ムスカリ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
M.Levistone

ムスカリ(Muskari)とは、ユリ科ムスカリ属の植物の総称。狭義には学名 M.Levistone のみを指す。青酸カリの親戚ではない。また、ムスカロリという名前でもない。ブドウヒアシンスという別名を持っていたが、訳あってそれは死語となっている。

名の由来[編集]

ムスカリはロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ(Romuska Palo Ur Laputa ムスカ)により発見された。ムスカは軍務に身を置く傍ら、青く可憐な花房を付けるこの植物に魅了され研究を続けた。やがてこの花に関する文書から特殊な鉱物の存在を知る。大佐に昇進してからは特務機関の指揮と海賊退治などで多忙となり、この植物に関する論文を記すことができなくなった。晩年のムスカは植物を憎み、「焼き払えっ!」と口走るなど、重度の心的な障害を負っていたと言われている。ムスカは論文を発表する前に職務中の事故で行方不明となったが、その論文は日本人研究者に引き継がれ、彼の名とユリの名を掛け合わせムスカリと命名された。

花の特徴[編集]

花は希少な鉱物レヴィストーンに似る。淡い光を放ち物体を浮遊させる力を持つことが観察され、空気に触れるとその力は弱まると言われているが、ムスカの大佐時代の研究論文は失われており、その詳細は分かっていない。また、ムスカリ属の一部は園芸植物としてよく栽培され、各地の公園などでごく普通に見られていたが、その行為は偉大なムスカ大佐を愚弄する行為として、最近では希少品種となっている。その他、「守りの言葉」や「滅びの言葉」で本当の能力を発起するという(焼け残ったムスカ大佐の研究論文より)。

ムスカリはとても高尚な植物であるために虫さえ恐れをなし、病虫害もあまりない。また、ムスカリの花蜜は、ステロイド・バルス療法に使う特効薬にも使われるが、貴重なためにあまり世に出回らない。

花言葉[編集]

晩年のムスカ大佐。毛髪からも軍務におけるストレスは相当なものであったことが窺える。

花言葉にはムスカ大佐の言動からとられたものが多く、様々な意味を持つ。

  • 「通じ合う心」
ムスカ大佐が少女の協力を得た功績を称えて。
  • 「失望」「失意」
ムスカ大佐が軍の無秩序さを嘆いたことから。
  • 「明るい未来」
ムスカ大佐がラピュタ帝国を占領した功績を称えて。
  • 「寛大な愛」
ムスカ大佐が少年に金貨を与えたことや、敵に対し3分間時間を与えたことを称えて。
  • 「絶望」
ムスカ大佐の生存は絶望的なことから。
  • 「崩壊」
バルス

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ムスカリ」の項目を執筆しています。