マツコ・デラックス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
マツコデラックスから転送)
移動: 案内検索
「連邦のモビルスーツは化け物か…!」
マツコ・デラックス について、シャア・アズナブル
「マツコ・デラックスのやつ、いたずらばかりしおって!けしからん!」
マツコ・デラックス について、磯野波平


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マツコ・デラックス」の項目を執筆しています。

マツコ・デラックス(1972年10月26日 -)は汎用人型決戦兵器であり、加藤浩次である。本名はマツコ・D・レックスで某海賊王予備軍と同じ意思を持つ恐竜である、中の人禁則事項です。体重、スリーサイズは全て156である。

概要[編集]

お笑いタレント・加藤浩次は、2006年に芸能界を追放された元相方の事を思い出して気にかけていた。すると、マツコ・デラックスと名乗る花嫁姿のジャバ・ザ・ハット型着ぐるみロボットが出現。いきなり「私はマツコ。加藤の嫁よ」と言い出して交尾を迫ったが、本物の加藤の嫁が撃退して事なきを得た。しかし、2008年秋に2人は『悪魔の契約にサイン』のレギュラーとして再会してしまう。今後、加藤とマツコは一体どうなってしまうのか!?。そして、マツコの中の人の正体は誰なのか。

ところが、『悪魔の契約にサイン』はこれらの謎が明かされることもなく全9回で打ち切りになってしまった。加藤とマツコの次回作にご期待下さい。その後、加藤の力だけでは生き残れないと悟ったマツコはうんちくとプロレスマニアの個人事務所に乗り込みお察し下さいで何とかバーターとして生き残っている。

人物[編集]

悪魔の契約にサイン[編集]

悪魔の契約にサイン』とは2008年10月29日から2009年2月18日までTBS系列で毎週水曜日19:56 - 20:54に放送されたバラエティ番組である。この番組はTBSの番組プロデューサーが悪魔と契約し、その悪魔が考えた無理難題を実現しようとするものであった。マツコと加藤の司会は「極楽禁則事項ですついに復活!!」と一部視聴者には受けたが、無理難題の内容が世間の自称良識派が眉をひそめる寒い内容であったために全九回で打ち切りになった。しかし、今度は打ち切りを逆恨みした悪魔がTBSの編成部長の座を強奪し、2009年春の改編で『総力捏造!ニュースワイドショー』や『帯でやっている自称ニュースバラエティの劣化コピー』などの企画を出したおかげで、早くも「2009年4月9日のTBS最高視聴率が水戸黄門の再放送」になってしまった。

出演番組[編集]

名言[編集]

他の着ぐるみロボット[編集]

関連項目[編集]

Hito.png この項目「マツコ・デラックス」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)