マッチ売りの少女

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

マッチ売りの少女(マッチうりのしょうじょ)は、幻覚により放火という重大犯罪に手を染める寸前まで行った少女が、直前に衰弱死する様を描いた小説である。

新宿歌舞伎町において、2007年に発生した事件を元に描いた、ノンフィクション作品だとされている。

話の内容[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マッチ売りの少女」の項目を執筆しています。

年末、一人の孤児の少女が街頭でマッチの販売を行っていた。しかし100円ライターなどの普及した現代、マッチなど売れるはずもない。

実はこのマッチ、歌舞伎町で販売されていたことからも推測はつこうが、幻覚成分が含まれた違法薬物であった。だが、少女はその話を卸元からきちんと聞いておらず(聞いたとしても認識できなかった可能性はある)、更にどこら辺にその購買層がいるのかということも認識していなかったので、ただ街を練り歩くという徒労をしてしまったのである。

気温が遂に氷点下にもなろうかとしていた街の中で、少女は空腹と凍傷が作用し、身動きもままならなくなる。そしてあろうことか、件のマッチで暖を取ることを思いつき、実行に移してしまった。結果、少女はマッチに仕組まれた成分によって幻覚を見てしまい、マッチを次々と燃やした上、最期には全てのマッチを燃やし、何かの建物に引火させようと思いつくに至ってしまった。だがそこで生命が尽き、翌日の朝に少女の遺体とマッチの燃え滓が発見された。

寓話の意味[編集]

より麻薬中毒の危険性を世に示したバージョンの作品もある

この話は、「現代の世で少年少女の間にも覚醒剤麻薬など違法薬物が蔓延するようになってきたこと、そしてその危険性についての認識不足」を強く批判した寓話だといわれている。少女が何も意識せずにマッチに火をつけてしまったところは、薬物が現代社会で「スピード」など隠語を用いて流通し、若年者が無意識にそれに手を出して、中毒となってしまっていく様を強く風刺していると評判になった。

また、近代以降に確立された基本的人権の一つである生存権社会権の一。日本では日本国憲法第25条で規定)が、未だ世界の全ての人々に行き渡っていないことも、この作品は風刺したと言われている。現代社会でも幼児子供の餓死が時折ニュースになるため、それを批判しているのではないかという評価もなされたことがあった。

更に少年犯罪等の多くは、好奇心などではなくやはり社会情勢に基づく所が大きいということも、風刺したのではないかという説も流れている。平成以降の日本で、ときおり少年犯罪が昨今になって急増しているとの報道がなされ、現代社会の堕落を批判する材料に用いられたことがあるが、実際の少年犯罪の人口当たり発生数は昭和30年代がピークで、それ以降は一貫してほぼ減少傾向にあることから、経済格差などが多くの犯罪行為の根底にあることを、改めて強く示したのではないかというものである。

いずれにせよ、現代社会を様々な観点から批評した話として、当作品は世界中で注目される存在となった。

元となる事件報道[編集]

なおこの報道においては、薬物に関係する話は一切出てこないため、薬物関係の件は創作(フィクション)であった可能性が現在は有力視されている。

関連項目[編集]