ミスティア・ローレライ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ミスティア・ローレライ
音楽教室.png
基本資料
本名 ? 
通り名 夜雀の怪 
身体情報 幼女に化ける 
職業 音楽教師、屋台経営 
好物 歌 
嫌物 人間、焼き鳥 
出没場所  
所属 なし
親戚等
「ご存知、ないのですか!? 彼女こそ、食料からチャンスを掴み、スターの座を駆け上がっている、超幻想シンデレラ、ミスティアちゃんです!」
ミスティア・ローレライ について、ゼントラーディの参謀

ミスティア・ローレライ(Mystia Lorelei)は夜雀である。名前はない。

テーマ曲は『夜雀の歌声 〜 Night Bird』と『もう歌しか聞こえない』。

呼称[編集]

本来ミスティア・ローレライとは個体名ではなく一族(群体)の名称であり、ミスティアとは(Myst)の女性形(+ia。女性の容姿をしていることから)、ローレライ(Lorelei)とはドイツの歌精(あるいは魔女)に因んでつけられた、いわば二つ名である。夜霧に乗じて人を惑わし、自慢のによって(聞き惚れてしまった人間を)狂わせた上で殺すことから、そう呼ばれるようになったのが由来である。が、面倒なのでみんな便宜上個々の夜雀についてもミスティア・ローレライの名前で呼ぶことが多い。

対人習性[編集]

を含んだ夜霧を生み出して人間の目を侵すことでその視界を阻み(鳥目にし)、歌によって(色々な意味で)狂わせた上で抵抗力を奪い、殺すのが趣味である。あくまで趣味であり、よほどの飢餓にでも見舞われない限りその肉は放置して他の妖怪(例えばルーミアなど)に餌として与えてしまう。基本的に人間が大嫌いで、触るのさえ忌まわしく、ましてや食べるなんて論外なのであった。

対妖習性[編集]

歌うことが何より大好きな彼女(たち)は、ボランティアで鳥の雛たちに歌を教えて回るのをライフワークにしている。個々に癖があるため、同じ鳥であっても地域ごとにその鳴き声が微妙に違うのは、教えた彼女たちの個性によるものである。また、副業として「焼き鳥撲滅委員会」の委員長を務めており、焼き鳥の代わりに焼きウナギ、中でもヤツメウナギ蒲焼きを普及させるべく日々屋台を引いて奮闘しているのであった。

経営状況[編集]

特に言及されている様子はないものの、さしあたってボチボチのようである。秘伝の隠し包丁秘伝のタレがよく染み込み、それがヤツメウナギのと絶妙にマッチした上でベストな焼き加減。無償の音楽教師よりも、こちらの方がよほど評判の様子である。しかし、時折りヤツメウナギが不漁などによって入手困難となると、あっさり普通のウナギやドジョウ肉を混ぜて提供することがあるため、そろそろ訴えられそうな雰囲気がないでもない。

音楽性[編集]

そんな彼女の本業たる音楽活動についてであるが、音楽性の違いによって必ず喧嘩してしまうため、ソロ活動がほぼ100%である。また、たちの中でも古老クラスにはウケが悪く「やれやれ……近頃の若い者は音楽の何たるかをわかっとらん」「ちんちん等と、まったくけしからん歌詞だ」「あぁ、昔は良かった」などと酷評されているが、若い世代にウケさえすればそれが支持基盤となる(ファンが多ければ、生きる上で何かと便利である)ため、誰も気にしないで我(ら)が音楽道を邁進するのであった。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ミスティア・ローレライ」の項目を執筆しています。

外部リンク[編集]