マフラー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マフラー」の項目を執筆しています。

マフラー防寒具のひとつ。冬場に使用される長いアレである。日本では主に、アオダイショウを巻いているが、沖縄ではハブを巻くことも珍しくないようだ。さらに地方によって特色があり、九州では西郷隆盛が頻繁に巻かれています。

恋人達のマフラー[編集]

近年、クリスマスの時期になるとカップル達の間では変わったマフラーをする。それは男性のペニスの皮を女性の首に巻きつけるというもので、直接男性のぬくもりが女性に伝わることにより、深い愛情が感じられるというワケである。しかし、毎年ペニスの皮がちぎれた男性が病院に運ばれるというケースが多発している。また、病院ではサンタクロースの格好をした医師が「メリークルシミマス!」と真顔で言ってくれるケアサービスも行われているようだが、大体本気で殴られるようである。

私が昨日巻いていたマフラー[編集]

私は、昨日までおじいちゃんをマフラーにしていました。そんな大好きだったおじいちゃんも、先月他界しました。時空がねじれている? 気のせいですよ。

おじいちゃんの思い出[編集]

僕はおじいちゃんっ子で、おじいちゃんが本当に好きでした。学校から帰ってきた時には、いつも僕にお菓子をくれました。僕が風邪をひいた時には、蜂蜜を溶かした甘いゆず湯をいつも作ってくれて、お布団の横で本を読んでくれました。僕とおじいちゃんとおばあちゃんは、いつも僕を真ん中にして、川の字になって寝ていました。でも、おばあちゃんがおじいちゃんより先にんじゃって、しばらく夜寝る時には、僕が寂しがっていると思ったのか僕のお布団に手を伸ばしてきて、ギュっと手を握ってくれました。本当はおじいちゃんも寂しかったんだと思います。だって、なんか泣いてたみたいだったから…。だから僕は、おじいちゃんのことを忘れません。本当に本当におじいちゃんのことが大好きです。

でも、お年玉はいつも500円しかくれませんでした。死んでよかったんじゃないかなってちょっと思ってます。

マフラーでいちゃいちゃしているカップルを成敗する方法[編集]

トンファーーー…キックッ!!

毎年冬になると、公園などでひとつの大きなマフラーを二人で共有しているカップルが多く見受けられる。しかしこの冬の風物詩は、人類の精神衛生上とてもよろしくないものなので、とりあえずトンファーキックをかましておこう。おまけにひとつのポケットにお互いの手を入れてぬくぬくしている奴は、社会でもぬくぬくのうのうと生きているクソッタレの甘ちゃんなので、トンファービームを喰らわせてやろう。たとえ目撃者がいても、その人物独身者であれば見逃してくれるどころか拍手喝采されるので、心配することは全く無い。仮に逮捕されても、世間的には悲劇の英雄として大いに賞賛・共感してもらえるので、迷わず思いっきりやってしまおう。

マフラーの規制に関する議論[編集]

現在、経済産業省は、マフラー装着者による映画館・喫茶店図書館学校などでの騒音を問題視し、新たな騒音規制を行う方針である。

これにより、形式認証を得ていない手編みのマフラーが公共の場から追放されるおそれがあり、「担当部署には毒男と鬼嫁持ちしかいないのか」といった多数の批判が寄せられ、担当者のブログが炎上するなどの騒ぎに発展している。しかし一方では、「爆音マフラーDQNバカップル氏ね!」などと、騒音規制を擁護する意見も多く寄せられている。

ちなみに、畑違いの経済産業省がでしゃばっているのは、環境省が仕事をしてくれないためである。

甘くてクリーミィ 私のおじいさんがくれた初めての「マフラー」。それはヴェルタース オリジナルで、私は4歳でした。その記事は甘くてクリーミーで、こんな素晴らしいマフラーをもらえる私は、きっと特別な存在なのだと感じました。今では私がおじいさん。孫にあげるのはもちろんマフラー。なぜなら、彼もまた特別な存在だからです。 (Portal:スタブ)