マングース

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マングース」の項目を執筆しています。
「あー、マングースはよく食べるさー」
マングース について、具志堅用高

マングースとは、沖縄県一帯で用いられている調味料である。

概要[編集]

マングースは、八度蒸留して極限まで辛口にした、通称「八折泡盛」と呼ばれるものに暴君の汁や黒酢などを加え、石甕で最低三年以上熟成させて作るものである。

しかし、蒸留回数が多く製造に時間もかかり店で売買する際にはかなり高額にってしまうため、これを簡易的な手法にした「コーレーグース」だけで済ませてしまう店もある。自宅で作っている場合はむしろ経済的な飯の友なのだが…。

マングースという名前の由来は、戦後になって出来た「標準語にあわせた呼び名」であり、元は「マブグース」と呼ばれていた。このマブはを意味する「マブヤー」を縮めたもので「魂が抜けるほど辛い」という意味である。沖縄ではこれを数滴料理に垂らして食べるのが一般的であり、ゴーヤの苦味を中和したり島魚の癖を緩和する働きもある。

それだけではなく、一滴でご飯が何杯でもいけるので、おかずを用意する手間がかからないという利点もある。ただしあまりかけすぎると魂が抜けるどころか息の根が止まるので、観光客向けの店では卓上に置かれていないことが多い。

来歴[編集]

マングースは紀元前1378年にオプラにより発明されたといわれているが、ここで言うマングースの語源は上に書いたとおりであり、オプラは関係ない。

暴君自体は18世紀あたりにはすでに伝来していたが、これを使った発酵調味料を作成したのが誰かということに関しては不明である。ただ、その製法は時間こそかかものの単純であることから、家庭の主婦たちが同時多発的に考案していったものだと思われる。

ハブ避け[編集]

沖縄県では昔からハブによる被害が深刻であり、血清が作成されるまでは県民の死因の上位を占めていた。だがマングース熟成小屋周辺では不思議と被害がないことに住人が気付き、その後マングースをハブ避けに使う手法が編み出された。

首筋や手首など脈打つ場所に一滴垂らせば、その日一日はたとえ水着で出歩いたとしてもハブに襲われることはないと言われている。

しかし誤って粘膜に付着した場合は地獄のような激痛が最低三日は続くため、扱いには慎重にならなければならない。

テレビドラマ版「男はつらいよ」で寅さんが雪駄でハブの潜む草むらを歩くシーンがあったが、そういった光景はマングースが使用されるようになってからはごく普通に見られる光景である。ただし寅さんはマングースではなく誤ってコーレーグースを使用したらしく、ハブに噛まれて一度死亡している。

マングースの効き目が確かであることを示すため、水槽に入ったハブの群れにマングースを垂らしてハブが悶死するさまを見せる「ハブ対マングースショー」もかつては行われていたが、動物愛護の精神から近年では廃止されている。

関連事項[編集]