ミスリル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、金属のミスリルについて記述しているばい! 軍隊のミスリルにつ・い・て・は「フルメタルパニック」をCHECK IT OUT!! はい!!!
ミスリル(Mythril)
一般特性
名称, 記号, 番号 ミスリル, My, 120
分類 金属
族, 周期 2, 8
密度 11.6 g/cm3
銀白色
原子特性
原子量 242 amu
原子半径 144 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ミスリル」の項目を執筆しています。

もしかして: ミスチル

ミスリル(Mythril)はネオ原子番号120のネオ元素。元素記号はMy。主に武具の材料として使われる、銀色の硬い金属として良く知られている。

概要[編集]

ミスリルは、の輝き、鋼の硬さを併せ持つ金属として広く知られており、主に武器や防具に用いられているが、武具に銀の輝きが必要かどうか非常に疑問が残るため、同程度の硬さを保てるの方が炭素なので安価でかつ軽量なのではないかという指摘が欧州連合委員会で度々される。

また、ミスリルは貴重な鉱石であり、採掘可能な鉱山が限られている。現在はミスリルの採掘量減少が進んでいるため、価格はいつぞやのガソリン並に急騰している。鉱山のふもとの町では専売によって武器の輸出を独占し莫大な利益を得ているが、他の民衆の反感を買い、町が焼き払われる悲劇が現在も起きている。

使用例[編集]

  • ミスリルナイフ

主に観光者向けのみやげ物であり、値段も手ごろである。実は鉄のナイフにミスリルをメッキしただけ。

  • ミスリルの鎧

合戦場で昔使われていたが、近代においてはあまり使用されなくなった。鋼のように重くよく光るため背に光を浴びると後ろの兵士の目がくらんでしまい、敵にやられる事例が多発していた。

  • ミスリルの兜

五月人形の兜として使用されていたが、輝きから薄毛を連想させ「若くして禿るようになる」という噂が蔓延し、現在のような姿になったと言われる。

  • ミスリル弾

拳銃の弾として使用される。吸血鬼退治の際、銀の弾と称してミスリルの弾を渡すトラップは有名である。実際は主に戦場で用いられるが、高価なミスリル弾を狙った「うっかり八兵衛」が大量に射殺される現実がある。


この項目「ミスリル」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)