メイド・イン・ジャパン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
メイド・イン・ジャパン株式会社
種類 株式会社(非上場)
本社所在地 143-0013
東京都大田区大森南3丁目11番10号
設立 1921年3月13日
業種 製造業・飲食業
事業内容 電気製品・玩具等の開発・製造・販売および特殊飲食業
資本金 65兆2300億円
売上高 非公開
従業員数 2000000人(連結)
決算期 3月
主要株主 非公開
関係する人物 松下幸之助井深大

メイド・イン・ジャパン株式会社は日本全国に生産拠点を持ち、電気製品等の生産・販売を行う日本最大の企業

ブランド力[編集]

自社ブランドとしてMADE IN JAPANを展開しており、諸外国にもこの製品の強力なブランド力は広く知れ渡っている。ソニー松下電器産業東芝等に名義を供与し、また同社の技術指導を行いメイド・イン・ジャパンブランドを確立することに成功した。

かつては、特に電気製品の分野で強いリーダーシップを取っていたが、1980年代ころからMADE IN KOREAブランドに、後にMADE IN TAIWANブランドに押され気味となっていた。近年では新たなブランドであるMADE IN CHINAブランドが家電業界や玩具業界を席巻しており、メイド・イン・ジャパン社は苦しい戦いを強いられている。しかしMADE IN JAPANのブランドはとても丈夫なものが多いので、撤退することはない。

このため、近年ではさらなる経営の多角化・ブランド力の強化を目指し、電気街といわれる秋葉原の自社遊休施設を利用して飲食業にも乗りだし、日本美少女アニメを源流とした「萌え系」ウエイトレスが接客するメイド喫茶業態を開発したところ、業績が好調であり、以後は日本全国にメイド喫茶を展開。また一部では宿泊業(既に撤退した)や整体業にも乗り出すなど新規事業分野も次々に開拓し、新たなメイド・イン・ジャパンブランドの確立に貢献している。

沿革[編集]

設立の時期に付いては諸説あるが早ければ紀元前660年、遅くても200年代と思われる。またこの期間中に企業としての体制を整えたと考えることもできる。当時から貿易事業では国内最大の独占企業であった。また、設立からしばらくの間は複数の名称を使用しており、倭、日本、扶桑、大和などがあった。この頃は国内が主な市場であり輸出はごく僅かに止まっていた。室町幕府の将軍の足利義満が代表取締役となり、明と取引していた時期もある。 その後は徐々に品質、技術を向上させ国内でのシェアを高めていった。 鎖国後は、代表取締役は徳川将軍が代々務めることになった。1650年頃からは磁器の輸出を本格的に開始した。これは競合していた唐渡り社の磁器輸出が減少したことにより、ヨーロッパ方面からの注文が回ってきた為である。しかし、1700代初頭からは政府の政策の問題や唐渡り社の輸出が増加したため1800年以前には本格的な輸出は終了することとなる。 1800年代には浮世絵を大量に輸出し、これがフランスの絵画運動である印象派を生むことになった。 江戸時代末期の大政奉還により同社の経営権は、徳川慶喜から明治天皇に委譲された。明治時代からは絹の生産に力を入れ生産設備の近代化を行い、主要な輸出品となった。また陶磁器の輸出に再び力を入れだした。日清戦争後は重工業、機械工業へのシフトを図ったが国内市場が中心であり、輸出の中心となるのは第二次世界大戦後である。 戦後はトヨタソニーホンダなど輸出企業すべてに資本出資しOEMさせ、それをメイド・イン・ジャパンブランドで輸出した。しかしなぜかOEM元の企業ロゴが目立つ表に表示し、メイド・イン・ジャパンのロゴは目立たない裏側などに表示されている。メイド・イン・コリアやメイド・イン・チャイナなど全世界の企業も同じ方式ゆえに同グループなのでは、とも噂がされている。が、誰も気にしない

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

戦後まもない頃の同社の製品(全部OEM品)の品質は劣悪のであり、粗悪品の代名詞として国際的に認知されていた。映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」では、現在と過去のメイド・イン・ジャパン社製ブランドのギャップがギャクとして採用されている。 最近ではスポーツ選手の輸出も行っている。ICHIROOKAJIMAが高性能であったため、数多くの選手が高値で輸出されるが、IGAWAFUKUMORIなど不良品である場合も多くなっているので、メイド・イン・ジャパン社製のスポーツ選手バブルはそろそろ終わるのではないかという声もアメリカ国内では少なくなくっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本株式会社への挑戦状―メイド イン ジャパンの強さは本物か (ISBN 4526015806 1983.1 James A.Cunningham)


この項目「メイド・イン・ジャパン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)