ユダヤ教

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ユダヤ教 (- きょう) はユダヤ人が信奉するカルト思想。ほとんどのユダヤ人はこれを盲信しており、日本にもアジトがいくつかある。これは日本をユダヤ化する政策のひとつと見られる。しかも驚くことにゾロアスター教のパクリ宗教である。

概要[編集]

いつだったか忘れたが、モーセとか言うおっさんが空手チョップで海を割ったり神と携帯電話で交信したり、ファックスで神の啓示を受け取ったりして出来た宗教。選民思想とかいう自己中心的な思想を盛り込んでいるため、非常に心が狭い。「経典の民」などと呼ばれているが、正しくは「K点の民」である。

聖書[編集]

いわゆる、ユダヤ教の経典。キリスト教では「旧約聖書」と名付けられているものとだいたい一緒。以下のような素晴らしい教えが書かれている。これらを十戒と呼ぶ。

  • ユダヤ教徒たるもの、他民族と会話をしてはならない。救われるのは我々のみ。
  • 息子を縄で縛り火あぶりにして、神へ生贄に捧げることは素晴らしい。
  • 非ユダヤ教徒の原住民を、家畜も含めて皆殺しにしてしまえ。ただし処女は後の楽しみのためにとっておくべし
  • 大洪水によって、信心深い者以外は全て死ぬ。
  • 偶像崇拝者は親兄弟でも殺せ。
  • 高層建築物は神のわがままにより一方的に破壊される。
  • 男の子が生まれた? よぅし割礼だ!
  • 自慰?だめだだめだ!が悪くなる!!
  • ソドムとゴモラを滅ぼした天の火について。

ユダヤ教を国教または準国教としている国[編集]

広義のユダヤ教:キリスト教[編集]

婚約者への結納金を稼ぐために売春活動に邁進していた典型的貧乏ユダヤ人の某マリア女史が、気持ちよすぎてついうっかり中田氏させて妊娠してしまった息子に「お前は神の子」ととんでもない言い逃れを教えたまではよかったものの、自分の子供か疑いが晴れるべくもない(義理の)父親の長年のDVの結果、彼は精神分裂病を患うにいたり、長じて公然と当時の宗教権威、政治権力に反抗して、独自の理論と非合法秘密結社を作って大規模集金活動と反乱煽動を行い、ローマから処刑されたが、このユダヤ精神の真髄を体現した、貧しく病めるものの真の友、これぞユダヤ人のなかのユダヤ人たる、ナザレの大工の息子救い主イエスが作り、100年もたたずに内容が大幅に改編された上で、一層のオカルト化により、1500年近く一般大衆を強力に権力迎合的に洗脳した世界最強の宗教。 これを誤って「キリスト教」と呼ぶが、広義のユダヤ教である。(イエスはユダヤ人!)

つまり、世界中がユダヤ人を愛している(オェ吐)。

歴史[編集]

とりあえず民族宗教[編集]

パレスチナに不法定住していたユダヤ人という人たちが「俺たちの神が唯一絶対の神だ! 俺たちは神に選ばれた民なんだ!」などと馬鹿げた妄想を持っていたけれど、別にどうでもいいや。

放浪の民から奴隷、出エジプト[編集]

このユダヤ人、戦争にめっぽう弱かった。最後には全員逮捕されてエジプトに奴隷として連れて行かれてしまった。しかしユダヤ人は、自分たちが「選ばれた民」だったと盲信してやまない人たちだったもんで、そこでも自分たちのコミュニティを築いた。現在のユダヤ教の原型が作られるのはこのころである。

半世紀の時を経て、ユダヤ人はパレスチナを侵略することにした。ユダヤ人の伝説では、この「出エジプト」はモーセが成し遂げたことになっているが歴史はそうは言っていない。つまり、エジプト国内の政情不安で後ろ盾を失ったりとかして追い出されちゃったんである。つくづく弱い民族である

紅海を割ったり、戯言の刻まれた石の板を見つけちゃったり、みたいな伝説はこのときの話です。(よく考えてみよう。当時はスエズ運河なんて存在しなかったから少し遠回りすればエジプト軍はモーセたちに追いつけるという点を指摘する人はなぜか少ない。と言うかいない。揚げ足取りに聞こえるかもしれないがこう考えると出エジプト記は矛盾している。あと金の子牛はアイドル (生物)。)

放浪と建国[編集]

とりあえずエジプトを出たはいいが、さてどこに行こう。そう考えたとき、彼らが目をつけたのがパレスチナ。

「だって、僕たちの教典には書いてあるじゃん。パレスチナは神が僕たちに与えた土地だ、って」

まったくもって勝手な言い分である。どっちにしても、パレスチナには別の民族が住んでいる。そもそも弱小民族であるユダヤ人に大きな顔ができるわけがない。でもユダヤ人は負けなかった。長いあいだ戦争に戦争を繰り返してついに、平和に暮らしていた人たちを追い出したり虐殺したり強姦したり奴隷にしたりしてパレスチナの不法占拠に成功した。

ダビデとかソロモン王とかが出てくるのがこの不法占拠時代である。なんと400年も続いたらしいのだ。ユダヤ人が唯一輝いていたらしい時代である。いまでもユダヤ人はこの時期の虚栄に浸っているくらい奢れた時代なのである。

その後ユダヤ王国は一度滅んだりまた復活したりバビロニアにボロボロにされたりまた復活したりと、不安定な中でも必死で戦いを続けた。

ローマの支配[編集]

でも結局、ローマに敗北。

このころ、ローマの支配に反発したヤンチャな人たちがキリスト教を興してたりするんだけど、どうでもいいや。

そして離散[編集]

ローマに追い散らされ、ヨーロッパ中で細々と暮らしてゆくユダヤ人たち。このころユダヤ教典の再編成が行われたため、ユダヤ教の聖典とキリスト教で言う旧約聖書とは構成が少し……だいぶん違う。

この人たち、お互いの仲間意識だけは強かった。自分たちだけの閉鎖的なネットワークを築き上げて、ヨーロッパ全土にまたがる闇の勢力となった。悲願は「再びパレスチナを不法占拠すること」。まったく懲りない人たちである。

迫害、そしてイスラエル僭称へ[編集]

ユダヤ人は「仲間同士でコソコソしてて気味悪い」という、至極尤もな理由で嫌われたわけだけど、十字軍と同時代に、パレスチナの住民を追い払って土地を奪い取って居座ろうと考えたり、某ドイツで大量処分されたり、イギリス人の世迷い言を真に受けたり、ついには本当に土地を奪い取っちゃったりするんだけど、面倒くさいのであとで書こっと

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ユダヤ教」の項目を執筆しています。
ハニベ大仏.PNG この「ユダヤ教」は、宗教上の都合により、今はまだ完成をみることがかないません。私達は、宗教上の都合により、あなたに、執筆を委ねることしかできません。是非、宗教上の都合により、私達の夢をかなえるためにも、あなたの力でこの「ユダヤ教」を完成させてください。 (Portal:スタブ)