ミュンヘン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ミュンヘン周辺を覆う、鬱蒼としたバイエルンの森
ミュンヘン周辺を覆う、鬱蒼としたバイエルンの森

ミュンヘン(München)は、最もドイツらしく、かつビールを浴びるように飲める場所。

概要[編集]

地ビールが有名である。この場所には広域から客が集い、両隣の他人の肩を組んで地元のフォークソングを歌い乾杯することが習わしである。至る所にブラスバンドがおり、食前歌の伴奏を奏でてくれる。

ビールの他には、ソーセージが有名である。しかし稲荷寿司がおいしい店はここ日本からでは、噂を聞くことも稀である。ただし、このあたりの地域は隣で巨乳の女がお風呂でソーセージと稲荷寿司を頬張っていて、奢ってもらうどころか食事モデルとして収入を得るようなことがあっても誰も気にしないお土地柄である。つまり、他所との境界から目と鼻の先にそんな大規模なお食事処があっても決しておかしくはない。

方言[編集]

ミュンヘンは国内でも特に訛りの強い地域にある。バイエルンという周囲が山と森だらけという環境が独特の住民性を生み出したといわれる。

ミュンヘンのあたりから来た人が国内の他所に行けば、その特徴的な訛りから失笑も含めた笑いが巻き起こること確実であり、何かコントを披露することを強く求められる。もちろんミュンヘンにも地域気質やお笑いが嫌いな住民は数多く存在し、彼らにとってこの地・この国での生活は地獄になりうることもある。

ミュンヘンで食べられるもの[編集]

殆どの場所でVISA、MASTER、AmericanExpress、DinersClubのみならず、JCBやセゾン、ニコスでの支払いも可能である。1食あたりの予算は日本円で平均2500円。

  • サーロインステーキ200g 950円程度〜
  • 粗挽きソーセージ3本 600円程度〜
  • ヘルマン・グリルソーセージ5本 1600円程度
  • ソーセージとポテト盛り合わせ 800円程度〜
  • フランクフルトソーセージ1本 650円程度
  • 特選ロースハム 1000円程度
  • プレーンオムレツ 650円程度
  • 鶏のフリッター 1000円程度
  • 地ビール 中ジョッキ650円程度
  • 地ヴァイツェンビール 中ジョッキ650円程度
  • ピースポーター(ご当地白ワイン) フルボトル3200円程度
  • シュロス・フォルラーツQ.b.A.(ご当地白ワイン) フルボトル4800円程度
  • ビアスプリッツァー(白ワインとビールのカクテル) 650円程度
  • サッポロビール黒ラベル 大ジョッキ965円
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ミュンヘン」の項目を執筆しています。

外部リンク[編集]