ヤハウェ (惑星)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

惑星としてのヤハウェは、反地球として20世紀中頃までは本気で存在が主張されてきたを、飛鳥昭雄が現代に蘇らせたものである。

他の惑星群がローマ神話の神々をもとに命名されているのに、ユダヤ教キリスト教における唯一神ヤハウェの名前をつけたことには、神仏習合に象徴されるように宗教に関する考え方が柔軟(悪く言えばいいかげん? )な日本人でなければ創造できなかった事を強く示している。

概要[編集]

太陽を中心点として、地球とは対称の位置を公転している。よって地球からは見えない。

しかし、地球の公転速度29.78km/sを、わずか0.0005km/sでも上回れば、100年以内に地球から見える位置に来てしまうというから、目隠しをして打ったゴルフボールがホールインワンするよりも低い確率で存在する奇跡のような星である。

また、他の惑星からの重力の影響(摂動)も全く受けないというから、地球から見えないよう都合よく公転速度を調整していることが分かる。

飛鳥昭雄はこのとんでもなく低い確率で存在する星を発見し、その姿がタイタン土星衛星)にそっくりであることも突き止めている。

ヤハウェの実態[編集]

ヤハウェ(反地球)の実態は、公式にはNASAの圧力などにより存在が隠蔽されているにもかかわらず、なぜか様々な書籍やテレビ報道で明らかにされている。

有名なところでは青狸少年の探検記があり、その中では地球と同じ環境の惑星とされ、更には地球とまったく同じような生物が、地球とまったく同じ進化を遂げて生存しながらも、なぜか教育制度だけが地球と異なっていると言う、ショッキングな姿が示された。

上にも記したとおり、ヤハウェの存在確率はきわめて低いものであるとあるとされているが、それに加えて地球とほとんど同じ環境が存在するのというのであるから、ヤハウェの名の通り、正に唯一神が作り出した壮大な奇跡がこの世には存在したと言うことが出来るだろう。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「反地球」の項目を執筆しています。