ユビキタス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ユビキタス」の項目を執筆しています。

ユビキタス(Cuculus ubiquitous)は、、カッコウ目・カッコウ科に属する鳥類。種としてはホトトギスに非常に近い。全世界あらゆるところに生息しており、人間に幸せをもたらす鳥として注目されている。越冬行動や渡りなどは見られず、季節を問わず活動する。和名は時空自在。1990年代に発見され、全世界で名が知られるようになった。

概要[編集]

ユビキタスは目撃情報が世界で5件にも満たず、正体不明の鳥である。にもかかわらず、なぜか体長、体毛の色、などは広く知られている。

体長は1cmから30インチまで様々。全体としては年々小型化の傾向にある。体毛も、黒、どどめ色、スケルトンなど様々。近年は多種との交配が進み、一層種の多様化が進んでいる。この多様さのため、現在は「種」として登録されているが、「属」あるいは「科」に変更すべきとの意見も学会に提起されている。春夏秋冬かまわず鳴いているが、肝心の鳴き声は目撃情報が無いためいまだに不明。

都市部を中心に、人間の生活地域を活動拠点としている。ただし2006年現在では徐々に郊外への分布拡大が観察されている。彼らは全世界をつなぐネットワークを持ち、生息地の情報は全て網羅している。アメリカイラクに戦争を仕掛けたとき、イラクのユビキタスは前日に全て移動してしまっていたのは、アメリカのユビキタスから危険信号がイラクへ伝えられたからだといわれている。

同様の生態を持つカラスに対しては地域住民からの不快感が報告されているが、ユビキタスの到来はおおむね歓迎されている。しかし、学者でさえよく分かっていないのだから、一般市民はなおのことユビタキスを知らない。しかもユビキタスは生活に溶け込んでしまうので、近くにいても気がつかないことが多い。このように影響がわかりにくいため、ユビキタスの到来を歓迎はするものの、生活上で実感することは少なく、みな首をかしげているのが現状である。また、一部の住民は「ユビキタスが来ようと来まいと我々の生活には関係ない」と、ユビキタスばかりがもてはやされる現状を批判している。

発見されてから充分な時間がたち、名も知られるようになり、そして身近に生息しているにもかかわらず、なぜか地域住人に意識される機会は少ない。あんまりなんだかよく分からないのでそれも仕方ない。それでも共存は成り立っているようである。しかし目撃情報が皆無なため、近年ではレッドデータブックに記載すべきとの声が上がっている。

イラク戦争で彼らの習性を見たアメリカが、そのネットワークを軍事ネットワークとして利用しようしているが、いまだ捕獲に成功していない。

亜種[編集]

ユビキタスにまぎれて、Wi-Fiという亜種が確認されている。これは任天堂が開発した生物兵器で、同名のシステムWi-Fiのネットワーク構成要素(いわば伝書鳩)である。近づいてはならない。

関連項目[編集]

Nodasori.jpg この項目「ユビキタス」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください
私には書けません。 (Portal:スタブ)