マン・インデンシャー効果

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「マン・インデンシャー効果」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

マン・インデンシャー効果(Mann Endenshre Effect・略:MEE)は金属製の箱型容器に人間などを詰め込むことで発生する物理現象や状態変化のことである。イギリスの物理学者マン・インデンシャー(Mann Endenshre:1928~2003)により発見されたことと、英単語で「危険にさらされた人」という意味の「endangered man」を組み合わせてこう呼ばれるようになった。

概要[編集]

マン・インデンシャー効果(以後MEE)は、1962年にインデンシャーにより日本の「電車」という汎用箱型輸送装置の中で初めて観測された。後の研究により、交通機関が普及し始めた19世紀頃から継続的に発生している事が判明している。

MEEにおいて最も注意すべきことは、同様の現象は密航者の詰まったコンテナや人気作品封切りレイトショー映画館のエレベーターなど他の金属性容器に人間が大量注入されても発生することがある点にある。しかしそれでもMEEが最も顕著に観測されるのが、日本の大都市圏における電車内である。

MEEは伝導性のある金属製の容器に人間を詰め込むことで発生するが、その内容は多岐に渡り一概に所定の現象のみを持ってMEEであるとは云い難い。幾つもの現象の総体がMEEであり、それらの現象を引き起こすことこそがMIEなのである。

最もよく知られたMEEの一つに、「自我境界線の範囲縮小と相互の反発作用における個体運動の抑制」が挙げられる。これは通常において個人の周りに発生する自我境界線が相互作用によって圧縮され、直径約30~50cm程度の円柱になるのと同時に、人の活動欲求が著しく制限されるという現象だが、これを応用した分野としてニワトリブロイラー肥育がある。

MEE過密状態での相互意識の反発による運動抑制は、実の所として量子力学に通じる所があり、量子力学では圧力と温度を高めると物体の物性が変化を始め、やがては物体とエネルギーの境界が曖昧となるが、MEEでは臨界圧力を越えると自我境界線の揺らぎが発生、他人の懐やポケットに手を突っ込む輩が出始めるほか、他人のスカートやパンツに手や携帯電話、手鏡などを突っ込む輩があらわれる。さらに圧力が高まると「もう何がどうなってるのやら」な状況となって完全に自我境界線が崩壊して、くんずほぐれつな状況になる。この状況では外部からエネルギーを注入しなくても内部温度の上昇(断熱圧縮)も発生する。

現在の所、MEEの臨界突破によって素粒子自由電子の放出は観測されてはいないが、それでも電磁波が大量に満員電車などMEE状態にある金属箱内部で観測されている(東北大理学研究科の本堂毅らによる。読売新聞2006年7月25日の記事)。ただ大量の電磁波は人体に有害でもあるため、過剰な被曝を減らすために鉄道各社は電車内での携帯電話使用を制限する動きを見せている。

MEEの例[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)


関連項目[編集]