ミニバン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ミニバン」の項目を執筆しています。

ミニバンとは、人間を輸送するための貨物車両のこと。

概略[編集]

ミニバンは貨物車両の中で、主に人間を輸送し、そのサイズが小型乗用車枠や普通自動車枠に収まっているものを指す。

貨物の中でも、人間は特に厄介な荷物であるが、これを効率よく輸送できるよう、様々な工夫がされていることが最大の特徴である。通常、6~7体(運転手を除く)の人間やその幼虫を輸送できる。実際には20体ほど(ルーフキャリアを用いればさらに数体を)輸送できると言われるが、過積載となるので、この状態で公道を走行してはならないので注意すること。

様々な貨物の中でも、鮮度保持の面で最も輸送が難しい人間を輸送することに特化しており、荷物を傷つけないように内装に柔らかい素材を多用したり、輸送時に確実に固定するための固定具(シート)が多数設置されたり、鮮度保持のための空調が貨物室にも設置されたりと、貨物自動車としてはかなり豪華である。

なぜ「ミニ」なのか[編集]

よく知られるように、ミニバンは一般的な乗用車よりもサイズが大きいが、「ミニ」の名がついている。このことに疑問を持つ人も多いが、本来の「バン」とは大型貨物自動車のことであり、ミニバンはこうした貨物自動車の小型版なのであり、「ミニ」と呼ばれるのはむしろ当然の話なのである。

少量の輸送や込み入った市街地での移動を目的としたバンとして登場したのがミニバンであり、貨物自動車としては軽トラに次いで小型と言える。

幼生体の輸送[編集]

生きの良い幼生体を放し飼いにできるよう、保管空間が大きく作られていることもミニバンの特徴である。幼生体の多くは、専用ハーネス(チャイルドシート)で縛り付けておくと鮮度が低下する(鮮度の下がった幼生体は、非常に機嫌が悪く我が儘になったり、サービスエリアを出た瞬間に「トイレ!」と叫ぶなど、困った現象を引き起こす)が、適度に走らせておくことでこの鮮度低下を防止できるのである。

この際、屋根の上の空間も活用するために、屋根に窓がついているものも多い。ここから上半身を出すことで新鮮な空気を取り入れることができ、これが鮮度保持に大変に役立つのである。

ただし、放し飼いの幼生体は輸送時の事故に際して損傷を受けやすいことも事実である。かつてはは事故時の損傷については荷主の自己責任とされてきたが、近年、放し飼い輸送の危険性に対する認識が薄い荷主から、損傷に対して「損傷は放し飼いを禁止しなかったが悪いのだ! 国が全責任をとれ!」との声が強くなっている。

このため、2000年に道路交通法改正が行われ、警察官の見ている場所ではチャイルドシートを使用することが義務づけられるようになった。

その他の特徴[編集]

  • 多くのミニバンは、実際には人間や貨物は輸送せず、代わりに空気輸送している。これにより、都会の汚れた空気と地方の綺麗な空気を入れ換えることにも大きな貢献をしている。[要出典]ただし、これは想定外の利用方法である、排ガスにより逆効果との批判もある。
  • 車室が大きいため、容易に簡易宿泊室に転用できる。この特徴は少子化対策となることが期待されている。
  • 車体が大きく、外装の面積もそれに比例して広い。ここに様々な絵を描くことができる。
  • 車両を廃棄する際、車内に他のタイプの車両より多くの廃棄物を詰め込んで解体屋に処分を押しつけることができる効率よく廃棄物を処分できる。

関連項目[編集]