ミッフィー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ミッフィー」の項目を執筆しています。
Quqpacmanlogo3.png
ミッフィーが放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/キャラクター」へ収録されています。
「うさ子さんがとろける! 嫌ァアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!」
ミッフィー について、キーボードクラッシャー
「汚い穴だなぁ」
ミッフィーの口 について、谷岡俊一

ミッフィー(Miffy・1955年6月21日 - )はオランダアムステルダム生まれのうさぎの妖怪であり元オランダ空軍大佐。ミッフィーと言うのは鬼畜米英が勝手に付けた愛称で、オランダ及びドイツではナインチェ・プラウス(Nijntje Pluis)という本名で呼ばれている。日本での愛称はうさ子ちゃん

概要[編集]

1955年にオランダアムステルダムにて出生。通常のうさぎは四本足で全身を支え、鳴く事もできないが、この妖怪は二足直立で、X字型の口なのに鳴き声どころかオランダ語ドイツ語英語フランス語スペイン語ポルトガル語日本語など数十カ国の人間語が話せる。

日本ではうさ子ちゃんと呼ばれるように、この妖怪は雌である事が明らかとなっている。公称年齢は4歳だが、本稿は2007年に書かれたもので、当然そこらの年増アイドルとは比べ物にならない大幅な鯖読みである[1]

更に公称年齢が鯖読みである事の証左として、4歳児が取得する事は不可能である航空免許を所持し、且つミッフィー航空と呼ばれる航空会社を経営していると言う事実がある。実際、彼女はミッフィー航空を立ち上げる前はオランダ空軍に大佐として所属していて日本侵攻の陣頭指揮を行っていた事実もある(後述)。尚、ミッフィー航空は経営難に陥っていたKLMオランダ航空が何度も買収を持ちかけたが、欧州で最も経営状態が良かった事もあり全く相手にしていなかった。

キティ・ミッフィー戦争[編集]

日本オランダ江戸時代から関係が深かったが、大東亜戦争で敵対して以来、オランダ人には反日感情が根強く残っていると言う、どっかの半島大陸のような国である事は日本人には余り知られていない。そんなオランダが日本を植民地化しようと1964年(昭和39年)に送り込んだのが、世に言うオランダ空軍ミッフィー部隊である。

これを迎撃すべく防衛庁(現・防衛省)の極秘命令を受けた武田信玄でも金丸信でも中田英寿でもよっちゃん食品でもない山梨の王者が白のデブを改造してハローキティを作り、東京に大量に送り込んだ。しかし、その状況を見た東京都内の女子小中学生たちが「どっちも可愛いんだから仲良くしようよ」と和平を持ちかけ、両軍はこれを受け容れて停戦、以来日本ではハローキティとミッフィーは二大小動物妖怪として並び称される事となった。[2]

ミッフィーの口について[編集]

ミッフィーの口はいわゆる「×」印のような形をしている。ここである疑問が思い浮かぶ。ミッフィーはどのようにして食事をしているのか。食事をするためには、口を開くことが必要となる。あの口が開くとなると、「×」で仕切られた三角形の部分がそれぞれ前に出るというのが一番自然なものであると考えることができる(図参照)。ファンシーキャラというよりも、これでは本当にようわなにをするやめrくぁwせdrftgyふじこlp

又、ミッフィーが結婚し子供が生まれた場合、「×」印の線が1本増える。そして、その子供が結婚しミッフィーの孫が生まれると、また線が1本増える。という風に世代が1つ増えるごとに、口の線が1本増える。だから、ミッフィーの親は口の線が3本で、祖母は4本である。このことから、増えてゆく線はほうれい線であると考えられる。
ミッフィーの開口想像図
宿敵キティの眷属を貪るミッフィー

近年になり作者であるディック・ブルーナが「×」は鼻と口を表しているという衝撃の事実を語った。
 ・ ・
  v  ←鼻
  ʌ  ←口   

脚注[編集]

  1. ^ 彼女の好物は未成年者は飲んではいけないハイネケン(地元最大手のビール)である。
  2. ^ しかし、ハローキティとミッフィーのツーショットと言うのは見た事がない。

関連項目[編集]

この項目「ミッフィー」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)