モエイウム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
モエイウム(Moeium)
一般特性
名称, 記号, 番号 モエイウム, Mo, 96
分類 金属
族, 周期 3h, 7
密度 1.6 g/cm3
赤+黄色+白
原子特性
原子量 194 amu
原子半径 106 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

モエイウム (Moeium) は、ネオ原子番号96番のネオ元素ネオ元素記号Moヒューマノイドの8番目に属している。

概要[編集]

ヒューマノイド元素の中では比較的密度が低く、膜状にしたものは弾力性に富む。また、同じヒューマノイドのネオ元素と反応しやすい。 最近何かとよく聞くファインセラミックスとやらにも多く利用されている模様。 最近、初音ミクと共に急速に知られるようになった。

主な化合物[編集]

  • ホワイトスキン (Qu2HuMo)
感素ヒューマニウムとの化合物。ホワイトスキンというのは通称。比較的白めで弾力が強く空気を通す等、限りなく人間の皮膚に近い特性を持つ。
このことから一部のマニアロボットには非常に人気であり、現在の最新型アンドロイド(初音ミク等)の表面にはこのホワイトスキンが使われているらしい。
  • モエロ合金 (MoEr)
エロニウムとの化合物。温度が下がると熱伝導率が非常に小さくなり、人間の体内温度に近い摂氏40度前後を保つことが出来るようになる。
ツンデレビウムとの合金。ヤンデーレ博士が開発したためにその名が付いた。モエロ合金とは逆に温度が高くなるほど熱伝導性が小さくなり、高い温度を保ち続けることができる。

関連項目[編集]


ツンデレ ……見ての通り、この記事「 モエイウム 」は書きかけなわけだけど…、はぁ!?何言ってんの?勘違いしてるんじゃないわよ! べっ、別に加筆して欲しいわけじゃ無いんだから!まぁ、アンタがどうしても加筆したいって言うのなら、加筆させてあげてもいいんだけど…… (Portal:スタブ)