モナー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Souji.png
2ちゃんねる警告
この記事は2ちゃんねるに精通した人しか面白さを理解できない内輪ネタのようです。
2ちゃんねるネタを2ちゃんねるネタであると理解できないと(この記事を楽しむのは)難しいんだな。
記事を改良しないといけないだろ、常識的に考えて……
モナーについて知りたい人へ
知らない人は頭が固いほうを見て下さい。もし見てあなたの頭が爆発しても我々は一切の責任を取りません。

モナー(学名:Carnivora Sapiens Omaemona)は、に類似した生物である。 知能は高く、現代人並の知識を身につけているといわれる。山本モナとは関係無いので注意すること。

家族とか友達とか[編集]

モナー…ではない。ぴー

友人であるギコ・ハニャーンによれば、ガナーというボンキュッボンレモナというよくオカマに間違えられる(実際は女?)同棲相手がいるらしい。

また、友達にしぃモララーフーンニダーシナーギコ猫といった者がいるらしい。

猫とモナーの見分け方[編集]

ぶん殴って、「ニャー」と言えば猫、「オマエモナー」と言えばモナー。

「おまえらも暇な奴らだなぁ」と言えば、絶滅が宣言されている原始種である可能性が強い。

生息地[編集]

江ノ島など猫の多いところに多いといわれる[要出典]。意外に多いのは、設備の整った循環器科の病院であり、これらの病院では猫の手も借りたいほど忙しいため、検閲により削除などで手助けをしている模様である。多くの教科書に「心筋梗塞をみたら、まずモナーを与えよ」と書かれている。吸入で使用されるかどうかは不明である。  ヤクバハイルが彼らの生態に興味を持ち、1997年『超ヒトネコ伝説オマエモナー』という論文がネット上で発表されたが、多くのネットユーザーに無視され、ヤクバハイルの名前が人々の話題に上るのは、2009年のレイプレイ事件からになる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「モナー」の項目を執筆しています。