モンゴル互助会

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

モンゴル互助会(もんごるごじょかい)とは、モンゴル人または出身者(モンゴリアン)による日本への支配(日本とその周辺諸国の乗っ取り)をもくろむために結成された秘密結社の総称である。正式には「モンゴル力士会」または「モンゴル力士懇親会」であり、マスコミタニマチ、日本相撲協会の評議員や理事、横綱審議委員は「モンゴル力士会」という呼称を多く用いている。

ここでは特に、モンゴル出身力士による日本相撲協会乗っ取りと日本などでの勢力拡大という壮大な野望を実現させるために結成された大相撲モンゴル互助会(おおずもうもんごるごじょかい)について、以下解説する。

歴史[編集]

モンゴル互助会とはジンギスカン時代に作られた秘密結社であり、モンゴルの闇の支配者の秘密結社とも言われ、その歴史は1000年にも及ぶ。初代ドスコイカーンの時代から幹部の最高責任者は相撲で決める事が習わしであり、モンゴルウランバートルの地下500mの闘技場で日夜、モンゴル互助会の活動は行われている。

創設期(旧モンゴル互助会)[編集]

1991年元・大島親方(元・旭國)がモンゴルで行った新弟子公募で170人の応募者の中から選ばれて来日した旭鷲山旭天鵬旭天山らモンゴル人力士6人組により結成されたのがはじまりである(旧モンゴル互助会)。旧社会主義国の若者が脱北したくなるほどの厳しい稽古に対する相互扶助組織として誕生した。

その中で最初に頭角を現したのが旭鷲山であり、「技のデパート」本家筋であるあの秀平をも超越した「技のデパート・モンゴル支店」として、幕内で大活躍した。旭鷲山は、今日の強大なモンゴル互助会発展の基礎を作った先駆者かつ功労者であり、かつては初代会長として君臨し蒙日両国で一躍スターダムにのし上がった。

朝青龍会長時代[編集]

ところが、後に現・高砂親方(元・朝潮)がスカウトしてきて初のモンゴル人横綱になった暴れん坊朝青龍(68代横綱)にその地位を乗っ取られ、旭鷲山は失脚した(ただしモンゴル本国では実業家兼政治家として、依然として絶大な権勢を誇っているようである)。この抗争はまさに高崎山などで見られるボス争いそのものの様相を呈していたのである(なお、この抗争は日蒙両国を巻き込んで今なお続いている)。ボスとして君臨した朝青龍は、旭鷲山を(これまでの彼の功績を徹底的に否定することで)無き者として廃立し、現在の(新)モンゴル互助会を結成。改めて初代会長を名乗り、角界で大暴れして勢力を急速に拡大。相撲の強さはもとより、土俵内外での並外れた問題行動(マナーの悪さ)もあいまって相撲協会や日本人をおおいに震え上がらせた。

しかし、その朝青龍は(後には現・海老蔵をも陥れた)関東連合クズどもの挑発に乗ってしまったせいで(例の泥酔暴行事件)、最大の天敵である内館牧子横審の圧力によって、現役引退という形で相撲協会の中では失脚してしまい、現職会長の座からも退くことになった。しかし互助会内では、彼は名誉会長として祭り上げられた上、これまでの功績が伝説として讃えられ(影の帝王として君臨し続け)、モンゴル本国でも北朝鮮に影響を及ぼせるほどの大実業家として(そして現大統領の側近としても)依然人気を博している。

白鵬会長時代[編集]

その朝青龍の権力基盤を引き継いで副会長から2代会長に昇任し、現在ボスとして君臨する白鵬(69代横綱、宮城野部屋)は、自らが現役最強力士として権勢を振るいさらなる勢力拡大を目論んでいる。自らと同門である旧・大島勢の超大功労者旭天鵬らと協力し、後に朝青龍直系の後継者でありながらやはり自らの同門でもある日馬富士(70代横綱、伊勢ヶ濱部屋)、さらに時津風一門最強の頭脳である鶴竜(71代横綱、井筒部屋)の2人を次々と副会長に据え、3頭政治(トロイカ)体制により角界における数あまたのモンゴル勢力士による絶大な地位を確立。白鵬は現役最強でありながら、力のある同じモンゴル出身力士を横綱に昇進させるために怪我をして力を抜くこともあり、力だけではなく頭も使った実に周到なやり方でこれを実現しているのである。

ただし、この頃から派閥が形成されるようになる。かつて固い結束を誇っていた朝青龍時代と比べると緩やかな連帯へと移行しつつある。会員数が急増し、考え方の違いから白鵬会長の意向に従わない会員もこの頃から出始めるようになる。特に日本乗っ取り計画について、派閥によって段階論の違いが顕著になってきている。観客によるモンゴル人差別への抗議のため白鵬の弟子たちが2015年初場所後のストライキを画策するが、日馬富士副会長の反対により未遂に終わる[1]など、足並みの乱れが指摘され始めている。

そして遂に2017年10月26日未明、深夜の鳥取での酒席で、本互助会に一切協力せず反旗を翻し続けていた貴ノ岩貴乃花部屋)が凄惨にかわいがられる暴行傷害事件が発生。かねてから本互助会の存在を訝しく思い憎しみを募らせていた貴乃花親方が頑ななまでの信念(ここでは「角道の精華」を体現する相撲哲学のこと)を貫いて暴走世直しした結果、世間全体がその正義感に突き動かされる形で、実行犯(直接の加害者)である日馬富士副会長は現役引退(失職)の憂き目に遭い、トロイカ体制は崩壊した。しかもその事件の場に、主犯格(黒幕)と言われている白鵬会長と、別の意味で崖っぷちに立たされている鶴竜副会長らも同席していたことが発覚したために、単なる暴行傷害の域を超えた大きな黒い霧の存在を疑われることになり、現在の角界を牛耳る本互助会そのものが急速に崩壊するのも時間の問題とみられている。

会員資格[編集]

会員となるには、モンゴル国籍または出身者であることが必須条件。

幕内(番付が前頭以上)のモンゴル出身力士は正会員(常任会員)となり、正会員(常任会員)の中でも番付が大関以上の会員は上席会員となり、上席会員以外の正会員(常任会員)は一般会員となる。十両は準会員、幕下以下のモンゴル出身力士は補助会員(会員見習い)となる。

なお、日本出身力士やモンゴル以外の外国人力士も、サポーター(賛助員)として本互助会員を支援することが可能である。本場所や巡業、普段の稽古をはじめ日常生活において、そのようなサポーターにも一定の優遇措置が講じられる。

活動内容[編集]

モンゴル出身同士で番付向上に向けて努力(互助)することが求められる。義務を果たしたモンゴル出身力士は手厚い保護を受けられる一方で、本互助会員に反抗し手向かう力士には容赦なく制裁が浴びせられることになる。特に反抗する力士への制裁行為は、朝青龍がボスに君臨し結成された現在の(新)モンゴル互助会の時代に入ってから露骨に見られるようになり、白鵬の時代になっても継続されている。そのため、稀勢の里をはじめとする一部のガチンコ日本人力士や反主流派の急先鋒貴ノ岩をはじめとするごく一部のモンゴル人力士を除き、以前は大半の力士が本互助会の活動に賛同しているものと思われていた。しかしここ最近では何人もの若いガチンコ力士が台頭してきたことによって、そうとは言い切れなくなってきている。

月に1~2回、懇親会(実態は大酒飲み比べ会)が開かれ、ごく一部の反主流派のモンゴル人力士を除き、大半の力士が出席している。ただし巡業中の開催が中心で、本場所前は八百長の疑いを反らすため自粛している。特に横綱優勝の祝勝会で優勝に貢献した会員には高級車や高級時計のプレゼントがあり、お小遣いと称した現金100~200万円も配られ[2]、新年会でも同様にお年玉がもらえるらしい。同時に次回も協力するように求められる。また気合が入っていない会員には正座による激励(実態は長い説教)とかわいがりが行われ、たとえ何があっても反抗せず「ごっつあんです!」とありがたく感謝しなければならない。現金や高級品のやり取りがあることから親方衆(特に貴乃花)は横綱による賄賂山吹色のお菓子)の疑いが濃厚であるとしているが、当人たちはあくまでお小遣いであるときっぱり否定している。

会派[編集]

2018年1月現在、全部で以下の4つの会派(派閥)の存在が確認されている(なお、かつて存在していた旧会派などについてもここで紹介する)。

主流派・準主流派[編集]

白鵬大帝会[編集]

通称「白鵬グループ」(「白鵬を支える会」あるいは「大白帝会」とも呼ばれる)。一枚岩であったかつての朝青龍グループをそのままごっそり取り込んだ主流派で、本互助会内で最大会派を形成する。朝青龍から白鵬に会長が交代しても、その素行の悪さは共通するところである。しかし白鵬自身はその関連性を否定して一掃を図ったため、朝青龍名誉会長との関係に限れば冷え込んでいるが、他のメンバーに関してはそうでもないらしい。ただ、この行為が原因で白鵬率いる「会長派」と朝青龍と繋がりが深い「名誉会長派」で内紛が起きてしまっており、一枚岩ではいかない状況が続いている(後に、伊勢ヶ濱系モンゴル人力士らを中心に名誉会長派の多くが(旧)日馬富士グループに移籍していた)。

会員となるには、横綱土俵入りの露払または太刀持を務めるか、横綱主催の飲み会に参加することが条件である。白鵬の優勝記録や連勝記録を伸ばすことへ協力することが当面の活動の中心で、白鵬に勝つことは禁則事項です。逆に土俵上で白鵬から、かち上げ(張り差しやエルボー)やダメ押しを食らっても「自分達子分がかわいいからわざわざやって下さっている」のだとありがたく受け止められるだけの度量の大きさも求められる。

親方衆に対して外から圧力をかけ続けているため、日本相撲協会の評議員や理事、横綱審議委員との関係はギクシャクしている。特に、2015年初場所優勝翌日の会見での審判部への批判や、2017年九州場所でのセルフ物言い(仁王立ちのまま往生際悪く抗議)&優勝インタビューでの万歳三唱は、象徴的な事件であった。

また、外国国籍のままでの親方襲名を悲願に掲げ、外国人による年寄行司名跡の取得を可能にすべく人脈作りに勤しんでいる。改革強硬派の子分達も数多くいる。白鵬会長は帰化の意向を示しているが、会長の帰化後も国籍条項撤廃運動を継続するかは未定。そして本件に関連して、角界改革を推し進めようする貴乃花親方のことを当初は支持していたが、以前より相撲観が互いに180度全く異なることで大きな確執を生じた(実際のところは、ある時巡業中に移動するバスの中で、当時巡業部長として一緒に帯同していた貴乃花が座るための広い座席に、白鵬が痛めている膝を楽に伸ばせて快適に過ごせるからという身勝手な理由でふんぞり返っていたことで、貴乃花がブチ切れて力士達の面前で白鵬に怒鳴り散らし大恥をかかせた)上に、前述の貴ノ岩への暴行傷害事件でその黒幕と名指しされて激しく忌み嫌われたために全く険悪な敵対関係になってしまい、日本相撲協会をも巻き込んだ壮絶な権力闘争を、現在繰り広げている。

鶴竜連絡会[編集]

通称「鶴竜グループ」。白鵬グループとの関係は良好な準主流派であり、2014年3月に発足して会員を募集していたが会員は一人も集まらず、2017年後半から当の鶴竜本人が連続休場に追い込まれており、結局一人ぼっちのまま会員の募集を停止した。2018年の成績如何では解散の危機にも直面している。鳥取城北グループへの「かわいがり」にも協力している。

会員となるには、白鵬グループと概ね同様で横綱土俵入りの露払または太刀持を務めるか横綱主催の飲み会への参加、もしくは時津風一門に所属していることが条件であるが、同じ一門であった湊部屋[3]の逸ノ城は参加していない。

非主流派・反主流派[編集]

片男波・峰崎連合両鷲会[編集]

通称「両鷲連合」(「玉鷲・荒鷲グループ」とも呼ばれる)。ガチンコの二所ノ関系モンゴル人力士2人組であるが、互いに一匹狼(ならぬ一匹鷲)で体も強いことから、会派としての互助活動は特に確認されていない。立ち位置は極めて中道であることから、主流派のグループにも基本的にはガチンコ勝負を挑むものの、後述の鳥取城北グループのように露骨な報復は受けていない模様。

鳥取城北高校OB会モンゴル人支部[編集]

通称「鳥取城北グループ」(「貴ノ岩・照ノ富士・逸ノ城グループ」あるいは「石浦外喜義石浦の実父)部屋モンゴル人OB会」とも呼ばれる)。主流派のグループとは犬猿の仲の関係にある反主流派の急先鋒(このため特に、日馬富士の子分であった照ノ富士は板挟みになり苦しい立場であったし、監督&校長の息子にして白鵬の子分でもある石浦も同様の境遇にある)。会員に対しては、先輩会員へのあいさつ無視、電話の着信拒否、出稽古に来ても追い返し、横綱主催の飲み会も参加を拒否し、仕方なく参加しても決して懇意にならないように呼びかけている(ちなみに貴ノ岩の場合は、彼の師匠である貴乃花親方の命令により土俵以外の場での一切の交流が禁じられていた)。ガチンコで勝負を挑み、横綱への注文相撲も躊躇しない。先輩会員への配慮を一切しないため、主流派のグループからは徹底した「かわいがり」が行われている。

以前は(旧)日馬富士グループとの関係はそんなに悪くはなかった(それほど良好でもなった)が、前述の通り2017年10月に鳥取で泥酔した日馬富士がカラオケのリモコンなどで貴ノ岩の頭を激しく殴って大怪我を負わせた暴行傷害事件、そしてこの事件を、貴乃花親方が鳥取県警に直接訴え出たことにより、最悪の対立関係にあることが白日の下に晒された。なお、この事件が発生した当時の現場には、モンゴル人3横綱の他に石浦父子と照ノ富士も同席していたとされるが、貴ノ岩が暴力を振るわれていた際の心境は不明(ちなみに逸ノ城はこの時、そもそも鳥取に帯同していなかったため運良くこの災難を逃れた格好になった)。

会員となるには、鳥取城北高校相撲部に所属した経験があることが条件である。

基本的な活動はモンゴル互助会の活動よりも日本人も参加する鳥取城北高校OB会の活動を優先することである。日本相撲協会乗っ取りのための改革に対しては明確な方針をまだ示していない。

旧会派[編集]

伊勢ヶ濱モンゴル互助会 【解散】[編集]

通称「日馬富士グループ」。一枚岩であったかつての朝青龍グループの志を、彼の直系子分であった日馬富士が継承して立ち上げた会派で、白鵬グループからはかなり距離を置くものの密接に連携していた穏健派である。トップに君臨していた日馬富士は泥酔すると暴力を振るいまくる超武闘派に豹変する一面ももつ。白鵬グループの子分からは日馬富士が反白鵬の黒幕として白鵬の打倒を謀っているのではないかと警戒されていたが、前述の貴ノ岩に対する暴行傷害事件で(白鵬の陰謀によるものか否かは未だ不明だが)日馬富士自らが現役引退して責任を取り、会派自体も解散したことで手打ちになった(残されたメンバーの多くは主流派のグループに移籍)。

会員となるには、伊勢ヶ濱一門に入門していることが条件であった。伊勢ヶ濱一門から幕内優勝力士を出すべく、その実現のために日本人力士も巻き込んで行動していたが、残念ながらほとんどが失敗に終わった。

相撲はあくまで出稼ぎの仕事という立場をとるグループであり、日本乗っ取り計画への参加に消極的であった。日本相撲協会との関係は希薄であるため対立することは少なかった一方で、横綱審議委員会は一門の八百長を疑っていて、連日の金星配給に目を光らせていた。

モンゴル六人組 【消滅】[編集]

最も歴史のあるグループである。他のグループからは軽蔑の意味も込めて「旧モンゴル互助会」とも呼ばれる。「旭鷲山グループ」と呼ばれたこともある。創設期に苦難を味わったことから最も結束が強いとされている。旭鷲山個人としては前述の通り朝青龍とは険悪な対立関係にあったが、その他の現在の各会派に対しては中立的な立場を取っていた。(旧)日馬富士グループとの関係も良好であった。

日本乗っ取り計画に関しては、日本相撲協会の内部からの改革を主張していた。親方衆からの信任を得ること重要視しており、日本国籍を取得することを推奨していた。

現在の構成員[編集]

特に表記がなければ最大会派の白鵬グループ(もしくは鶴竜グループ)に所属するか、無派閥の会員である。

会長[編集]

副会長[編集]

  • 鶴竜力三郎 : 副会長、71代横綱、大関互助会10代会長→同顧問

上席会員[編集]

正会員の中でも、大関互助会の常任会員をはじめ特に優れた功績を有する力士は、上席会員となる。

  • (現在は空席)

一般会員[編集]

上記以外の幕内力士は、一般の正会員となる。

  • 照ノ富士春雄 【鳥取城北グループ】
    • 以前は(旧)日馬富士グループにも所属し、そちらの活動を優先していた。
    • 白鵬の最後の技が禁止されているダメ押しではないかと突っ込むことは検閲により削除。協会の理事や親方衆の検閲により削除されます。
    • 2015年平成27年)3月場所(春場所)において、勢いに乗って白鵬から白星を挙げる。
    • 2017年7月、9月場所連続休場により大関から陥落、11月も休場し、一般会員になる。
  • 逸ノ城駿 【鳥取城北グループ】
    • 大関互助会の甲種準会員の経験を持つ。
    • 秋巡業で鶴竜が連日砂だらけにして帯状疱疹で入院を余儀なくされたことは大人の事情お察し下さい
    • 2015年(平成27年)5月場所(夏場所)において白鵬から金星を挙げ、「かわいがり」の「恩返し」をする。
  • 貴ノ岩義司 【鳥取城北グループ】
    • 角界全体を震撼させた前述の暴行傷害事件の被害者にして最大の当事者。
    • 2017年(平成29年)1月場所(初場所)で白鵬の優勝のかかった大一番で金星を挙げ、結果的に白鵬の天敵である稀勢の里(当時は大関)の初優勝と横綱昇進を後押しした。このことが白鵬の過激派の弟子たちの恨みを買い、例の事件の伏線となる。
    • 2017年9月下旬に「あなたたち(白鵬)の時代は終わった。これからは俺たちの時代だ。」と発言。すぐさま白鵬の過激派の弟子たちによって横綱に伝わり、例の事件へと発展していく。

準会員[編集]

十両力士は準会員となる。

  • 旭秀鵬滉規
    • モンゴル六人組に途中から参加していた。
    • 正会員だったが、2016年(平成28年)11月場所(九州場所)の負け越しで降格した。
  • 東龍強
    • 正会員と準会員と会員見習い(補助会員)のすべてを行ったり来たりしている。
  • 青狼武士
    • 正会員と準会員の間をうようよしている。
  • 魁猛
    • 準会員だったが、現在は見習いに降格。
  • 水戸龍聖之【鳥取城北グループ】
    • 2017年11月場所終了後より準会員に昇格。

会員見習い(補助会員)[編集]

関取以外の力士(幕下三段目序二段序ノ口など)は、正会員らを補助する「見習い」(付け人)となる。リンクがまだ存在しないモンゴル出身力士多数(数が多いため省略)。

OB[編集]

名誉会長[編集]

名誉副会長[編集]

  • ダワーギーン・バトバヤル(旭鷲山昇) : モンゴル六人組の初期メンバー
    • 前述の通りかつては教祖的立場で旧互助会のトップに君臨し、朝青龍に排斥された後もいまだに影響力を持っている。
    • 2006年に現役引退し、モンゴルに帰国している。
    • 2017年の日馬富士公平暴行傷害事件の裏で暗躍した張本人。関係者でもないのに何度も来日し、出しゃばり過ぎだとして問題になった。
  • ダワーニャミーン・ビャンバドルジ(日馬富士公平) : 現役時の役職最高位は副会長、70代横綱、大関互助会OB会参与
    • 横綱よりも大関になりたかった」と、今に語り継がれる伝説の名言を遺した。
    • 2017年、前述の暴行傷害事件の加害者として現役引退に追い込まれた。

特別栄誉会員[編集]

  • 太田勝(旭天鵬勝;旧名ニャムジャウィーン・ツェウェグニャム) : 元・大関互助会乙種準会員、モンゴル六人組の初期メンバー
    • 2005年にモンゴル国籍を離脱して日本国籍を取得する。旭天山武と同じく、モンゴル出身力士としては初となる日本への帰化を果たした一人である。
    • 2015年平成27年)7月場所(名古屋場所)で負け越し、現役引退。千秋楽の翌日に年寄「大島」を襲名し、友綱部屋の部屋付き親方となった。
    • 2017年6月11日に年寄名跡の交換によって11代友綱を襲名し、友綱部屋を継承した。モンゴル出身力士では初の部屋持ちの親方となった。

その他のOB[編集]

物故者[編集]

出典[編集]

  1. ^ 小学館『週刊ポスト』2015年5月29日号
  2. ^ テレビ朝日『モーニングショー』2017年11月23日放送
  3. ^ 2017年12月18日に時津風一門を離脱

関連項目[編集]


朝青龍殴られ 01.jpg この項目「モンゴル互助会」は、ちゃんこ不足のようでごわす。
さあ、そこの新弟子も力士の要たるちゃんこを作ってみるでごわす。強く当たったらあとは流れで行くでごわす。ごっちゃんです! (Portal:スタブ)