ミルウォール・ブリック

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ミルウォール・ブリック(Millwall brick)とは、英国の大衆紙である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ミルウォール・ブリック」の項目を執筆しています。

概要[編集]

ミルウォール・ブリックは英国の新聞であり、サッカーに関する辛口記事が有名である。前日の試合結果を含め、サッカーに関してあることないことを詳しく掲載しているためサッカーファン必読の書と言われている。これは英語がわからないサッカーファンがこの新聞を読むためだけに英語を学ぼうとするほどである。

歴史[編集]

ミルウォール紙は1960年代にイギリスで創刊されたとされている。創刊当時はサッカー専門誌であった。これは編集長が大のサッカー好きであったことに由来する。そんな編集長の元には数々のサッカー好きが集まり、いつしかイギリスサッカー界はこの新聞を見ればわかるとまで言われるようになった。

そんな中ミルウォール紙にも転機が訪れる。2000年代になり、イギリス国内でミルウォール紙よりもサッカーに詳しい雑誌が次々と創刊されたのだ。初めはサッカー一筋を貫こうとしたが、どんどん落ちていく売り上げを嘆き、ついにサッカー以外の話題も取り扱うこととなった。内容は他の新聞と同じだが、政治とスポーツには特に力を入れており、2003年の英国庶民院のスキャンダルを描いた記事は、あまりに真実をついたとされ、庶民院側が事実無根だとして、国会内に持ち込み禁止の了解を超党派で組もうとするほどの影響を与えた。

普及[編集]

現在はサッカー専門誌ではないものの、今でもサッカーに一番詳しい新聞の名をほしいままにし、サッカーファンは読んでいて当たり前という評価を受けるほどである。サッカースタジアムに売られている新聞もほぼミルウォール紙である。

それと、サッカースタジアムで乱闘が起きた場合、ミルウォール紙を丸めてチャンバラの要領で喧嘩を起こすフーリガンが多発した。そのため怪我を防ぐために紙質は柔らかいものへとどんどん変化している。ミルウォール紙の現編集長がいうには、紙質はやわらかくても記事内容が辛口ならそれでいいという、昔からの方針を変えるつもりはないらしい。

関連項目[編集]