ヨガ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ヨガとは、奇怪なポーズを取って関節を痛めつける修行でありダイエット法であり武術である。

概要[編集]

ヨガには派生が非常に多く、定義が曖昧であるが、ここではおもに「ダイエット法(スポーツ)」・「修行」・「武術」について解説していく。 本来は「ヨーガ」と発音するのが正しいのだが、そんなことは誰も気にしない。瞑想の中身も誰も気にしない

ダイエット法としてのヨガ[編集]

後述のハタ・ヨーガに贅肉をつけて新要素を取り入れて、原作崩壊させた改良を加えたもの。余暇を使って月平均8日行われる「ヨガ」と言えば、現在はこれを指すことが多い。

  • アシュターンガ・ヨーガ
  • 近代のヨガの元となったもの。特殊な呼吸法と奇怪なポーズを取る。このヨガは比較的従来のヨガに近い。
  • パワー・ヨーガ
  • アシュターンガ・ヨーガをベースとして、奇怪なポーズで関節に負担をかけ、脂肪を燃焼させて美しい身体を作ることを目的としたヨガ。原作崩壊もいいところである。
  • マタニティ・ヨーガ
  • 妊産婦向けのヨガ。奇怪なポーズや特殊な呼吸法を通して一体感を味わい、産後の子育てが意欲的に取り組めるようになると言われているが、なぜヨガにする必要があるのかはである。

修行法としてのヨガ[編集]

明確な起源はよくわからないが、モヘンジョ・ダロからヨガをしていると思われる像が見つかっている為、インダス文明まで遡るという。

  • ハタ・ヨーガ
  • 瞑想に必要となる強健で清浄な心身を作り出し、悟りを開くための補助的なヨガである。これで行う奇怪なポーズが、現在のストレッチの原型である。これ豆な。
  • ラージャ・ヨーガ
  • ひたすら瞑想し、最終的には解脱を目指す。

武術としてのヨガ[編集]

  • ダルシムのヨガ
    決まった名称がない。ヨガによって関節を外し、リーチの長くなったパンチキック、口から火を噴く「ヨガファイヤー」「ヨガフレイム」等、様々な技がある。1990年代前半ごろに開催された異種格闘技大会に用いられた。当時の子どもたちの間では、ただ一口に「ヨガ」というとこれを指すことが多い。
  • 波紋法
    荒木飛呂彦の編み出した技。特殊な呼吸法によって肉体に太陽の光と同じエネルギーを生みだす。詳しくはここで

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヨガ」の項目を執筆しています。