モータースポーツ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
他チームの攻撃により大破したマシン

モータースポーツとは、自動車や、二輪車などの代表的な走行機械を使って行われる競技の一つ。

三輪車自転車で行われることもあるエクストリーム・スポーツであり、人々から絶大な人気を誇っている。勿論、事故やマシンセッティング時のトラブルもしばしばあるが、そこはご愛嬌とされる。モータースポーツを開催するグループや団体も数多く存在しており、その中の一部では宗教と連携しているチームもあるらしい。そのようなチームのマシンに対しては、マシンガンロケットランチャー等の兵器での攻撃を許可している。


主なモータースポーツ[編集]

カーレース
一般的なモータースポーツ。これは自動車で行われる。最も事故が多く、危険である。
モトクロス
これも有名なモータースポーツ。レースの順位より、ライダーの吹っ飛び方で勝負が決まる。技が決まるとテラエキサイトバイク!と声援が飛ぶ。
エンデューロ
山で借り物競争をする。辺鄙な村ばかりなのでなかなか指定された借り物が見つからない。時間までに借り物が見つからないとタイムペナルティを食らう。国際6日間借り物競争が有名。
ドラッグレース
あらゆるドーピングが許される危ないレース。
マラソン
頼れるのはマシンではなく、自分の足である。これも大人気の競技である。似たものに駅伝があるが、全くの別物。
耕運機クロス
世界の農業国でWRCを越える人気を誇るレース。世界の耕運機メーカーが威信をかけて最強のワークスマシンを投入。
トライアル
変な人がする競技の代表格。マシンにはAREA51の宇宙人との秘密協定で提供された重力制御装置が搭載されている。掟破りの反則である。
人生ゲーム
ルーレットでスピートが決まるため、制御が難しい。

特殊なモータースポーツ[編集]

チャリンコレース
モトクロスをなんと自転車でやろうという事から生まれたモータースポーツ。
チャリンコレースの開始時の写真
高いドライバー技術を要される。
三輪車レース
三輪車でのレース、モータースポーツの中でも特に難しく、コースアウトによる死亡例も少なくない。
車椅子レース
車椅子によるレースであり、今世紀に入ってから開催された新しい種目。パラリンピックとも連動して開催されている。
はたらくくるまレース
はたらくくるまだけで行われる最もエキサイティングなモータースポーツ。昨年度のレースで優勝したはたらくくるまは霊柩車であった。
灯台モトクロス
当該項目参照。紀元前からの歴史を持つ、由緒正しいモータースポーツ。
ヘア・アンド・ハウンド
大自然で行う野性味溢れるレース。読んで字の如くウサギ狩り。先頭を逃げる人間、ライダー、車、あるいは動物を寄ってたかって追い詰めてあんなことやこんなことや口には出来ないピーな行為に及ぶ怖ろしいレース。
ヘア・アンド・ハウンドレースの一例。

モータースポーツの歴史[編集]

ドリフトに失敗し横転したマシン

モータースポーツの歴史は意外と長く、数々の種目が生み出されてきた。歴史上での代表的なレーストーナメントも数多く存在している。

戦前のレース[編集]

第一次世界大レース
1900年代のニューヨークで行われたレース。新たな発明の自動車を使用しての人類史上最古のカーレース。参加自動車数150台、クラッシュしたマシン62台、死者48名。
日清レース
日本の対立により起こったレース。1894年に開催。これは三輪車で行われた。参加三輪車数30000台、クラッシュしたマシン28000台、死者27000名。
日露レース
日清レースの後の1904年に開催されたレース。日本ロシアの対立により開かれた。今回は前回での異常な死者の数に反省し、自動車でのレースとなったが、とんでもない数の死者を出す結果となってしまった。参加自動車数115000台、クラッシュしたマシン112000台、死者112000名。
第二次世界大レース
1939年に日本で開かれた第一次世界大レースの記念すべき第二回目。しかし、敵対するアメリカがレース規定により禁止されている原子爆弾を使用した為、中止となってしまった。参加自動車数400000台、クラッシュしたマシン399945台、死者測定不能。

戦後のレース[編集]

作品内でも有名な溝落とし
右翼トーナメント
右翼主催のトーナメント、今年までに56回開催されている。使用するマシンは街宣車を使用し、軍歌を流しながらコースを走る。主に公道で開催されている。
頭文字D
戦後のレースの中では一番多く開催されているトーナメント。常に1対1のタイマンで行われる。峠をドリフトしながらスタイリッシュに走る事が斬新ースである。しかし、充分なテクニックがないとクラッシュの危険性があり、ドライビングの腕に自信がなければ参加しないほうが良い。
湾岸ミッドナイト
イニシャルDの次に多く開催されるレースである。しかし、クラッシュ率が非常に高く、このレースを長く続けるためには莫大な費用がかかるため、大抵の選手はすぐに引退する。しかし、デビルカーに遭遇することと300キロ出すことがこのレースでの勝利条件であるため、満足して引退する選手がほとんどである。また、デビルカーが参加しなければこのレースは成立しないので、デビルカーのドライバーはなかなか高校を卒業できなかったり、私生活にこのレースの参加が大きく影響してしまっている。そのため、競技実行委員会はデビルカーのドライバーのみ参加費などを全額免除(たくさんおごってもらえる)と定めた。
WRC(Wangan Rally Championship)
サダム・フセインの呼びかけに集った世界各国のコンストラクターや、国連公認の多国籍連合チームとイラク代表チームとで、1990年頃に開催された戦後最大級のラリーレイド。結果として開催国のイラクが、クウェートにピットインし損ねて燃料切れとなり最下位に終わったものの、相変わらずマシン開発に余念の無かった(とされる)イラクに正義と自由の国が喧嘩をふっかけて、2003年開催の『イラク耐久レース』(2007年現在も継続中)へ発展した。
萌えろDownhillNight
元は、美少女ゲームメーカー対抗頭文字Dだったが、今ではまったく違う進化を遂げた。まず、車体には自社メーカーのキャラクターの絵をエアブラシで描くことが義務付けられる。これは、メーカーの宣伝効果と共に、この世に1台しかない車両を傷つけてはならないという心理を持たせ、事故を防止する効果がある。手切りステッカーを使った場合は失格で、マグネット式を使おうものならライセンス剥奪である。

関連記事[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「モータースポーツ」の項目を執筆しています。