ミニドラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ドラえもん > ミニドラ
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ミニドラ」の項目を執筆しています。
ミニドラとは、文字通りあの有名な青ダヌキのミニチュアモデルである。
これが一般的なミニドラ。
これは怒ったただのドラえもん。

概要[編集]

2125年12月25日あの有名な猫型ロボットが立てた功績をたたえるために作られたのがミニドラである。その名の通り、ドラえもんのミニチュア版である。その為、ドラえもんと同様にどら焼きを愛し、狸呼ばわりされたら怒る。しかし、最初から耳が付いておらず、ネズミに耳を食われたりはしていないため、ドラえもんとは違ってネズミに対する耐性はある。しゃべる言葉は「ドララ~」だけであるが、モデルとなったドラえもんはもちろん、のび太達までもが何故かその言葉の意味を解することが出来るが、誰も気にしない。「ドラえもんの道具」として扱われているのか、「ドラえもんの登場人物」として扱われているのか、扱いが曖昧でもある。また、ザ・ドラえもんズのドラリーニョは同じ色・ヒゲで、耳も付いているミニドラ11人を率いている。

生い立ち[編集]

2125年12月25日あの有名な猫型ロボットが立てた功績をたたえるために大量に生産された2112年ドラえもん誕生を見れば分かるが、色とりどりの大量のミニドラが空から降ってくるシーンがある。降ってきたミニドラは少なくとも100体以上はいたと見られる。しかし、通常版のドラえもんに出てくるのは赤、緑、黄の3体のみである(大山版の場合)。残りの多くがどうなったのかは誰も気にしていない模様。

スペック[編集]

関連項目[編集]


Suneohatsugen.JPG 悪いなのび太。この「ミニドラ」は3人までしか見れないんだ。 ま、のび太はドラえもんに頼むのがお似合いだけどね。 (Portal:スタブ)