モリッシー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「モリッシー」の項目を執筆しています。
「彼は私を敬っている。ふふふ、何かうれしいな、ひひひ」
モリッシー について、オスカー・ワイルド

モリッシー (Morrissey) とはイギリスの神である。1980年代にイギリスの失業者から敬われていた。ダイアナやチャールズなどからは嫌われた。特にモリッシーが書いたパニックは「DJを殺せ」という名言を残し、黒人からも嫌われた。それでも、人気度は圧倒的高かった。

歴史[編集]

イギリスの各地で見かけた、怒りを露わにするモリッシーのポスター

マンチェスターで生まれたモリッシーは無名のニートだったと言う。しかし、ジョニー・マーという人物とザ・スミスと言う集団を組んだ。この時、Yシャツのボタンを下から2つしか止めていない服装をしたが、これが後にモリッシー・ファッションというスタイルを生んだ。そして、腰を回し、パンチなど謎の動きをしたが、モリッシー・ダンシングの原型であり、後にオリンピック競技になった。

しかし、ザ・スミスは解散し、彼は一人で活動する事になる。ところが、それでも人気は圧倒的に高く、知名度はますます世界的なものとなっていった。しかし、イギリス政府からはテロリスト並に扱われていた。特に、チャールズはモリッシーの話だけは避けていた。

ちなみに、彼の嫌いなものはサッチャー飛行機、そして食肉である。また、彼とシド・ヴィシャスとの子々孫々まで続く血みどろの抗争は、すでにイギリス国内だけで360万人を巻き込んだ。

関連項目[編集]

Takagi.gif あー、そこでこっちを見ている君! そう君だよ、君! まあ、こっちへ来なさい。
ほう、何といい面構えだ。ピーンと来た! 君のような人材を求めていたんだ!
我が社は今、「モリッシー」を秀逸な記事へと導く、執筆者を募集中だ。
ま、詳しくは入社してからと言う事で、まずは加筆を始めてくれたまえ
……あ、おーい、どこへ行くんだね? 我が「モリッシー」は、いつでも君を待っているぞ~!! (Portal:スタブ)
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。