ヤマハ・RZ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヤマハ・RZ」の項目を執筆しています。

ヤマハ・RZ(-アールゼット)とは、ヤマハ発動機が2ストロークエンジンの興亡を懸けて作り上げた戦闘機のシリーズである。

概要[編集]

新車で売られるバイクが4ストローク化していく最中の1980年にRD250後継機の250ccの「RZ250」デビュー。とにかくふぬけで軟派な4ストロークエンジンを載せたバイク共を駆逐するために作り上げられた。その翌年、350ccの「RZ350」デビュー。これも当時の普通二輪の限定を解除できなかった戦闘員達が楽に750ccを追撃するために作られた。その後も原チャリの「RZ50」、2人乗りは出来るけど高速は走れない「RZ125」も追加された。しかし、火事場泥棒のごとく2ストロークエンジンを載せたレーサーレプリカのスズキ・RG250Γ、更には4ストロークエンジンのホンダ・VT250に追撃され、挙げ句の果てには何が何だか分からない中高年の集まり学校内の圧力団体ポリなどに「交通安全の敵だ!」などと意味不明な戯言をほざかれて駆逐されてしまう。その結果、このバイクを忌み嫌っていた何が何だか分からない中高年の集まり学校内の圧力団体ポリなどの暗躍により、この戦闘機に関する資料の大方がことごとく処分されてしまう。

バリエージョン[編集]

RZ250
1980年デビュー。RD250後継機の対4ストロークエンジン搭載車駆逐用250ccスポーツバイクとして生み出された。実質的に先代モデルのRDの空冷2ストロークエンジン(30馬力)から、当時クラストップの35馬力をたたき出す水冷2ストロークエンジンに進化した。今までの常識では考えられないほどスッキリしたスタイリングと相まって、多くの若い戦闘員に大好評だった。ちなみに、人気車種な上にサイドカバーが単なるはめ込み式だったので、その辺に路駐しておくと10分以内にサイドカバーが神隠しに遭うこと請け合いで、街にはリザーバタンク丸出しのRZが大量に走っていた。
その後、スケベなビキニカウルを備え、燃料タンクを20リットルに増量して、43馬力にパワーアップしたRZ250R、フルカウル、セパレートハンドルなどを備えたRZ250RRに進化するも、スズキ・RG250Γに駆逐されてしまい、1985年に実質的にTZR250に交代する。しかし、それから4~5年ほどはFZR250の足回りを装着して、若い戦闘員育成用としてしぶとく生き残った後、R1-Zに後を譲った。個体燃料ブースター付である。
RZ350(アールゼットサンパン)
1981年デビュー。RZ250より100cc大きく45馬力をひねり出す水冷2ストロークエンジン、180km/hスケールのスピードメーター、強化されたブレーキ、タイヤに当時人気のダンロップK81・TT100を装備。これらのハイスペックなメカニズムのおかげで750ccのバイクを駆逐できた。その後も250同様にRZ350R、RZ350RRに進化した。しかし、車検いらずの250の変な改造のために心臓を大量にかっぱらわれたため現存機数が少ない。同オーナーによる「青い流れ星」教の信者にとっては世界一速いと信じて疑わなかったカリスマバイクである。実馬力は47~48馬力はあったという噂もある。個体燃料ブースター付である。CB1100Rとタイマン張れるほど速いらしいが、なぜかいつも目を吊り上げて粋がってるCB750Fの兄ちゃんにはケチョンケチョンにコケにされた。
RZ125
1982年デビュー。22馬力を発揮した。しかし、前述の通り資料が処分されているため、1987年にTZR125にバトンタッチしたこと以外の詳細は不明。
RZ50
1982年デビュー。原チャリ界でも7,2馬力という原チャリにしてはハイパワーな水冷2ストロークエンジンで話題を巻き起こしたが、ここでもNSR50エヌワンRG50Γなどに駆逐され、1990年にTZR50にバトンタッチするも、1998年に復活した。しかし、それは「RZ」と言うよりは往年の「RD」みたいなデザインで、ホイールも初代のキャストホイールからスポークホイールになっていて、外見的に「何だかRZと呼ぶにはちょっと…」な代物だった。それでも「RZが帰ってきた」とファンは歓喜した。しかし、その9年後の2007年に「排ガスがどうしようもない」とレッテルを貼られ、ここにRZの伝説は幕を閉じた。

社会的影響[編集]

この当時は「交通戦争」状態であり、そこに投入された戦闘兵器のRZはその戦争による死者・負傷者を増やしたため、主に警察や教育関係者からは嫌われて、警察からは「二輪車通行禁止」などとふざけた超法的処置を執られ、教育関係者からも「うちの生徒をRZに乗せたくない」と高校で「三ない運動」なる交通安全教育放棄運動がくり広げられ、交通教育を受けられなかった生徒がこっそり免許を取って事故る事によって更に死者が増えてしまった。その三ない運動のおかげで筆者は「高校に入って16になったら原付免許を取る」という夢を打ち砕かれてしまった。

関連項目[編集]

この項目「ヤマハ・RZ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)