マスターベーション

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

マスターベーション(ますたーべーしょん)とは、主に自分の体に攻撃を行う格闘技および限りなく実戦に近いトレーニングのことである。マスターベーションを行う人のことをオナニストと呼ぶ。また、「オナニー」、「自慰」などとも呼ばれる。ただし、状況により「徒手(素手)での技術」、「道具も含めた技術」といった、武術と同様の意味で使われることもある。

「マスターベーション」の語源は明らかではないが、「旧約聖書のオナンが使い始めた」「師匠(マスター)がションベンしたら白い液が出た」などの説がある。

マスターベーションは一試合に使うエネルギーが非常に大きく、競技中に死亡事故が起きた事例も多数存在する。

格闘技としてのマスターベーション[編集]

手を用いた攻撃方法には、打撃技(亀頭突、裏筋刺激)、組技(手コキ、玉揉み)など多くの種類が存在するが、通常はマスターベーションの種類によりルールが設けられ、攻撃範囲が許容される箇所などが制限されており、それが各競技の特色にもなっている。例えばダッチワイフでは、器具の稼動範囲を超えた体位、および避妊具をつけず生出しすることはルールで禁じられている。(なお、臓物の代わりに空気が入っているだけとしてダッチワイフに人格を認め、彼女たちとの行為をマスターベーションと分類しない論者もいる。)

大抵のマスターベーションで、制限時間が定められておらず、引き分けの回避、試合時間の短縮などを目的にポイント制が導入されている。また他のスポーツと異なる点として、特定の状態に持ち込まれた場合(例:出しすぎによるテクニカルノックアウト)には、試合時間やそれまでのポイントにかかわらず、試合の決着がつく。

また「マスターベーション」は過酷なスポーツの代名詞にもなっており、「走るマスターベーション」ストリーキング、「深夜のマスターベーション」エロ本自販機、「水中のマスターベーション」プールオナニーなどがある。

トレーニングとしてのマスターベーション[編集]

マスターベーションは複数のトレーニングをおこなう選手が他のスポーツより多い。特に以下の分類で同じ分類の競技ではより多くなっている。

基本トレーニング
組技系マスターベーション
組技を主体とするマスターベーション。手コキ、玉揉みなどがある。
打撃系マスターベーション
打撃技を主体とするマスターベーション。亀頭突、裏筋刺激、亀田三兄弟などがある。
総合マスターベーション
実戦練習を主体としたマスターベーション。床オナ、ダッチワイフなどがある。
道具使用によるトレーニング
マスターベーションにおいて規則上、道具が人間であるかないかは重要である。対人の有無よりマスターベーションであるかを認めるかどうかで分類される。
道具例
ポルノ雑誌、アダルトビデオ、エロ画像、エロ動画などがある。
限りなく実戦に近いトレーニングA
空気ダッチワイフ、ラブピロー、オナホールなどがある。
限りなく実戦に近いトレーニングB
高級ダッチワイフ、マルチセリオなどがある。しかしこれらは余りにも人間に近い為、マスターベーションと呼んでいいかどうかは意見が分かれる。

関連項目[編集]