ムエタイ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情キノコが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

ムエタイ(Muay Thai)もしくはタイキックとは、タイの国技・タイのギャンブル・勃ち技最強とされる格闘技である。

どっか団体は、タイ人選手は強すぎるため、1人しか参加させていない。仮にタイ人枠を外したら、トーナメントの16人中6~10人はタイ人選手になるのは、格闘技に詳しい者なら安易に予想できるであろう。

ムエタイを広めたのはキングさんであることは『龍虎の拳』のファンなら誰でも知っている事実である。

ムエタイのルール[編集]

どっか団体と違い極めて制限が少ない。反則は、バッティング・サミング・髪つかみ・噛みつき・金的・腸蹴り・後頭部への打撃・ヌルヌル・武器の使用・八百長・浣腸くらいである。

ギャンブルとしてのムエタイ[編集]

ムエタイはギャンブルなので八百長は厳しく禁じられている。八百長をした場合は、出場禁止等の厳しい処分がなされる。亀田三兄弟等の八百長常習犯は、最初から参加できなくなっている。

主な会場[編集]

王室系のラジャダムナンスタジアム(現地ではラーチャダムヌーンと発音)と、陸軍系のルンピニースタジアムの2大スタジアムが有名である。世界チャンピオンより、2大スタジアムのチャンピオンのほうが格が上である。

キックボクシングとの違い[編集]

タイ式ボクシングであるため、タイ式キックボクシングと呼ぶことは絶対に禁止されている。ある日本人がタイで「キックボクシング道場」を開いたら恐ろしいことになったことは、格闘ファンには周知の事実である。

ウィキペディアでは、ムエタイ選手のことを「タイのキックボクサー」と書いている。しかし、これは大きな間違いであり正式にはナックモエナックムエあるいはタイボクサーという。

例えるなら、ニューヨークヤンキースと広島カープ、レアルマドリードとサンフレッチェ広島くらいの差である。

ムエタイは強い[編集]

ムエタイの技術は、打撃系のみながらどんな格闘技にも応用できるので、タイ国外からたくさんの格闘家がムエタイの技術を習いに来ている。

ライト級(61.23kg)以下のタイ人選手は強すぎるので、と呼ばれることもある。

そんなムエタイを咬ませ犬にするバキは良識ある格闘家から批判されている。

主なムエタイ選手[編集]

ナックムエ、ナックモエあるいはタイボクサーであり、キックボクサーではないので注意されたし。

タイのムエタイ選手(ナックムエ、ナックモエあるいはタイボクサーでありキックボクサーではない)[編集]

ナイーイ・カノム・トム(ナーム・カノム・トムとも言う)
ムエタイの父。タイでは、力道山大山倍達の様に崇められている。
ガオグライ・ゲーンノラシン
マトリックスでおなじみ。大柄な為、タイで試合が出来ず海外を飛び回る。適正体重で試合が出来ないのは気の毒。
78kgの細い体で100kg超の強豪を破る姿は、多くの人々を魅了した。
織田裕二と同一人物であることは、あまり知られていない。
マイティ・モーをKO
ブアカーオ・ポー・プラムック
ご存知K-1「2タイムスチャンピオン」。
ディーゼルノイ・チョーンタナスカン
185cmの長身でライト級(61.23kg)。必殺技は「天突くテンカオ(膝蹴り)」
おそらく史上最強。天才サーマートが唯一敵わなかった選手である。
佐藤嘉弘は自称和製ディーゼルノイだがここまで強くない。
サーマート・パルクヤン
天才児。練習嫌いなのに強い。前田智徳タイプ(前田は陰で練習をしているが)。
アヌワット・ゲーオサムリット
タイタイソンと呼ばれるハードパンチャー。」ボクシングも強い。拳ダコのある珍しい選手(普通はグローブをつけるので拳ダコはできない)。
アタチャイ・フェアテックス
生ける伝説。強すぎて日本ではと呼ばれている(佐藤嘉弘が呼んだ)。魔娑斗の盟友大宮司をボコボコにする姿は神々しくもあった。なんと、日本人最強の桜井洋平をKO!強すぎる!!
センチャイ・ソー・キングスター
ムエタイの至宝。アタチャイより強いかもしれない。近づく相手を首投げ(ムエタイは足を掛けない投げなら反則ではない)するさまは、まるで合気道の達人のようだった。
ワンロップ・ウィラサクレック
切り裂き魔。切れ味鋭い肘は多くの日本人を血まみれにした。
ビッグベン・ケーサージム
ハードパンチャー。シュートボクシング(江頭2:50のようなロングタイツを穿く)のエース緒方賢一をKO。
ヨードセングライ・フェアテックス
ブアカーオより強いかも知れないが、タイ人は1人で充分という不可解な理由で、K-1に出られない。
チャンプア・ゲンソリッチ
K-2でのアーネスト・ホーストとの戦いは、今も語り継がれている。
ランバー・ソムデートM16
総合で戦う珍しい選手。もちろん強い。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

その他の国のムエタイ選手[編集]

武田幸三
2大スタジアムでチャンピオンになった外国人4人のうちの一人。武田信玄の末裔であるが、そのことを知るものは少ない。
ヴァンダレイ・シウバ
PRIDEで5年に渡り王者として君臨。
マウリシオ・ショーグン
踏みつけ大将軍でおなじみ。偉大なる将軍様と間違わないように。
アレクセイ・イグナチョフ
赤い蠍。シュルトを秒殺KOしたことがある。
ネイサン・カーネッジ・コーベット
世界ムエタイ五冠王。おそらく86kgでは世界最強。
KICK☆
チャランボ!チャランボ!!チャランボ・チャランボ・チャランボ・ティーッ!!!
梅野源治
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

ゲームキャラクター[編集]

キング
男装癖を持つ女性、かつストリッパー。
サガット
ストリートファイター』で知られる、別名「ムエタイの帝王」。ムエタイの階級は本来ミドル級までであるのに、2メートルもある巨人。
アドン
サガットの元・弟子。逆スネオヘアー。
ジョー・ヒガシ
餓狼伝説』の第3主人公。『ザ・キング・オブ・ファイターズ』では尻出し挑発を行うなど、完全なギャグ担当キャラクターと化しつつある。
ホア・ジャイ
酔拳とムエタイの融合。ジョーのライバルであったが、グレてギース・ハワードの舎弟をしていた。現在は足を洗っているが、完全に咬ませ犬。
ブルース・アーヴィン
『鉄拳』シリーズ。アメリカ出身。各資料に格闘スタイルをキックボクシングと書いていつつも、技の名前はムエタイに準ずる。

漫画等のムエタイ選手[編集]

板垣恵介
実在人物にして、バキの作者。ムエタイを舐めるな。
マモル
漫画『蹴撃手(キックボクサー)・マモル』の主人公。知ってる人いるかな!?
チューチャイ
キン肉マン』のスピンオフ作品『闘えラーメンマン』の登場人物。
深見ゴウ
特撮ドラマ『獣拳戦隊ゲキレンジャー』の主要人物。ウィキペディアによると、彼もムエタイらしい。確かに肘膝を多用するが、違うんじゃないの?まいったぜ。

ムエタイを使うアクションスター[編集]

トニー・ジャー
通称:浪川大輔、『マッハ!!!!!』シリーズなどに出演する。仏像の首や飼ってるを盗まれる惨事に度々ヒステリーを起こすが、を愛する祖国なら当たり前の事で、決して気違いでない。
彼が怒ればイナバ物置に乗ってる100人の相手も一瞬にして骨を粉々にでき、ジャッキーセガールさえひとたまりもない。あの呂布に立ち向かうくらいの血気を備えているため、トニー・ジャーを怒らせてはならない。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連事項[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ムエタイ」の項目を執筆しています。


ExSport.png この項目「ムエタイ」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)