メアリー・ケイ・ルトーノー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「メアリー・ケイ・ルトーノー」の項目を執筆しています。

メアリー・ケイ・ルトーノー(Mary Kay Letourneau)とはアメリカ合衆国の小説(元々は「禁じられた愛」という名前の小説だったが、現在は様々に呼ばれている)の主人公である。小学生との愛に溺れた30代の女性の愛の逃避行を描いた小説。なお、この小説は当時アメリカでは何故かニュース速報で流されていた超有名な作品である。

本の制作[編集]

  • これはあくまで小説です
  • 何者かの独断と偏見により、ストーリーは企画段階の状況から大幅に改変された。まあ、白雪姫なんかも本当は残酷物語だって言うし、いいんじゃないかな?とのことらしい。
  • 「禁じられた愛」の原案の企画者はメアリー・ケイ・ルトーノーである。だが、後に改変されまくったため、そのネームでない場合がある。

小説のストーリー[編集]

彼女は生まれながらにしてお嬢様であった。そして彼女は自宅で軟禁されているような生活を強いられていた。彼女は誰からも望まれない世界で、一人ぼっちで孤独に生きてきた。自分の心など誰も理解されない世界で彼女は生き続けていた。

そして、望まない相手と結婚し、男に犯され4人の子供を生んだ。何も彼女は叶えられない。そんな中、彼女は小学2年生の少年と出会った。「どうしてせんせいはないているの?」。幼い声で彼は語りかけた。「何でもないから。先生は。本当に何でもない・・・」。少年はそんな先生に優しく語りかけた。「じゃあ、ぼくがせんせいとけっこんしてまもるよ」。先生はそんな彼を優しく抱きしめた。愛という名の幻想を、この子となら紡げると、そう信じていた。

彼女は少年と優しく過ごした。その後、少年が小学6年生となった1996年の夏に彼とセックスをして、妊娠した。少年は大量のラブレターを彼女に送った。しかし、夫はもちろんこれに激怒した。1997年2月に夫は彼女を告発した。その後、彼女は少年と海外逃亡を試み逃亡劇を始める。「二人でどこか遠いところで結ばれよう。ここじゃ誰も許してくれないから」。

だが、1998年2月3日、彼女は遂に捕らえられた。「僕らは愛し合っているんだ。離せ」と少年は叫んだが、誰も少年の言葉には耳を傾けなかった。だが、1998年3月に彼女は再び妊娠していることがわかり、10月16日に再び娘が生まれた。

彼女は夫と離婚し、彼女の父も死去した。もはや彼女には何も残されてはいなかった。唯一つ少年との愛だけが心の支えだった。しかし、少年とは離れてすごさなくてはならなかった。そんなうちに徐々に少年の心は離れていった。数年後には少年の心は既に彼女のところには無かった。

少年は既に他の彼女を作っていた。彼女は泣きながら懇願した。「どうして私を捨てるの?」「私を置いていかないで」。少年は「俺は今でも彼女の事を愛しているのか」と悩んだ。少年は悩んだ末、交際していた少女に言う「ごめん、俺はやっぱり彼女の事が好きだ」。少女は泣き崩れた。2005年5月20日、彼女と少年は結婚した。夫からも、マスコミからも、周りからも、誰にも分かってはもらえなかったが、彼女は幸せだった・・・。


この項目「メアリー・ケイ・ルトーノー」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)