メタルスラッグ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「メタルスラッグ」の項目を執筆しています。

メタルスラッグ』(METAL SLUG)は、戦間期~第二次世界大戦中にアメリカ合衆国陸軍が開発した訓練法である。

概要[編集]

第二次世界大戦前後において戦場は戦車や自動車化による高速の戦闘が行われるようになったが、ドイツと異なり機甲師団用兵理論の確立されていないアメリカでは兵士を訓練し、より効率的に運用するシステムを模索していた。そのうちのひとつがメタルスラッグである。この訓練が功を奏し、アメリカは第二次大戦において勝利を収めた。この成功により、戦後アメリカ陸軍はメタルスラッグを正規の訓練法として正式導入し、以降複数回にわたって行われるようになった。

略称はメタスラ、もしくはMSである。一部兵士は過酷な訓練からむしろ、SMではないかとも言われる。

第一回メタルスラッグ[編集]

訓練の方法[編集]

訓練はいわゆる紅白戦の形式をとる。自軍側(訓練の対象の新兵)兵士と補給役を兼ねた補給部隊である(自軍側兵士はパートナーが見つかれば二人まで同時に受けることが出来る)。また自軍側は拳銃とナイフ、手榴弾以外に、特定の戦車(コードネームでメタルスラッグ、この訓練の由来ともなった)と現地で拾った重火器の類および弾薬を用いる事が許される。この兵士二人だけで妨害側となる先輩兵士(軍内では隠語で責任者のモーデン大佐をもじってモーデン反乱軍兵士と呼ぶ)の妨害を跳ね返し、目標とする敵兵器群を破壊せねばならない。 補給部隊は訓練の制度の一環として、敵軍の捕虜となっているため、救出しない限りは彼らが持っている補給物資を兵士が使うことはできず、また彼ら捕虜は缶詰やお人形などくだらないものを持ち歩いている場合も多く、総じて新兵の疲労は大きい。

戦車名や敵であるモーデン反乱軍などは仮想敵国である日本およびナチスドイツのものに似せてある。また自軍の戦車のメタルスラッグは訓練用に特別に作られた戦車で実在のシャーマンやパーシングといった戦車とは異なる。これは情報漏洩を防ぐためのものである。またこの戦車は耐久性こそ優れているものの主砲が数メートルしか飛ばないため、多くの場合副兵装としてくくりつけられたリモート操作可能な360°回転する機銃をメインに用いられた。また操作系統に難があり、シャコタンになったり、暴走して敵に向かって突っ込んでいったりといった不具合も多かった。兵士たちはこれを野次り、カミカゼアタックに例えて「メタスラアタック」と呼ぶようになった。

使用重火器[編集]

使用重火器は以下のものを用いた。

  • 拳銃

オートマチック製のもの。ハンドガンの弾薬だけは好きなだけもって行って良いというルールのため、本来なら持ち運びが出来ないほど大量に持ち歩く兵士が続出した。が、少数しか持ち出してない場合でもなぜか使い切る事が出来ない。(恐らく4次元ポケットの原理で無限に湧いてくると推測される)

  • ヘビーマシンガン

軍内では「H」と呼称される機関銃。当初はM2キャリパー重機関銃を持ち歩くことになっていたが、兵士がもてないため仕方なくBARを用いた。

  • ロケットランチャー

M1/M9/M18対戦車ロケット発射器、いわゆるバズーカ砲である。兵士からは「ロケット弾がわずかに追尾した」という不可思議な報告があがっている。この訓練では総じて使いにくかったとの意見が多数を占めた。

  • ショットガン

大型のポンプアクションショットガン。新兵からは「2発で戦車が壊せた」という散弾銃らしからぬ報告があがっている。

  • フレイムショット

火炎放射器。ただし、このとき用いられたものは噴射式のものではなくナパーム弾に近い。よって対人戦にはめっぽう強いが妨害側が乗り込む兵器には弱い。

ミッション[編集]

多くはアメリカ軍が当時実際に行われるであろう軍事作戦を想定してミッションは決定された。

  • ミッション1「絶対密林帯」
    • 『高津重工製大型爆撃機770型残骸要塞「てつゆき」』

ジャングルに日本軍が大型爆撃機を持ち出したら?という設定で行われた。しかし爆撃機は飛行せず、要塞になっていた。 要塞だからとビーム砲を横付けする無茶な改造が行われている。

  • ミッション2「朝焼けに賭けろ」
    • 『開発途上大型機「ヘアバスター・リバーツ」』 『偽装砲台「ミニ・バタ」』

工業都市を占拠したドイツ軍ルフトバッフェとの戦いを想定したもの。「戦車で航空機を落とす」という過酷なミッションである。ちなみに「ヘアバスター・リバーツ」から落下するモーデンを航空機で見事キャッチする兵士がいた。

  • ミッション3「地獄の鉄騎兵」
    • 『超弩級自走砲「谷王」』 『反逆軍軍曹「アレン・オニール」』

アルプスやヒマラヤに日本軍やドイツ軍が攻め込んだら?という設定で行われた訓練。自走砲破壊の攻防戦よりも、崖から落ちたり、途中での鬼軍曹との一騎うちで倒れる兵士が続出した。 ちなみに用を足している途中での襲撃に驚いた妨害側の兵士がトイレの中に吸い込まれるという目撃情報があるが、未確認である。 なお、メタルスラッグの機能を利用してボスとなる『谷王』を溜め込んだ手榴弾で秒殺するベテラン兵士が存在した。

  • ミッション4「死の谷」
    • 『共同作戦用戦車「シュー&カーン」』

市街戦を想定したミッションだったのだが、途中から山で戦うことになる。ちなみにミッションボスの「シュー&カーン」は上がシューで下がカーンである。 この訓練では開始直前に妨害側が使用する一部の戦車が変更されたため、感覚を掴み切っていない操縦手が崖から落下する事故が多発した。

  • ミッション5「圧政都市」
    • 『共同作戦用戦車 「カーン」』『万能射程戦闘車「アイアン・ノカーナ」』

ミッション4と共に市街戦を想定して行われた。ちなみに建物の窓を壊すと民間人が死んでるのが見えるが、これは死体ではなく死んでるフリをしたエキストラである。

  • ミッション6「おもひでの海」
    • 『二次放出攻撃ヘリ「ハイ・ドゥ」』

独裁者を追い詰めるため、敵陣地にわたる橋の上で激しい銃撃戦を繰り広げる訓練。妨害側は作業用の車まで繰り出すなどまさしく総力戦であり、自軍側は双方から妨害側の戦車と随伴歩兵に囲まれるなど過酷を極めたミッションである。 ちなみに「ハイ・ドゥ」が破壊された時、モーデン氏が地面に落下してしまうというアクシデントがあったものの、幸いにも大事には至らなかった。

二人で訓練に参加した者はかなりの数にのぼったものの、その中でも成功したグループは後に先輩兵士の嫉妬によって歌を歌わされるというイジメが多発した。これを反映し、ゲームを二人でクリアするとカラオケのエンディングが開始される。コンシューマー移植の際はボイスもついた。

第二回メタルスラッグ[編集]

訓練の方法[編集]

第二回は、第一回の成功を受けて戦後に行われたものである。この頃から、人ではないものと戦ったり、宇宙人と戦ったりするなど、良くも悪くもアメリカらしさを前面に出したものへと変化を遂げていくことになる。一部兵士からは「俺達は兵士になったんだ!ハリウッドスターになりに来たんじゃない!」とする声もあった。 軍上層部にはこの訓練は非常に好評で、後に「X作戦」と呼称されるリバイバルが行われた。

基本的な訓練法は第一回とほぼ同じだが、今後増えるであろうと思われる中東などでの戦闘を想定した訓練に始まり、コンピュータ制御されたミイラと戦ったり、機関車上や中華街での戦闘、あげくにはマーズピープルの宇宙船(らしきもの)と戦うなど盛り沢山な内容となっている。新兵にとってはもちろん、ベテランの兵士でもかなり厳しい内容となったが、全ミッション達成時の達成感は他の何物にも変えがたいものとなったと成功者は語っている。

今回はより戦場に近い訓練を目指し一部重火器の見直しや新型機動兵器の使用など多岐にわたる改良を施された。新型機動兵器の中では、小型のVTOL戦闘機の追加(これまた訓練用の特注の品。スラグフライヤーと呼称された)や二足歩行兵器(スラグノイドと呼称された。損傷の際にすぐ機銃が取れるなど安全性・耐久性に問題があり、砲撃を行うと足元が火の海になるなど設計上の欠陥を抱えた失敗作)、さらにラクダにバルカン砲を取り付けるという無茶なコンセプトが取り入れられたキャメルスラッグなどさまざまなものがある。 「X作戦」においては機動性が強化されたメタルスラッグ(TYPE-Rと呼称された)も導入されたものの、生産が追い付かなかったために一部のミッションにしか配備されることはなかった。また今回の訓練より女性兵士の参加が認められている。

使用重火器[編集]

第一回で使用されたものは引き続き使用し、新たに以下のものが追加された。 また、肥満の兵士には通常の兵士よりやや強力な武器が支給される措置も取られている。「X作戦」においては一部重火器の弾薬が大型のものに変更される試みも取り入れられた。

  • レーザーガン

軍内では「L」と呼称される、当時としては最先端の技術で作られた光線銃。レーザーで敵を焼き払うが、すぐに使えなくなるのが欠点。若い兵士たちは派手さから喜んで使用したようだが、熟練兵士には「信頼性の問題」「斜め方向に攻撃しにくい」などと不評もあった。

  • エネミーチェイサー

「X作戦」から追加。加軍内では「C」と呼称される小型誘導ロケット弾。敵を追尾するが、対象が多すぎるとやる気を無くしてどこかへ行ってしまう。新米兵士からは「弾数さえあれば最強の武器」とまでいわれた武器である。

  • アイアンリザード

「X作戦」から追加。通称「鉄トカゲ」。地面を走る自走弾。上方向には当然撃てない厄介な武器でもある。しかし、威力は低くなく、グレネード等同様爆発するため、使い勝手は悪くない。

  • ドロップショット

「X作戦」から追加。スーパーボールのごとく飛び跳ねる爆弾。新兵にとっては扱いにくく、「武器の形をした罠」とまで評された。実際銃火器を溜め込んだ兵士の前に罠の様に出現することもしばしば。

  • スーパーグレネード

「X作戦」から追加された戦車砲を兵士が担いで撃つ無茶な武器。

  • ストーン

「X作戦」から追加された手榴弾に代わる武器。正真正銘ただのデカい石であり、狙って配置されたものではなく参加者がその辺の石を利用したものである。

  • アーマーピアサー

訓練用戦車「メタルスラッグ」専用の徹甲弾。第一回の時に散々皮肉られた数メートルで落下する榴弾への対策として配置された。これでようやくまともな直線軌道を描くようになったものの、メタルスラッグの砲弾が当てられないミッションボスがいることが判明したために急遽榴弾が配置されたミッションが存在した。

またフレイムショットは、硫黄島で効果のあったとされる火炎放射器に変更された。が、やはり火炎放射器で戦車を壊そうとする兵士が続出した。

ミッション[編集]

  • ミッション1「黄砂に吹かれて」
    • 『垂直離着陸大型爆撃機「ザ・キーシⅡ」』(「X作戦」では『万能射程戦闘車 「アイアン・ノカーナ」』が代理で使用された)

中東のイスラム過激派系テロ組織が市街を占領したら、(「X作戦」時にはモーデン軍とテロ組織が手を組んだ)という想定で行われた。このミッションは朝に行われたが、「X作戦」時には夜に行われた(この「X作戦」時の際にUFOを見た、燃える宇宙人を見たという報告がある。調査の結果、後のミッションで使用するロボットを誤って輸送していた事が判明した)。ラクダ型の兵器などが場の雰囲気を醸し出す。括りつけられたバルカン砲は撃ち放題であるにもかかわらず、このラクダの体当たりで途中の壁を壊そうとする無茶な兵士が続出した。 訓練中には様々なトラブルが有り、妨害兵士の乗るトラックに赤ちゃんが乗っていたり(幸いにも銃弾に当たらなかったが、何故か「X作戦」時にも赤ちゃんが紛れ込んでしまった)途中で妨害側の兵士と談笑する者がいるなど、妨害側のアラブ兵に扮した兵士のやる気のなさが問題にされた。特に指揮官は負けたらすぐに逃げたり、あっさりと白旗を掲げたりする。

  • ミッション2「悲しみモニュメント」
    • 『超弩級岩盤掘削機械「アッシ・NERO」』

遺跡内での訓練。ミイラ型のロボット(「X作戦」時にはミイラ犬も)が多数出現し、このミイラロボの煙に当たった兵士はミイラ化してしまい、ペナルティとして重火器の取得が禁止されてしまう。このペナルティは聖水をとることで解除できる。またボスは上に上がりながら戦うので自軍の兵士を苦しめることとなった。後日遺跡の発掘隊から「遺跡の中の貴重な財宝がなくなっているが盗んでないだろうな?」とクレームがあった。また、救出訓練も兼ねて調査隊や発掘隊に扮したエキストラが配置されたものの、彼らを助けずミイラロボの煙に当ててミイラにする兵士が続出した模様。

  • ミッション3 「風のマドリガル」
    • 『広域焦土化脚立戦車 「ドラゴン・ノスケ」』(X時の訓練では『垂直離着陸大型爆撃機「ザ・キーシⅡ」』も参戦)

ドイツの列車砲などをモチーフに考えられた作戦。砂漠を走る貨物列車で進んでいくミッション。シンプルではあるが骨のあるミッションである。ちなみに訓練の開始時刻は妨害側の兵士には教えられておらず、開始時にご飯を炊いていたり、リラックスしている兵士がいた。「ジェットボートに搭乗した妨害側が弾を受けたのにミサイルを撃ち続けていた」というクレームが多数寄せられたものの、「X作戦」においてもこの問題は解決されることはなかった。

  • ミッション4「釜山港に還れ」
    • 『水陸両用殺戮蹂躙車両 「ビッグ・シェイ」』

朝鮮戦争後の社会情勢から、今後中国に攻め入ることも考えられるために行った。実際はチャイナタウンであるが、エキストラとして中国系移民を多く動員したため、まるで本物の中国のような雰囲気を味わえる。ミッション最大の見せ場は「地上戦艦ヤマト」「バイク戦艦」ことビッグ・シェイの撃沈であろう。兵士達はこの戦艦を戦車もしくは生身で破壊しなければならない。自軍側と妨害側双方の攻撃で食品店や住居が破壊されたり、作戦中にレーションをかじりすぎて肥満になる兵士が続出し問題となった。

  • ミッション5「キス・イン・ザ・ダーク」
    • 『隠密行動潜水艦 「穂積」』(X時には共同作戦戦車シューも参戦)

都市・地下鉄・下水道を丸ごとテロリストに乗っ取られたら、という想定で行われた。疾走してくる地下鉄車輌に向かい、新兵にマシンガンを乱射させ(弾薬が尽きた者は拳銃で!)脱線させる、改造人間(という設定の時限式ロボット)の研究所を疾走するなど、無茶なコンセプトが多く取り入れられた。 ミッションボスである潜水艦との戦いは本物の下水道を利用したため、ミッション終了後に下水に飛び込む羽目になった妨害側から多数のクレームが寄せられた。

  • ミッション6「愛をいま、信じていたい」
    • 『反逆軍軍曹「アレン・オニール」』『未確認飛行物体 「ダイマンジ/ラグネーム」』

極地での軍事行動を視野に入れたもの。宇宙からの侵略の阻止を目的にした訓練…らしい。前回倒れる兵士が続出した鬼軍曹との一騎うちが途中で控えている。その後は宇宙人型のロボットが大量に待ち受けており、最後には巨大宇宙船の撃破が課せられる。ここまで来たツワモノの兵士達でも、95%以上の兵士が力尽きるといわれる。宇宙船攻撃にはそれまで二手に分かれていたチームが協力して攻撃するなど、軍事訓練の割には感動的な演出が多い。しかしラスボスを倒したのは名も無い兵士である。ちなみにそのシーンはどこかで見たことがあるような気もするがそれは気のせいである。

第三回メタルスラッグ[編集]

概要・訓練の方法[編集]

第三回は、今までの二回には無かったリアリティを十二分に注ぎ込み、1970年代に実行された。

今回は、NASAの協力もこぎつけて行なわれ、最後のミッションでは地球外へと飛び出すなど、もはや訓練という域を完全に超越したサバイバルゲームへ変貌を遂げた。また、この時はまだ小規模な会社でしかなかったアンブレラ社の協力によって、初めて生物兵器の使用が認められ、戦う相手も昆虫ヤドカリゾンビクラゲカタツムリ、食人植物など人外のものが大半で、これまでのようにひたすら妨害側の兵士と戦い続けることは無くなった(前述した生物兵器に恐れをなして逃げ出した妨害側の兵士が多かったことも理由である)。そのため、「これでは一体何の訓練をやっているのか分からない」などという理由で参加を辞退するものも多かったが、恐れを知らない参加者達は果敢にこの濃い内容のミッションに挑んでいった。なお、今回からミッションの分岐が存在し、自身の裁量に合わせたルート選びも重要となる。

今回は第二回ほどの大規模な改良は無かったものの、新型機動兵器の導入が相次いだ。水中での戦闘もあるため、一人乗りの潜水艦「スラグマリナー」を導入した。このスラグマリナーから発射された弾丸はすぐに勢いを失い、直線軌道を描かないためにションベンバルカンと揶揄された。その他ににバルカン砲を取り付けた無茶苦茶な兵器「エレファントスラッグ」、ダチョウにバルカン砲を取り付けた「オストリッチスラッグ」、ミスタードリラーことホリ・タイゾウ氏開発の「ドリルスラッグ」、更に妨害側専用の機動兵器「レベルアーマー」など、多彩なミッション攻略には不可欠となる兵器を続々と導入し、アメリカの軍事力の高さを見せつける事ともなった。

途中、大量の死者を出すハプニングはあった(ミッション2参照)ものの、おおむね成功であり、アメリカが誇る世界的な軍事力を世界に見せつけた。

使用重火器[編集]

  • 第二回で使用されたものが引き続き使用された。
  • サンダークラウド

人工の雷雲を発生させ、雷で攻撃する変わった武器。命中率は悪いので使用者はほとんどいなかった。

  • モビルサテライト(モォゥビロゥサテライッ)

小型の人工衛星のような物を飛ばし、そこからビームのようなものを飛ばして攻撃する。レーザーガン同様、すぐに使い物にならなくなってしまう。そのサイズにもかかわららず、大型機動兵器の進行を食い止めたという不可解な報告が上がっている。

ミッション[編集]

  • ミッション1「ふたりの愛ランド」
    • 『ヒュージハーミット』

無人島での訓練。海辺からスタートして海中や森林、座礁した船の中を進んでいく、まさにサバイバルなミッション。敵もヤドカリイナゴ、巨大ウツボピラニアなど手つかずの自然で自生した生き物ばかり。撃ち倒すも焼いて食うも兵士しだいである。あるルートでは捕虜役や妨害側がピラニアがぎっしりの川に落ちる事例が続出し問題となった。 一部兵士から「ヤドカリの担いでいたガラクタが火を吹いた」という不可思議な報告が寄せられている。

  • ミッション2「真夜中の彷徨」
    • 『モノアイズ』『モノアイズUFO』

雪男も時々現われるという標高の高い雪山に旅客機が墜落し、その現場にゾンビが出現したという、まるでバイオハザードそのもののような過酷極まるミッション。それもそのはずで、本来ゾンビ役の一般人には、各地から集められた俳優や女優約千人ほどがあてられる予定であったが、アンブレラ社が(当時はまだ開発段階であった)T-ウイルスを散布し、本物のゾンビになってしまったため、結果として軍人・俳優合わせて1100人を超える死者を出す大惨事になってしまった。ただ、妨害側から「ゾンビ化した兵士が銃を使って攻撃してきた」「もの凄い量の血を吐いて攻撃してきた」という目撃情報がある。恐らくはT-ウイルスが開発途上だったため、すんでのところで死亡しなかった者、未知の能力を身につけた者もいたと考察される。一部の兵士はもの凄い量の血を吐いて攻撃する為にわざとゾンビの体液を浴びるといった荒唐無稽な行為も行ったとも言われている。 また、自軍側より「サルがマシンガンを持って協力してきた」、妨害側と捕虜役双方より「洞窟に入ったら雪男に凍らされた」等の不可解な報告が寄せられているが、ゾンビを目撃したことによる混乱であろうと片づけられた。ここのボスを見て「ゾンビと何の関係があるんだ」と思った兵士が少なからずいた。

  • ミッション3「瞳は波濤を超えて」
    • 『ジュピター・キング』

テロリスト達の兵器工場の襲撃を想定したミッション。ぶっ飛んだ内容の多い今回のミッションの中では比較的まとも。妨害側にはベテラン兵士が多数集められ、終盤の挟み撃ち地帯ではライフルでぶん殴られて脱落する兵士が続出した。ここで初めて妨害側の機動兵器が登場したものの、一部の機体がセキュリティミスによって自軍側の兵士に奪い取られてしまうという珍事が発生している。 ここのボスを「ブリキで出来ているのではないか」と思った兵士が少なからずいた。 あるルートを選択した兵士には必ずオストリッチスラッグが支給された。というのも、計画時のミスで人間には飛び越えられない間隔で足場を配置してしまったためである。このため、ダチョウの暴走や兵士のミスでダチョウが失われた場合は新たなダチョウを供給する羽目になった。

  • ミッション4「砂の墓標」
    • 『ソル・デ・ロカ』

砂漠にある遺跡でのミッション。人食い花、ミイラ、旧日本軍(の真似をした兵士)、王蟲のような芋虫など見た目のよくない敵が盛り沢山。どのルートを通っても身も心もボロボロになることうけあいである。見所はなんといっても旧日本兵達の繰り出すなんちゃって零戦であり、ベテラン兵士達にまで「イオージマの悪夢を思い出した」とまで言わせた。またボスの機動兵器ソル・デ・ロカ(南米文明風)は「これなんて弾幕シューティング?」という弾幕を主人公に向かい放ってくる強敵であり、メタスラ至上最大の敵とも言われた。 なお、このミッションでは芋虫やカタツムリなど一部の妨害側から服を溶かされるといったセクハラを受けた女性兵士も居た模様。

  • ミッション5「愛にすべてを」
    • 『反逆軍軍曹「アレン・オニール」』、『二次放出攻撃ヘリ「ハイ・ドゥ」』、『未確認飛行物体「ダイマンジ」「ラグネーム」』、『フェイク・ラスボス』、『ルーツ・マーズ』他多数

星をも飛び出す過去最大級の規模で行なわれる長大ミッション。初回のミッション6を思わせる防衛線への空中からの突入・撃破に始まり、NASAの協力で行なわれる宇宙戦、二回の時と同様にそれまで二手に分かれていたチームが共同で行なわれる宇宙船内での宇宙人との戦いや、自分自身のクローンとの決闘もあり、最後は宇宙人の親玉と戦うなど、過去二回の全要素を盛り込んでおり、軍事訓練であることを忘れさせるような感動的な演出がポイントである。もっとも課せられる側にはたまらない内容だが。 今回のアレン軍曹は一騎打ちではなく、今ミッション冒頭にて第一回目のミッション2に登場した「ヘアバスター・リバーツ」に搭乗し戦闘を行う。ここで落下するアクシデントがあったものの、宇宙船内での戦闘の際にはなぜか訓練を受ける兵士に協して戦っていた。しかし、豆鉄砲程度の攻撃に留めるように上層部から指示されていた(でなければ訓練の意味が無くなってしまうからというのが理由らしい)。また、途中で挿入されるクローンとの戦いはクローン製造機の破壊が勝利条件となっていたのだが、このミッションを終えた兵士より「製造を停止させたはずのクローンが物凄い量の体液を吐いて襲ってきた」という報告が多数寄せられている。上層部はただの勘違いであろうと黙殺している。

第四回メタルスラッグ[編集]

概要・訓練方法[編集]

第四回目は、今までのテロ組織との戦闘を想定した訓練とは違い、今回はサイバーテロを想定した訓練となっている。テロ組織の名称は『アマデウス』となっているため、敵役の兵士も訓練中はアマデウス兵と呼ばれている。

今回の訓練は韓国系の企業が主導権を握った。サイバーテロの訓練ということで、当初はパソコンのプログラムやファイアーウォールの作成と思われたが、実際は今まで同様に拳銃をぶっ放す戦闘訓練と全く変わらない。そのため訓練に参加した兵士の中には、「これのどこがサイバーテロを想定した訓練だよ」という批判も少なからずあったが大半は「パソコンの難しいプログラムの勉強をするかと思ったけど、普通の戦闘ばかりで良かった」という意見が占めている。

今回の訓練では相手が使用する乗り物を奪うことができるようになっている。と言っても奪えるのはあらかじめ定められた特定の乗り物のみで、自軍側の兵士に反応して格納されていたバルカン砲が展開される仕組み。

ちなみに今回の訓練には「家に帰るまでが戦争です」という意味があり、ボスを倒しても無事に基地から脱出しないと、訓練終了後の「豪華料理食べ放題」に参加できなくなる罰がある。

なお、訓練地の安全確認を怠って民間人に被害が及びかけたり(ミッション3参照)第三回以上の死者を出すハプニングがあったり(ミッション4参照)最後の訓練で無事に脱出できなかった兵士が続出したため(ミッション6参照)、今回の訓練は様々な禍根を残してしまい、あまり成功とは言えなかった。その不成功の大半の原因は兵器等の使い回しであると噂されている。

使用重火器[編集]

  • 前回使用されたものが引き続き使用された。
  • ツーマシンガン

2丁のマシンガンを装備した状態。「斜めに撃てないんじゃレーザーと同じだろ」という意見があった。

ミッション[編集]

  • ミッション1「バイク魂は熱く燃ゆ!」
    • 『巨大飛行船「ブラーヴ・ゲリエ」』

街にいる『アマデウス』役の妨害側の兵士と訓練を行い途中、捕虜役の運転するバイクに乗り、高速道路で戦闘を行う。高速道路の下へのルートもある。ちなみに、このミッションの車の配置は、ミッション2を真似て配置したもの。ブラーヴ・ゲリエの使用兵器は第一回のハイ・ドゥの兵器を使いまわしたもの。

  • ミッション2「国境に架った橋の上」
    • 『縦式トーチカ「ダルマーニュ」』

このステージでは前回の訓練で使用されたステージがさりげなく利用されており、同じステージを再利用したのは不評だったがボスの「ダルマーニュ」は破壊のしかたによって攻撃方法が変わってくるため、参加した兵士を苦戦させた。また途中登場したトップガン達はミサイルを訓練兵が乗ったトラックに命中させることなく、兵士のみに命中させるという離れ業をやってのけた。このミッションでは、現場は死の谷(第一回のミッション4の現場)、第一回のミッション2の都市が基。ダルマーニュの本体はモーデン打ち上げシャトルで、最後のキャノンはビッグ・シェイのキャノンを使いまわしている。

  • ミッション3「山は白銀 眠ると死ぬぞ!」
    • 『万能射程戦車改良型「アイアン」』

第三回で登場した雪男と同種が生息する雪山で行われた訓練。周囲には建物や人はいないため訓練に最適と思われたが、訓練開始地点の標高の高い場所に数人の子ども達が雪だるまなどを作って遊んでおり、幸いにも雪だるまから出て来た兵士に驚いて子どもたちは逃げて行き、訓練の流れ弾などで怪我をすることは無かったが、このようなことは決してあってはならないことで、子ども達にここで訓練があり危険だから早く家に帰るように言ったり、訓練の中断をしようとしなかったり、それどころか子ども達が一生懸命作った雪だるまを利用してまで、新兵の妨害をしようとする兵士など、妨害側の兵士のモラルの低さや、訓練場所の安全確認を怠った軍の怠慢(崩してくれといわんばかりに坂の上に積み上げられた丸太の山など)など、様々な問題点が明らかとなった。アイアンはアイアン・ノカーナをベース(というよりか、名前からすると改良前?)にしており、誘導ミサイルはジュピター・キングのものを使いまわしている。

  • ミッション4「リストラの嵐」
    • 『巨大機械人形「ビッグ・ジョン」』

本来このステージでは二つのルートが用意されており、一つは市街地戦を想定したものと、もう一つは第二・三回で出たミイラが登場するルートのはずだったが、市街地戦で何故かアンブレラ社が関係しているのかは不明だが(第四回の訓練にはアンブレラ社は協力していない)、一般市民役の人たちがT−ウイルスに感染してゾンビになり、兵士達に襲いかかってきてしまい、第三回を超える軍人・俳優を合わせて2200人の死者を出す大惨事となってしまった。 ただし妨害側は一部防護服を着ていた者もおり、そもそも最後の巨大兵器がウイルスを散布するという非人道的な攻撃の元凶だったので、元々訓練を妨害しようとする何者かの存在も疑われる。 ここでは、第一回のミッション2の石橋やミッション4の館が使われている。ビッグ・ジョンは頭はジュピター・キング、腕(どちらの腕かは未確認)はドラゴン・ノスケを使いまわしている。

  • ミッション5「行き先不明の船旅」
    • 『潜水艦「シー・デビル」』

コンテナの中に紛れ込み、敵の船に潜入し、内部から敵を倒していく訓練。訓練の最中に海賊が船内に潜入してくるハプニングもあったが、ミッション3・4の時とは違いさほど問題にはならなかった。

  • ミッション6「巨大ロボに乗る事が夢」
    • 『反逆軍軍曹「アレン・オニール」』『マザーコンピューター「アマデウス」』

サイバーテロ組織『アマデウス』の本拠地に侵入して、マザーコンピューターを破壊する訓練。最後の訓練ということもあり、一番長い訓練場でプレイすることになる。毎回恒例のアレン・オニール軍曹は今回はなぜかモーデン氏共々ロボット風のコスプレをしていた。ラスボスはソル・デ・ロカ並の弾幕で攻撃してくるため、脱落者が続出した。さらにボスを撃破後に基地から脱出することまでも訓練に入っており、ボスを撃破後に訓練は終了したと勘違いして逃げ遅れたり、脱出路にある障害物を避けるのに手間取る兵士が多発、逃げ遅れた兵士は爆発に巻き込まれ全員病院送りにされた(奇跡的に死者はいなかった)。しかも酷いことに脱出できなかった兵士には「豪華料理食べ放題」に参加できないという罰がある。まさに「骨折り損のくたびれ儲け」とはこのことである。

第五回メタルスラッグ[編集]

概要・訓練の方法[編集]

第五回は、機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY機動戦士ガンダムSEED機動戦士ガンダムSEED DESTINYを見ていた軍上層部の人間が、「うちも鹵獲とかされたらやばくね?」と言い出し、急遽開催された。そのため妨害側の戦力でもメタルスラッグなどの使用が解禁されているが、なにしろ急な話だったため大量の発注に対しメタルスラッグの生産を行っている工場がパンク、妨害側のメタルスラッグに大量の不良品が出回るという状況になってしまった。

また、妨害側の鹵獲兵器として、最新鋭の戦車、「スラグガンナー(パイルバンカーとバルカン砲を装備した二足歩行兵器。しゃがむことで戦車へのトランスフォームも可能)」の使用が許可されたが、この兵器の整備担当が訓練の開始時間を勘違いしてしまい、使用できない状態で訓練が開始、緊急整備が完了した直後兵士に奪われ、後続の妨害側戦力が本来味方であるはずの最新鋭機に一蹴されてしまうという珍事が発生した。訓練終了後この整備担当の兵士は異例の降格処分を受けている。

今回は訓練実施直前になってから訓練内容が大幅に変更されることになり、それによって使用される予定だったはずの兵器がスクラップにされてしまった。この件については税金の無駄使いだと善良なる市民団体から抗議を受けている。 また、妨害側には変更内容が伝わっておらず、訓練内容に矛盾が生じることとなってしまった。

本訓練中、「下を向いてジャンプしたと思ったらいつの間にかスライディングしていた」という奇妙な現象が続出し、多くの事故死が確認されている。

余談だが、訓練終了後に機動戦士ガンダム00を見た軍上層部が「網膜照合を付ければ大丈夫じゃね?」と訓練したことを根本から覆すようなことを言ったらしい。

使用重火器[編集]

今回の訓練では新規の火器の導入は見送られている。新兵器開発部がさぼったと多くの軍内兵士がみている。

ミッション[編集]

  • ミッション1 『巨大メタルスラッグ』

当時、テロリストが未開発国の原住民過激派と手を組むケースが多く、それにあわせて、古代遺跡での戦闘を念頭にしたミッションが開催された。妨害側最大戦力の巨大メタルスラッグは、先に説明したメタルスラッグの不良品増産に対して、メーカーが詫びとして自社の広告に使っていた特注品を贈呈したものである。余談だが遺跡内部はかなり複雑な作りになっており、あるルートを通って巨大メタルスラッグを見た選手は、「ちょっと待て!俺らが遺跡で倒した強いメタルスラッグはラスボスじゃないのか!!」と文句を言っていた。

  • ミッション2 『巨大爆撃機』

敵軍の兵器生産工場への強襲、を想定して行われたミッション。工場内にはシンドラー社製のエレベーターが設置されており、訓練中に落下するというアクシデントがあった。前述の通り今回の妨害側は不良兵器に苦しまされるケースが多かったが、このミッションで使用された一人乗り航空爆撃装置は、主だったトラブルが発生しておらず、妨害側の皆をほっとさせた。しかしラスボスの巨大爆撃機は部位破壊ができないため選手達を苦戦させた。

  • ミッション3 『ビル強襲用多脚型兵器』

裏で兵器の開発に関わっている敵の都市部のビルを占拠するミッション。通常軍内から出る補給部隊役をビルの住人たちに依頼しており、彼らはめったにない体験にはしゃいでいたが、長年にわたり捕虜役をやっている人達からは「あいつらは遊び半分でやっていて、見てると不愉快だ」と酷評している。

  • ミッション4 『砂地対応型潜地艦』

海底の秘密基地舞台に開催されたミッション。このミッションで使用された砂地対応型潜地艦は、艦全体からの無差別掃射が強力で、多くの兵士を泣かせたが、自分にも攻撃がどう考えても当たっている、という若干間抜けな艦であった。

  • ミッション5 『?』

テロリスト集団の本拠地を攻撃するというミッション。途中の地下鉄で登場したアオゲンシュテルンは好評で、次の訓練でも登場させてほしいという意見が多数寄せられた。ボス級の兵器が用意されなかったため、大魔王が自ら出て敵になるというすごい漢ぶりの作戦をみせた。選手達からは「これなんてRPG?」という意見が多数見られた。

第六回メタルスラッグ[編集]

概要・訓練の方法[編集]

第六回は、第二回と第三回に出てきている宇宙人型ロボットと敵対しているエイリアン型ロボットが居たとしたらという想定の元に行われた訓練。 時期的な系列は第三回と第四回の間となっている。 エイリアン型ロボットは芋虫型ロボットを吐き出す他、回転体当たりで銃弾を弾くなどの芸当を見せている。最も、弾きはするがダメージを受けている辺りまだ完璧ではなかったらしい。 今回の訓練では試験的に最大2種類の特殊武装を持ち歩くことが許可された。余計な武器の上書きが減ったと新兵からは高評価を得ている。これによりぬるくなったとベテラン兵からは不満がそれなりに出ている。他にも、拾ったそばから投げ捨てて拳銃のみで戦う兵も居た。

新米兵士の為に、初期武器を弾数無限のヘビーマシンガンに変更し、強化銃の補給弾数が2倍になった初心者向けの救済措置もある。 しかし、この手助けを受けた場合はミッション5に参加できないというペナルティが課せられた。

今回は男性は4種類、女性は2種類の特別措置の内1種類を選ぶことができる。 その内の一つに接近攻撃で戦車を破壊できるバルカンパンチというものがあり、被弾を1回だけ防ぐのも相まってこれを選ぶ兵士も多かったが、手榴弾や強化銃の補給弾数が半分になるというペナルティもあり、逆に戦車に撥ね飛ばされる兵士も続出した。

今回も多彩なスラッグが数多く出ておりロバにバルカン砲を取りつけた「ドナドナスラッグ」、スラグガンナーのプロトタイプである「プロトガンナー」、第三回で使われたルーツ・マーズをスラッグにした「ルーツマーズスラッグ」なるものが登場。 更には、ミスタードリラーことホリ・タイゾウ氏が新たに開発した地中探索用スラッグの「ミスタースラッグ」などが作られた。 アオゲンシュテルンは出なかったため、登場を待ち望んでいた一部の兵士から不満が出ていた。 この訓練も特に目立ったアクシデントは無く、成功に終わったといえる。

使用重火器[編集]

  • 今まで使われてきたものを引き続き使用。
  • ザンテツソード

近接武器に装着する今までに無かった近接戦闘用兵器。愛称は「Z」。 近接武器から衝撃波を発し、弾丸を斬ったり戦車などの近接攻撃が通用しない相手にもダメージを与えることができる。 左右にしか出せない上に装着している間は銃を使えないのでかねがね不評であった。

ミッション[編集]

  • ミッション1 『採掘車両』

緑生い茂る平原と山岳に作られた採掘場で行われた訓練。 付近の村の中心にTNTの入った樽を放置するというハプニングが発生したが、幸い村に被害は出なかった。 橋の上ではR.Rショーブが待ち構えており、空中にばかり気を取られて川に落ちる兵士が続出した。 途中反逆軍の多脚式巨大貨物車両が現れ、貨物を破壊しようとする兵士が数多く出たが、全て破壊した兵士はほんのわずか。その兵士には特別手当てとして大量の貨幣が渡されたらしい。 山岳は険しい道が多く、落下する兵士も少なくは無かった。 採掘場では妨害側の兵士が大量にやってくる場所があり、そこで敵兵を投げまくってかなりの成績を残した兵士がいたらしい。 ここのボスは今までの訓練で最弱のボスなんじゃないかと兵士によく言われている。

  • ミッション2 『ミサイル装甲戦車』

湖の上に立てられた村とその付近の森で行われた訓練。 妨害側の兵士は村の暴徒と言う設定で、いつもの軍服ではなくなっている。 ここでも足を滑らせて湖に落ちる兵士が続出した。 ここで宇宙人型ロボやUFO型兵器が出現し、一部の兵士は「もうきたのか!はやい!きた!宇宙人きた!」と口走ったらしい。 吊り橋付近でたたずんでいるロバをスラッグだと思わずに乗らなかった兵士が少なからず出ている。その兵士はその先にある家型の砲台の意味が分からなかった。 ちなみにこの家型の砲台はスラッグと連結できる主砲だということが訓練後に知らされた。 ボスは下り坂を爆走しながら戦うため、破壊する前に下り坂が終わるんじゃないかという心配が出ていたが、別にそんなことは無かったらしい。 砲台を破壊した後に撃ちだされる巨大ミサイルに度肝を抜かれた兵士が結構出ている。

  • ミッション3 『エイリアン型巨大ロボット』

ここから敵役が兵士からエイリアン型ロボットに変更される。 中華街らしき場所で行われた訓練。 兵士系統のほかに戦車系統のエイリアン型ロボットもいるが、その戦車型エイリアンロボットの愛称はもっぱら「蟹」である。 兵士に寄生するロボットも出ているが、訓練者はこれを食らってもミスになる。 料理でも作るつもりなのか、鶏を捌こうとしているサボり兵がいるが、大体寄生エイリアン型ロボットに寄生されてしまう。死にはしないが勘弁してほしいとの事。 下水道の先にはエイリアン型ロボットの大群が回転しながら突っ込んでくる場面があり、ここでやられた兵士はかなり多い。しかし、ベテラン兵はバルカンパンチで逆に一掃していた。 ここのボスである巨大ロボットは強敵であり、プロトガンナーがパイロット剥き出しなのもあり、戦車乗降を駆使しないと倒せない兵士が続出した。 もっとも、プロトガンナーすら使わずに倒す兵も居るのだが。 下水からバスを取り出す攻撃について、どこからバスをという突っ込みが多々あったらしい。

  • ミッション4 『海のUMA』

ボロボロの橋を経由し、エイリアン型ロボットとの空中戦を経て船の上に移動する訓練。 空中戦では航空爆撃装置かルーツマーズスラッグを使用して戦うのだが、「これなんてSTG?」という意見が絶えなかった。 ちなみに、ルーツマーズスラッグは航空爆撃機と違って自分の居る位置を操作するという変わったスラッグである。 ルーツマーズスラッグを選ぶとボスと生身で戦うことになるので、新兵はボスに苦しめられていた。 ボスは巨大な蛇らしきエイリアン型のロボットであり、航空爆撃機を使っているとやはりSTG風味である。

  • ミッション5 『侵略者の王』『ドッペルゲンガー』

エイリアンの基地に攻め込むという形を取った訓練。 ミッション2まで敵役だった兵士達との共同作戦で行われた。 エイリアン型ロボットの種類も増え、飛行して押しつぶそうとしたり3段階の高さに分けて射撃をする戦車タイプなどのエイリアンロボが出現。 地中を掘り抜いた後の空間では補給部隊が宇宙人型ロボットの役目になっている。 この空間に出る青い小型の4足エイリアン型ロボットは小型の癖に堅く、ほとんどの兵士が相手にしたくないと答えている。 ドッペルゲンガーは寄生型エイリアンロボットに寄生されたベテラン兵を起用している。大体ザンテツソードの連発で速攻されてしまうが。 ボスは巨大なエイリアン型ロボット。最初は胎児のような体系を取っている。 破壊とほぼ同時に遅れてやってきた新兵達は訓練終了と思い込んで喜ぶが、閃光でダウンさせられてしまう。 その姿に「これなんて巨神兵?」という意見が絶えなかったらしい。 最後は地下深くに落ち、大爆発を起こし、訓練を受けた兵士は落下するが、モーデン大佐のナイスタイミングによる救出で事無きを得る。人によってはルーツマーズスラッグが助けに来たとの事。

第七回メタルスラッグ[編集]

概要・訓練の方法[編集]

第七回は、もし未来の敵軍と現在の敵軍が組んだらどうなるかという想定の元に行われた。 今回はコロコロと場所を変えず、スクラップになった兵器等が散乱する島で全てのミッションが行われる。 全7回と、過去最長の訓練である。 未来っぽさを出すために、未来兵役をする妨害側の兵士は青い軍服と変な角が生えたヘルメットを身に着け、最新鋭の技術で開発された光学兵器を使用することになった。 兵器に関しても青くリペイントされ、撃ち出す砲弾も実弾からビーム弾に換装されている。 地雷はドロップショットを模した爆弾になり、それを見た兵士は「なんで妨害側のドロップショットはあんなに強いんだ」と良く話題になった。

第六回から引き続き、6種類の特別措置から1種類を選べる。XX作戦では新たに女性用の特別措置が1つ追加された。 最大2種類の強化銃を持ち歩くことも引き続き許可されている。 新米兵士向けのビギナーモードに続き、歯ごたえを求めるベテラン兵向けにハードモードも実施された。 また、アドバンスより引き続き捕虜のリストアップが採用されている。

久しぶりに人間対人間の純粋な紅白戦だったため人気を博し、XX作戦としてリバイバルも行われた。 1人でしか訓練が受けられないと不満が数多く出ていた為、XX作戦では2人で訓練を受けられるようになった。

今回もバラエティに富んだスラッグが開発されており、今回はトロッコ型の「スラグトロッコ」、第三回で使われたレベルアーマーを改造した「ヘビーアーマー」、そしてルーツマーズスラッグに次いで2番目に大きい「スラグギガント」なるものが開発された。

使用重火器[編集]

今まで使われてきたものに加え、新武器が1つ追加された。

  • サンダーショット

「レーザーガンに追尾性能を付けたらどうだろうか」その一言がきっかけで開発された。 しかし急な開発だったため、その存在は訓練開始までに知らされなかった。 低電圧の電流を放出する武器で、エネミーチェイサーの如く敵役に向かって飛んでいく。 しかし、エネミーチェイサーより弾数が少なく威力もレーザーガン並に低いため、あまり使われなかった。 一応、敵兵に遮られないという長所を持っている。

ミッション[編集]

  • ミッション1 『ゲソ型メカ』

島の入り口と廃棄された工場で行われた。 至る所に妨害側用の固定砲台が設置されているが、急ごしらえで製作された物なので不発することがあり、これに関しては今後の課題となった。 途中スクラップが落ちてくる場面があり、多数の兵士が負傷したが幸いにも死人は出なかった。 ボスはゲソというには程遠く、ほんとは蛇なんじゃないかという噂で持ちきりになった。 先端のドリルの他に、胴体部分には固定砲台や兵士が中に入っているが、やたらと回るため目を回す兵士が続出。 中に入っていたモーデンも気分が悪くなったようだ。

  • ミッション2 『四脚式大型ロボット』

エレベーターを使って工場内を進んでいき、物資を運んでいたと思われる線路を通る訓練。 前回に引き続き大量の妨害兵が現れる場面があり、ここでも妨害側の兵士を投げ飛ばしまくって高成績を残した兵士がいたとの事。 線路では土砂や爆弾を積んだトロッコが配備されている。 スラグトロッコが配備されており、その先にはスラグトロッコに連結する主砲付きトロッコが点在する。 しかし、主砲付きトロッコは銃弾の1発でも喰らうと壊れてしまうという耐久性の不備が確認された。しかし、上層部はこれを逆に利用してボスを倒した時に残っていた主砲付きトロッコの数に応じて成績のボーナスを付けるという緊急特別訓練を実施した。 ボスは線路とは別のラインにいる為、トロッコのバルカン砲は手以外の場所に当てられない。主砲付きトロッコが無くなった兵士の為に、下の線路を通るミサイルを積んだトロッコを攻撃して発射することでボスを攻撃出来るようにされている。 ボスからの攻撃は上部から発射されるミサイルと岩石をぶつけるだけのシンプルなものである。

  • ミッション3 『四脚式大型ロボット』

線路の先にあるリフトに乗って、工場を出る訓練。 リフトにはレーザーを射出する小型メカが張り付くことがあり、足元確認を怠って脱落する兵士が続出した。 巨大なボールから逃げる場面があるが、この時のルートに虫の巣があり破壊に手間取って脱落する兵士も続出した。事前に視察した時には巣が無かったらしい。 ボスはミッション2の時と同じ物だが、脚部と上部で分離して攻撃を仕掛けてくる。この時脚部にはキャノン砲が搭載される。 ボス戦で配備されるヘビーアーマーはレベルアーマーと似ているが、上部にキャノン砲が取り付けられており、腕の副砲は他のスラッグ同様のバルカン砲に変わっている。他のスラッグより降りるときに時間がかかるのが難点である。

  • ミッション4 『滝壷の魔物・スクワーター』

工場を出たところにある滝が流れる山岳を通る訓練。 滝周辺には人食い虫物がはびこっており、大型の人食い植物も確認された。 途中幅の広い穴がある場所があり、普通のジャンプ力では飛び越えられないため、新しい二脚兵器が投入された。ジャンプ力が上がり、確実に飛び越えられるが、攻撃を受けるとバルカン砲が取れたり砲撃で足元が火の海になる欠陥はそのままであった。 ボスはアッシ・NEROをリスペクトし、滝を登りながら戦うことになる。 あまりにもドロップショットが使われない為、ここでドロップショットが配給される。 意外や意外、このボスにはドロップショットが非常に有効だった。 しかし、ここ以外ではやっぱり役立たず。

  • ミッション5 『分離式戦車』

滝の上にある遺跡を改造した基地を進んでゆく訓練。 非常に高低差があり、全兵にパラシュートの着用義務が命じられた。 ボスは3部分に分かれる戦車であり高速で爆走するため、乗っかっていないとたちまち置いて行かれてしまう。

  • ミッション6 『アレン・オニール軍曹withスラグギガント』

基地を抜けた先にある雪山で行われた。 雪山の中腹から妨害側の兵士が未来兵役になる。「盾が全方位バリアになった事ぐらいしか変わらないじゃないか」という意見が多数寄せられた。 雪山を登る最中ソリが滑ってくるが、このソリに撥ね飛ばされる兵士が結構出た。 山頂にスラグギガントがコクピットだけを出して埋まっている。 乗り降りやメタスラアタックは出来ないが、耐久力は他のスラッグの2倍もあり、腕で敵の銃弾も防いだりと防御力は全スラッグ中最高。 アレン軍曹も同型のスラッグに乗っており、その光景に「これなんてロボット大戦?」という兵士が多く出た。

  • ミッション7 『タイムゲート』『蛸型メカ』

雪山を抜けた先にある基地を進んでいく訓練。 実はここで島を1週しており、基地の先はミッション1の廃棄工場に出る。 爆弾や爆弾と見せかけたビットを射出するメカなどが妨害側に配備された。 ここでもスクラップが落下し、多くの兵士が負傷した。幸い今回も死人は出なかった。 タイムゲートは光弾のほかに、未来兵や未来兵器をゲート内から射出する。 破壊後ゲートが暴走してモーデン氏を吸い込んでしまったが、その後の様子から別になんとも無かったらしい。 タイムゲート破壊後、妨害側も青の軍服からいつもの緑に戻り、兵器もいつもの実弾兵器に戻された。 蛸型メカはミッション1のゲソ型メカの本体であり、ゲソ型メカを全て破壊された後は本体が岩石や巨大砲弾などによる攻撃を仕掛けてくる。 足場の下は溶岩に見えるが、実はただ赤く着色した熱湯。


メタルスラッグ(アドバンス作戦)[編集]

概要・訓練の方法[編集]

第五回と第六回の間に発案された。抜き打ち的な意味を持たせる為に正規のナンバーにはカウントされていない。 「もしも自国の無人島に敵軍が潜入していたらどうなるか」という想定の元に行われた。通称は「アドバンス作戦」。 長らく新兵の訓練場として使われてきた無人島をそのまま利用しており、前述のように抜き打ち的な意味があったことから、訓練の対象者はメタルスラッグだとは知らされておらず、単なる無人島での訓練だと思い込んでいた。

新兵のみをターゲットにした訓練である為、最初から付加されている特別措置として体力制が実施されている。 また今回のみ、入手したカードによって様々な特別措置が受けられる制度が設けられていた。 カードは正規の訓練とは別に用意されたダンジョンで集める必要があるが、メタルスラッグを他の機動兵器に交換したり、武器の威力を高めることが可能である。 また、捕虜のリストが用意され、茂みや砂袋、ダクトの中にほっとかれる等の理由による行方不明者を減らす試みが行われた。

使用重火器[編集]

第五回のものを引き続き使用した。予算をケチったとみられている。

ミッション[編集]

  • ミッション1『ファウォール』

遺跡を抜け平地へと出る訓練。 ボスは自軍側で使用されたメタルスラッグの大型機であるが、なんとなく第五回メタルスラッグのミッション1のボスに似ている。

  • ミッション2『エヴィン・ヴッハ』

ルート分岐が存在し、鉱山の中を抜けるか山地に作られた足場を抜けるかを選択できる。足場を抜けることを選択した場合、旧日本兵のコスプレをした妨害側に出くわすことになる。 ボスは二機存在し、なんとなく第二回メタルスラッグのミッション4のボスに似ている上、よく見ると本体は同兵器のキャタピラ部の再利用であった。

  • ミッション3『カラドボルグ』

アレン・オニール軍曹の代わりとして彼の息子が登場し、いきなり自軍兵士を遺跡内へ落とすところから始まる。 中には第五回メタルスラッグで登場した原住民に紛する妨害側や毒ガス発生装置などが待ち受けており、自軍兵士を苦しめた。 ボスは列車砲であるが、なんとなくどころじゃなく第一回メタルスラッグのミッション3のボスに似ている。

  • ミッション4『ザ・キーシⅢ』

海岸を抜け、そのまま訓練施設、工場を通る訓練。 工場の屋上で戦うことになるボスは、なんとなく第二回メタルスラッグのミッション1のボスに似ているというか、局地用に改造された後継機のようだ。

  • ミッション5『カブラカン』『アレンJr.』

第三回メタルスラッグをリスペクトしたかのような空中戦に始まり、妨害側の基地や司令部へと様々なルートで潜入していく。 毎回のお約束となっているアレン軍曹との一騎打ちは彼のスケジュールの都合からお流れとなり、代わりに彼の息子が一騎打ちに登場する。 しかし、彼を無視してそのまま最後のボスへと進む兵士も多くいたようである。 ボスは地震兵器という名目であるが、地震を起こす兵器にレーザーは必要なのか、と首を捻った兵士もいた。

メタルスラッグ(3D)[編集]

概要・訓練の方法[編集]

第六回と第七回の間に行われたメタルスラッグ。 近年のメタルスラッグで多かった人外な連中との戦闘はほぼ無く、人対人の戦闘を中心に据えた訓練となった。 訓練を受けた兵士の評価はそれなりに好評であったが、「これはメタルスラッグではない」と参加を辞退する兵士も多かったらしい。

ミッション数はメタルスラッグ中最多となる11であるが、大型機動兵器もしくは巨大生物を倒すミッションだけを抜き出すとそれまでと同程度の5つとなる。 訓練に一貫性を持たせるため、これまでどおり参加したアレン軍曹やモーデン大佐、さらに民間の武器会社よりエキストラで参加したオグマ氏などの妨害側があらかじめ打ち合わせを行い、ミッションをクリアした兵士達の前でちょっとした芝居を見せた。 それにアドリブで応え、感動的なストーリーを作り上げるチームもいたようである。このストーリーは後にゲーム化される際に採用された。

これまでのメタルスラッグとは似て非なる全く新しい訓練であるため、体力制の付加、さらに全ての武器を同時に持ち歩くことが許可された。 しかし、慣れない新兵達の中には、敵が近くにいる際に反射的にナイフを抜くことが出来ない、武器の持ち替えに手間取る等の理由による脱落者が多かったようである。 また、機動兵器を好きなように改造する兵士が続出し、主砲をパイルバンカー砲に交換したり、工場から勝手に持ち出したスラグガンナーのパーツを取り付けるなど様々な改造が行われた。

使用重火器[編集]

第六回まで使用されたものを引き続き使用したが、ドロップショットのみ削除された。 また、ツーマシンガンはダブルマシンガンと名称が変更されている。

  • スナイパーライフル

相手をロックオンして狙撃する武器。隠れて妨害側を倒すのに役に立つが、「普通に撃った方が早い」と突っ込んでいく兵士も多かった。

ミッション[編集]

  • ミッション1

テロリストが山奥の村に潜んでいたらという想定で行われた。大型の機動兵器は存在せず、単純に妨害側を殲滅することが訓練の終了条件である。

  • ミッション2

今度はテロリストが高速道路を占拠したという想定で行われた。与えられた機動兵器を使用し、トンネルまでにいる妨害側を殲滅することが訓練の終了条件である。

  • ミッション3

砂漠の町にテロリストの拠点があったらという想定で行われた。 一定範囲の妨害側を殲滅することで自軍側の機動兵器が投下され、それを使用しつつ妨害側の基地を破壊するのが訓練の終了条件である。

  • ミッション4

テロリストの補給拠点となっている鉱山へ潜入する訓練。 やっと登場した大型機動兵器は八本足の蜘蛛型メカで、とんでもない弾幕で新兵達を苦しめた。

  • ミッション5

未知の遺跡からの脱出、さらにテロリスト達の攻撃をかいくぐって昭和臭漂うミサイル兵器を停止させることが目的となる。 遺跡ということで恒例のミイラが登場するかと思った参加者達の前に現れたのは、ロボット制御された土人形であった。

  • ミッション6

スラグフライヤーに乗り込み、谷を越え、敵の本拠地と設定された地点を目指す。 ここではあのビッグ・シェイを髣髴とさせる、砂漠を突っ走る大型戦艦との戦闘が最後を飾った。

  • ミッション7

テロリストの指導者のいる本拠地へ潜入、敵を殲滅する訓練。 最後に登場した大型機動兵器を見て「ハウルの動く城じゃないか」と思った兵士が数多くいた。

  • ミッション8

スラグマリナーに乗り込み、極地の海を一定地点まで突破する訓練。 ションベンバルカンと揶揄された独特な軌道を描くバルカン砲は、技術の進歩により直線的な軌道で当てられるようになった。 いつもどおり妨害側の小型潜水艦が登場したほか、第三回で登場した巨大ウツボがボスとして起用された。

  • ミッション9

極地に存在するテロリストの秘密基地を叩く訓練。 基地の内部に潜入できた兵士達は妨害側の2トップ、モーデン大佐とオグマ氏の小芝居に付き合わされる羽目になった。 小芝居の後にはアレン軍曹との一騎打ちが待ち構えており、彼に勝利すればこの訓練は終了である。

  • ミッション10

開始前にまたもやオグマ氏の小芝居が入る。その中二病じみた内容に呆れ顔になる兵士達もいたようである。 訓練内容はテロリストの潜む塔を叩くというもので、タチコマもどきやオグマ氏のボディガードの妨害をかいくぐりながら頂上に辿り着くと訓練終了である。

  • ミッション11

今回は建造物の突破などはなく、テロリスト達の大型機動兵器を破壊することのみが目的である。 よせばいいのにアンブレラ社の協力をまたもや仰ぎ、兵士達は機動兵器の後に巨大な肉塊となった生物兵器を破壊する羽目になった。 ここでオグマ氏が暴走した生物兵器に捕まるというアクシデントが生じたが、その後の様子から別になんともなかったらしい。

メタルスラッグ(ディフェンス)[編集]

概要・訓練の方法[編集]

従来のような大規模訓練ではなく、兵士個人個人がVR空間で行う小規模仮想訓練の総評である。 3D作戦を除いた今までのメタルスラッグで使用された人物や兵器の中から最大10種類を選び(これはデッキと呼ばれている)、相手側の基地を破壊するのが目的。 対戦機能も実装されており、勝利を重ねると仮想空間内で使える通貨が貰える為か、よく兵士達が競い合っているのが見られる。 入り浸り過ぎないように『出撃P』と称された数値があり、これが攻撃対象の要求数値より多くないとプレイ出来ない、俗に言う『スタミナ制』を導入している。 随時データベースは更新されており、様々な兵器や人物が登録されているが、使える様にするには仮想通貨が必要な物が多いので、現実のお金を仮想通貨に両替する兵士が多発している模様。

最近ではKOFの参加者達のデータを採り、彼らを再現したデータも追加されている。

逸話[編集]

  • 自軍の兵士側のマスコットキャラクターとしてポスターには二人の兵士が描かれた。彼らの愛称はマルコとターマである。マルコは当時イタリア系移民が合衆国に忠誠心を見せるために数多く入隊していた事に由来する。噂であり余談であるが、マルコとターマの愛称の由来は「ちびまる子ちゃん」のまる子とたまちゃんだと思われるが、真偽は確かではない。
  • 第二回メタルスラッグ開催の際、さらに女性のマスコットキャラクターも描かれた。彼女たちの愛称はエリとフィオである。その後も上層部がハマったゲームからのキャラクターがマスコットキャラクターに採用されたりしている。
  • 激しい訓練で体力を消費したためか、訓練中にサンドイッチを食べている女性兵士が目撃されている。
  • 訓練地の多くはジャングル内部など暑い場所であったため、補給担当の捕虜役はパンツ一丁でだらけていた。
  • 一部の兵士は「捕虜役にかめはめ波を放つサイヤ人がいる」「捕虜と思ったら旋風脚で蹴り飛ばされた」と語っている。
  • 訓練は激しいものであったため、一部の兵士からは「戦車が飛び跳ねていた」と述べていた。
  • 訓練のルール上、戦車乗降中は攻撃してはならないとされた。このため、戦車乗降を繰り返す新兵が続出した。
  • 訓練のルール上、兵士達は地面に足をつけたままで下に射撃してはならないとされた。このため、兵士達は下から迫る妨害側にジャンプしながら弾を撃たされる羽目となった。
  • 訓練であるため、攻撃を受けて脱落した際、一定金額を支払えばそこから復帰することが許可されていた。復帰者には特別措置としてヘビーマシンガンが配給された。
  • 訓練を完遂した兵士によれば「一に射撃、二に射撃、三四がなくて五に射撃」といわれる。事実、遠距離から拳銃を連射して敵を一掃してから進んだ兵士がもっとも安全に訓練を行えた。
  • ただしベテラン兵士たちの中には通称スコアラーと呼ばれるナイフで切りにいく戦法を好むものもいた。
  • あまりに厳しすぎる訓練のために、訓練終了の「機動兵器破壊」の確認がされ次第、狂ったようにバカ笑いする兵士が続出した。
  • 戦後、SNKとナスカ社の手により、コンピューターゲームとして再現された。ただしドット絵の戦場描写にこだわりすぎたため、第一回版の完成は1996年となっている。
  • 韓国軍でも正規の訓練に取り入れられている。
  • 自衛隊では戦国自衛隊がこれにあたる。仮想敵国の人海戦術に対抗すべく取り入れられたもので、漫画や映画で一般に訓練模様が公開された。
  • メタルスラッグに参加した兵の錬度を保つため、美人教官を採用したコンバットスクールが開校された。第三回以降は閉校となったが、人員確保が困難になった第六回において再び再開された。その効果は絶大で、二等兵から元帥に成り上がった者もいる。この俺もソフィア教官とメイク・ラブするために元帥になったひとりさ。
  • メタルギア』や『魂斗羅』は、いわゆるこれのコナミ版にあたる。
    • 前者は文字通り、歩行するメタルギアを敵国から奪い搭乗しなだれ込む。
    • 後者は特に野戦に長ける戦士を投入し、やはりエイリアンと戦う。

関連事項[編集]

  • SNK
  • アメリカ
  • 『怒』シリーズ - 空から見る軍事演習で、先輩のラルフとクラークが勲章を得ている。