]

普及すれば犯罪の促進にも影響を与えると思われる

数年前からライトセーバーは一般への販売が開始された。主要兵器取扱店・通信販売・インテリア雑貨店などでも購入が可能である。まだ高価とはいえ、入手しやすくなったことからライトセーバーの使用法や使用マナーについては議論が盛んになっている。下記のような争点がある。

  • ライトセーバーの照明への改造
  • 自動車運転中のライトセーバー使用
  • 充電切れ時の電力泥棒
  • 青少年が視聴する番組での放映自粛
  • DV(家庭内暴力)への影響

関連項目[編集]

この項目「ライトセーバー」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)