ペ・ヨンジュン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ヨン様から転送)
移動: 案内検索
高矢禮(ゴシレ)の前菜の"大地の恵みの蒸し物"。

ペ・ヨンジュン(輩湧準 1358年7月12日 - )は、韓国に外貨を貢ぐものを増やし、同国家の発展に寄与した偉大な人物である。ヨン様、ペ様、ファンタスティック4などとも呼ばれている。

また、隣国である北朝鮮では『NEET』と呼ばれている事から、本職は自宅警備員である事も分かっている。

人物[編集]

将来の夢は、韓国を発展させ、世界最強の核兵器「冬のソナタ」を造り、米帝やイルボンと手を組んで、偉大なる国家朝鮮民主主義人民共和国を叩き潰すことであり、慈悲の欠片もない最悪な奴であり、また同国の軍歌によれば、彼はNEETらしい。 その業績は日本には余り伝わっていないため、「ヨン様」などとただのスターとして崇めてしまうものが多い。実際には外貨を稼ぎたい政府のため(1998年の経済危機以降、政府は外貨を蓄えて非常時に供えたいと思っている)、献身的に力を注いでいるのである。

なお他の韓流スターも同様の目的で活動に従事している。まさに悪徳商法以外の何物でも無い。

日本のマスコミに寒流スターNo.1的扱いをされているが、実際は名前のインパクトで報道されているに過ぎない。彼と結婚すると、子の性が「ペ」になることに気づいていない女性はたくさんいる(例:ぺ・健一、ぺ・天使)。

ちなみに眼が悪い理由は子供のころテコンドーのキックが目に当たったかららしい。体が柔らかいね。しかしこのことが韓国の悪習「兵役」を免れることになり、結果としては大ラッキーである。 2009年9月20日にクレヨンしんちゃんの作者が死去した知らせを受けて翌日にショックによるストレスで突然倒れでソウル市内の病院に入院したが命の別状はないという。

北朝鮮軍に捕らわれ、オーブンに入れられて処刑されかけたことがある。

パチモンにご注意[編集]

「高矢禮(ごしれ)」というヨンが経営する韓国レストランが東京都港区にある。ヨン様ファンたちの熱い支持で予約をしてもなかなか食べれなかったが、ブームはおさまった。ファン以外はあまり行くことはお勧めしない。どう見てもぼったくりです。ほんとうにありがとうございました。また、福岡県にも、彼とよく似たそっくりさんが店主のラーメン屋が有名で、そこもヨン様ファンたちでごったがえしているが、彼はパチモンの域を出ない偽者であるためガッカリしていく人が多い。たとえファンでも行くことをお勧めしない。まあラーメンはなかなかウマイが。

そもそも、日本で「ヨン様」といえばチョー・ヨンピルだったのに。

麻雀[編集]

北四順(ペ・ヨンジュン)とは、麻雀における役のひとつ。四順連続で北牌を捨てた場合に成立する。捨てた北牌を他家に1枚でも鳴かれた場合は成立しない。満貫役。ローカルルールであり、主に朝鮮民主主義人民共和国で採用されている。

成立条件[編集]

通常の和了は手牌を和了形にすることで成立するが、この北四順(ペ・ヨンジュン)は流し満貫と同様に、手牌の形ではなく捨て牌を問う。成立の条件は、

  1. 四順連続で「北」牌を捨てていること。
  2. 四枚の北が一枚も鳴かれていないこと。

の2つである。これを満たしていれば、手牌はどのような形であって関係ない。

得点[編集]

役の性質上、成立時には放銃者がいないため、ツモあがり相当の扱いとして他家全員から点数の支払いを受ける。一般的には満貫として点棒のやりとりが行われるが、取り決めによって倍満ないし三倍満とするルールもある。

歴史[編集]

北四順(ペ・ヨンジュン)は中国由来の役ではなく、北朝鮮で考案されたルールである。風牌の中で「北」のみに特権的な地位を与えているのはそのためである。日本式麻雀は植民地時代に朝鮮にも普及したが、北朝鮮の成立後「東」と「南」のみが荘風になり「北」が不要牌として扱われる半荘ルールが問題視されるようになった。このため北入する一荘戦が推奨されるようになったが、今度は「西」が荘風になってしまうという問題が生じた。このため1972年8月29日、朝鮮労働党中央委員会は「北の槓子落としを満貫役とする」という決定を下した。これ以降、「北四順」は北朝鮮国内では公式ルールとして扱われるようになった。

その他[編集]

北四順を和了した者に与えられる賞品
  1. 一部の地域では屁四順または屁゜四順と表記されている。
  2. 北の槓子を落としていった場合、四順以内に他家が和了しない限り確実に満貫で上がれるうえ他家はほとんど抵抗できない。また放銃となるのは他家が国士無双をテンパイしている時のみであり、ほぼ安全である。非常に実戦的な役であると言える。
  3. 河に並んだ四枚の「北」を四つの楽章になぞらえて「冬のソナタ」とも呼ばれる。
  4. ドラマ「冬のソナタ」は、主人公の代打ち・ユジンがこの役を多用することからこの名がつけられた。この役は北朝鮮限定のローカルルールだったが、このドラマの大ヒット以来日本でも採用されることが増えている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ペ・ヨンジュン」の項目を執筆しています。

外部リンク[編集]