メッコール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

メッコール(めっこーる)とは、見境なし適度に麦芽を加えることにより、従来では重大な欠陥にしてウィークポイントで何かにつけ口やかましく粗を見つけてはつまらない難癖を付けるのが好きな青少年の未来を憂う団体から非難の対象となっていた、栄養バランスの悪さやビタミン不足を解消した画期的な炭酸飲料である。

概要…って言っていいのか?これ[編集]

メッコールは小勢力故に、このような闘争に巻き込まれず生き残り続けている

缶のパッケージはそれほど奇抜ではない。炭酸飲料としてはごく一般的な範疇にあり特筆すべき点はなく、むしろ目立たないほどである。近年、コカコーラペプシコーラのロゴやパッケージデザインを、大胆にパクった偶然にも酷似することになってしまった製品が乱立する中、ある意味珍しいともいえる。

封をあけ、コップなどに注いだ際の色合いや泡の立ち具合も、コーラに代表される炭酸飲料とそれほど変わらない。ただし、この時点で麦芽の風味が周囲に流れ出す為、嗅覚が敏感な人間はなんらかの異変と試練が自分に迫っていることを感じ取ってしまう。知らぬが仏とはよく言ったもんだ。だが、いざ口をつける寸前、よほどの鼻づまりでもない限り、自分の飲もうとしているものがコーラどころか、一般的な意味での味わいとは無縁の存在であることを感じ取ることだろう。しかし、もう遅い。君は出されたものに何も口をつけないことは失礼だと思い直し、不安を隠しきれないまでも一口だけでもと決意を固め、コップの縁に口をつけると、そのままコップを傾け…ああ!窓に!窓に!

味と臭い[編集]

陳謝[編集]

誠に遺憾ではありますが、筆者の貧弱かつ乏しい語彙と知識では、このような奇抜かつ個性的で毒草的な味わいをアンサイクロペディアンの皆様方に部分的だとしてもお伝えすることはおろか、ユーモアによる粉飾やゴマカシすらも困難であり、かえって誤った情報や危険な認識を与えかねない為、非難されることを覚悟の上で描写そのものを避けるしかないという結論に達しました。更なる卑劣な行為ではありますが、この後、勇気と知謀を兼ね備えた勇気ある若者が、私の成し遂げられなかったメッコールの味の説明を、いずれ達成してくれることを願ってやみません。

オレの屍を越えて逝け!

ただし、経験者からの警告として受け取って頂きたいのですが、調子に乗って飲用を続けると5本前後で味覚に異常が生じ、10前後で脳神経にまで影響が及び、味の価値観そのものが逆転あるいは変質す危険性が極めて高いことを充分に承知した上で飲用してください。無理をせず、吐き出す、ドブに捨てる、裏の家のやたら吼える犬に飲ませるといった勇気ある逃亡は一概に恥とはいいきれません。

補足[編集]

国内の飲料メーカーでは、新製品のネタが切れると、とりあえずコーヒー入り炭酸や炭酸入りコーヒー飲料をだして急場をしのぐという傾向あり、10年あるいは20年周期でこういった商品が名前だけ変えた新製品として店頭に並ぶことを繰り返している。しかし、このような商品がヒットするはずもなく、それ以前に基本的な味すら保とうという努力さえも放棄しているため、その味わいは…つまり全く同じではないにしろ、メッコールの味の方向性とはこういうものだと思って頂ければ幸いである。色んな意味で

生産と販売[編集]

製造流通の黒幕大元が、強攻合同結婚式組合統一教会であることは意外と知られていない。白米至上主義の日本国内では数段評価の低い麦を主原料に加えるという正気の沙汰とは思えない発想も、あっちの国が絡んでいるとなれば、「なるほど~」と納得するしかないところである。故に販売ルートは、統一教会の支部や関連機関の存在する場所ならばどこにでも伸びている可能性があり、一方では統一教会のネットワークを逆に利用してやろうというしたたかな商売熱心な業者が跳梁跋扈しているため、意外なところで目にすることも多い。

宗教絡みの商品だけに原価が安いためか、大型ディスカウントショップや、業者向け卸問屋などで大量販売されていることも珍しくはない。24本入り箱売り品が山積みになっている光景を目撃したという証言もあり、諸々の事情から売っているところでは売るしかないのだろう。事実、統一教会とは全く無縁の町の小さな酒屋で、1箱と18本が売れ残っていたという記録も残っている。また、長野県内では自販機で売られていることが目撃されており、試しに購入したところ、ちゃんと賞味期限内の商品がでてきたということだ。ちなみのその半径5㎞以内において他の自動販売機は存在していない。

驚くべきことに、日本海側では1990年頃までローカルラジオ局とはいえCMも放送されていた。録音こそされていないものの、偶然にも聞いた人間の証言によれば、「まず一方的に変革と選択を迫り、既存の他社商品の欠点を赤裸々なまでに酷評した後、栄養ある麦芽を入れた飲料こそ唯一にして絶対な存在であり、選択すべきものはそれ以外にはあるはずがない。」と強調するような内容だったらしい。実に韓国発祥の宗教らしい布教活動といえる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「メッコール」の項目を執筆しています。


Nodasori.jpg この項目「メッコール」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください
私には書けません。 (Portal:スタブ)