ママゴン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「ママゴン」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
「これはねえ、やっぱり狂ってますよ。このママゴンは。
顔見てご覧なさい。目はつり上がってるしね。顔がぼうっと浮いているでしょ。
これ気違いの顔ですわ」
ママゴン について、塩爺

ママゴンとは、にスパルタ教育をし、夫に威張り散らし、一家の独裁者となっている、母親扮する怪獣である。

生態[編集]

ママゴンは、自分の子に対してとにかく厳しい。子に無茶な要求をしたり、嫌がっても無理矢理仕事を押し付けたりする。子がそれに対して反抗した場合体罰や勘当も辞さない。同時に、一家の大黒柱である夫に対しても同じような扱いをすることが多く、ママゴンは夫を差し置いて実質的な大黒柱、いや独裁者になっている。そもそも、ママゴンにとっては子も夫も奴隷にすぎない

厳しさはしつけだというママゴンは多いが、実際は日頃のストレス発散のために威張り散らしているだけである。 そもそも夫に対してもそうしている時点で、しつけという言い訳はできない。しかし、ママゴンはあくまでしつけだと言い張る。

主な行動[編集]

  • 遠い家に重い荷物を持っていかせる。
  • 草むしりとおつかいと宿題を同時にやらせる。
  • せっかくの休みの日に仕事をやらせる。
  • 友達との約束など無視していきなり仕事をやらせたり怒ったりする。
  • 2時間15分59秒間一方的に怒り続ける(2時間16分46秒間との説もある)。
  • 帰りが遅くなると、玄関の扉を開けた瞬間箒ではたく。
    • 宇宙人も箒ではたく。
    • 海賊にもなると箒を構えて追いかけ回す。

ママゴンへの対応[編集]

上述の通りママゴンにとっては子も夫も奴隷にすぎないので、彼らにママゴンの命令を拒否する権利はない。もし彼らがママゴンに逆らえば、それは仮死を意味する。そのため彼らはママゴンの下では手下として従い、ママゴンの監視のないところでママゴンに対する不満をぶちまけるのである。ママゴンが正面からストレス発散に威張り散らすのに対し、彼らは裏でこそこそと発散せざるを得ないため、つくづくかわいそうな存在である。

周囲の反応[編集]

ママゴンとして夫子に威張り散らしていることが周囲に知れている場合、彼らから注意されることがあるが、いつも自らが正しいと信じ込んでいるママゴンはそれらの意見に対していかに自らが正しいかを力説する。相手が納得しない場合は力で納得させる。

ママゴンの呼称[編集]

以下は、その子や夫がママゴンの話をする際に使う名前である。もちろんママゴンの前では「お母様」。

  • ママゴン(そのまま)
  • 魔女
  • ヒステリーババア
  • 独裁者
  • 恐怖の大王
  • オバタリアン

ママゴンの例[編集]

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「ママゴン」は何故か「教育ママ」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Bouncypotato.gif
この記事「ママゴン」は何故か「教育ママゴン」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。