マニ車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マニ車」の項目を執筆しています。
人通りの多い場所に設置されたマニ車
この電力で毎日6時より寺院がライトアップされる。

マニ車(まにぐるま)とは、主にチベットに伝わる伝統的発電機。人力のほか、水力・風力・原子力によって回転させる。

概要[編集]

マニ車は、チベットで主に用いられている汎用の発電機で、これによって人々は生活に必要なエネルギーを発生させている。多種多様なマニ車式の発電装置が市販されており、市民らはこれを手に持って回したり、柱に取り付けてまわしたり、様々な動力に繋いで利用している。

手持ち式のマニ車は携帯電話iPodなど携帯機器の充電にも利用されるほか、寒冷な同地域では着込んで暖を取る電熱ベストなどにも利用されるため、往来で熱心にマニ車を手に持って回している高齢者も見掛けられる。

据付型のマニ車は、主に家庭やオフィスなどで利用される電力を供給する。

水力を含む様々な動力を利用するものでは、主に公共施設などで利用されており、同地域では公共性の高いチベット仏教の仏閣において、僧侶が管理している水力マニ車を見ることができる。しかし近年の情報化で公共施設としての利便度が高い仏閣では教育施設的な側面もあってコンピュータの導入が盛んで、このコンピュータや通信インフラ維持のため寺院内に手回し式マニ車が併設されている様子も見られる。

仕組み[編集]

マニ車の発電機構は、実は1985年まで諸外国には伏せられていた関係で、表面に刻印されたサンスクリット文字から宗教的な器具と誤解されていた。実際にはこのサンスクリット文字は熱心なチベット仏教徒が多い同地域に於いて、発電能力(とついでに電力増大に伴う繁栄)の向上を祈願してあしらわれたものであり、実際にサンスクリット文字入りマニ車の発電力は文字無しのものに比べ、約75%向上することに由来する。

電解コンデンサーの構造

発電手法も独特で、内部に収められたロール状の紙片が回転によって摩擦を生じ、これによって電荷が発生、これを外部に導くことで電流とするのである。この紙片にも発電量増大を祈願するサンスクリット文字が印刷されており、これによって発電量の増加が見込まれる。この構造は電解コンデンサーに酷似しており、おそらく蓄電機構と発電機構が融合した形だと見られる。

なお一般的に機械装置は使うほどに磨耗劣化して性能が落ちるのが普通だが、このマニ車の場合は使い込むほどに発電量が増大するという性質があり、多くの場合では一家に一台以上の良く使い込まれたマニ車が存在しており、それらは親から子へと引き継がれている。

関連項目[編集]