マッドサイエンティスト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マッドサイエンティスト」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「マッドサイエンティスト」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「マッドサイエンティスト」の記事を執筆しています。

マッドサイエンティストとは、社会平均値を遥かに越える技術や知識を持つ研究者に与えられる尊称である。

概要[編集]

マッドサイエンティストの「マッド」は「」の意であり、道端の泥にさえ探求心を燃やしあらゆるものを研究対象にするという貪欲な知識欲と向上心を表している。その研究はタブーを意に介さず、智力と人生の続く限りは決して終わることがない。例えばかつて宗教的に「人体にはの宿る隙間がある」「男は女より肋骨が少ない」とされていたが、時代のマッドサイエンティストは「見てもいないのに、信じるわけにはいかない」と死体を解剖し「宗教的常識」が誤っていることを発見し医学を大きく進歩させたのである。

特に中世においてはあらゆる学問に宗教的タブーが存在しており[1]、それを覆し発展させてきたのはマッドサイエンティストたちの探求心に他ならない。近代に入ってもマッドサイエンティストたちは社会の進歩に大きく貢献しており、寝る間も惜しんで一途に研究に打ち込む事で凡百の科学者数百人分に匹敵する研究成果を積み上げ人類文化を押し上げている。

マッドサイエンティストのイメージ[編集]

女性マッドサイエンティストのイメージ

社会的なマッドサイエンティストのパターンイメージとしては、まず「変人」が上げられる。一に変人二に変人、三四がなくて五に変人。これはマッドサイエンティストたちが研究に一途過ぎる為であり、ウィキペディアにさえ「ぼさぼさ頭」「あぶない目付き」など変人イメージを特徴として呈示する程に一般化している。ただしこれは彼ら彼女らの合理性[2]によるものであり、髪がぼさぼさだろうが白衣がヨレヨレだろうが研究には何の影響もないし四六時中顕微鏡とにらめっこしていれば目付きだって悪くなる。女性の場合化粧が崩れていたり服も乱れたままだったりするが、あくまで崇高な研究の為なのである。

また性格に関しても「偏屈」と言われ勝ちだが集中力を研究に全注入しているだけで、人格に問題があるわけではない。ただ研究最優先で他が見えないというのは確かに困り者であり、「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」のストレンジラブ博士や「岸和田博士の科学的愛情」の岸和田博士のように周囲どころか自分さえ研究の為なら捨ててしまうようなド偏屈なマッドサイエンティストもそこそこの数が存在する。しかし常識外れの成果を得るには常識を超越しなければならず、彼ら彼女らの天才性はそういった境地にあるからこそ発現出来るのかもしれない[要出典]

備考[編集]

  • アドオンの追加が可能なゲーム用のアドオンを制作したり、動画や音声を巧みな編集で繋ぎ合わせて新しい価値を生み出す動画制作者の事を指してMADサイエンティストと呼ぶ事もある。

脚注[編集]

  1. ^ 「聖書の記述と矛盾するから進化論や地動説は認められない」というケースが代表的である。
  2. ^ 個人認識内部での、と但し書きが付くが。

関連項目[編集]