マグマ星人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

マグマ星人(まぐませいじん)とは、『ウルトラマンレオ』なんかに登場する、宇宙一カッチョイイナイスガイだらけの種族である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マグマ星人」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「マグマ星人」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「マグマ星人」の記事を執筆しています。

最強の概要[編集]

マグマ星人の女。マジパネェだろ。

マグマ星人はサーベル暴君なるカッチョイイ異名を持つマジパネェ宇宙人である。人間にクリソツな姿をしており、セミオウムマンドリルみたいな過去のダッセェ宇宙人とは拍が違う。その身体は宇宙の漆黒の闇みたいなマジカッケェ黒いスーツで覆われており、細マッチョな体をこれでもかって感じで強調してる。それでいて手首や脚は銀色メタルの装甲が光るんだ。そしてパンツ銀色だぜ。ブラックの中に映えるシルバー、影と光が合わさって最強に見える。実にオシャレだと思わねぇか? 俺は思うね。

髪の毛はキラッキラの金髪、もしくは銀髪だ。サラサラだぜ。パクリ野郎ケットルのジジイとはワケが違うってなもんよ。大きなもしくはの複眼だ。きりっとした釣り目には意志の強さが感じられるよな。どすこいマンとは月とスッポンだな。マジヤベエ。にはピョコンと生えたキャァワァウィウィ猫耳があんだよ。全身キリリとしたマグマ星人のワンポイントな可愛さを添えてるな。マジパネェわ。

サーベル暴君の名の通り、マグマ星人はに直接ガチャっとジョイントするタイプの武器を多用するぞ。その洗練されたフォルムはパネェの一言だ。腕前もマジモノ。もう宇宙でも指折りのレベルだね、ウン。サーベルが主に使用されるほか、カギも使われることもあるな。いずれにせよ、マグマ星人の手にかかりゃありえねー強さを発揮するぜ。まさにに金棒だぁな。

最強の種族[編集]

『ウルトラマンレオ』に登場したマグマ星人[編集]

レオの故郷であるしし座L77星をブッパしたのは勿論マグマ星人だ。ま、このくれーはみんな知ってっか。なにせあいつらマジ生意気だったしなー。マグマ星人の軍勢にかかりゃあんな連中倒すのお茶の子さいさい河童の屁、赤子の手を捻るよりカンタンだっつーの。

んで、地球に逃げ腐りやがったヘタレのレオを追っかけて、双子怪獣レッドギラスブラックギラスを連れて東京を襲ったんだ。こいつら使って大洪水起こして、東京水浸しにしてやったんだぜ。天候すらも操るとかマジパネェよなマグマ星人はよぉ。そったら生意気にも地球に潜伏してやがったウルトラマンセブン短足ヤローが無謀にもつっかかってきやがったんで、3対1でフルボッコにしてついでにもへし折ってやったぜ。ざまーみろってんだモヒカン野郎。

地球でセブンのヤツに泣きついたレオのバカは地球でくせー特訓(笑)とかやらかして、結局きりもみキックとかいうセンスの欠片もねー名前の技で可愛いギラス兄弟をぶっ殺しやがった。動物虐待だな。レオのクソボケ野郎はさらに突っかかってきやがるんだが、賢明なことにマグマ星人は一時撤退し、戦局を練り直すことに決めたんだ。明日のために今日の恥に耐えるって奴だな。くー、泣けるぜ。マグマ星人のカッコよさにおれが泣いた!

そのあと、別のマグマ星人が宇宙一の美女怪獣ローランを追って地球に来た。地球人のバカな視聴者は「変態」だなんだとぬかすが、種族の垣根を越えたがわかんねぇ狭量な連中のタワゴトだ。そんなんだからメイツ星人が死んだんだぞ。目が腐ってるよなー。まーいいわ。で、マグマ星人の寵愛を受けるとゆうから温泉が湧くレベル、いや買った宝くじが10回連続で当たるくらいの幸運に出くわしたもかかわらず、このビッチローランはそれを拒絶し、冴えない地球人のおっさんなんぞに色目使ってやがった。まったく、ゆとり怪獣はこれだからいけねーよな。価値観がワケわかんねーんだよ。んで、この後レオのヤローは私怨をむき出しにしてこのマグマ星人と戦うことになる。単細胞だねえ。脳みそまでライオン並ときたもんだ。

ウルトラマンメビウス』に登場したマグマ星人[編集]

ここで登場したマグマ星人はいわば求道者とも呼ぶべきマジパネェイケメンだったね。二人の兄弟で宇宙を流離う超カッケエ戦士で、いつも強敵を探し他山の石にしてたわけだ。使い方これであってたかな。まいっか。兄は金髪青目、弟は銀髪赤目のナイスガイだ。

この二人はオオシマ彗星の上で宇宙最強を自称する剣豪、ザムシャーと戦ったんだよな。超スピードで動く不安定な足場の上で頑張ったが、ザムシャーは卑劣にもだまし討ちを行い二人とも虐殺されちまった。マグマ星ではザムシャーは憎むべき敵として教科書にも載ってるんだ。今後もザムシャーを見つけたらぜひマグマ星人を呼んでくれ。きっとあいつは「武を極める」とか言って試し切りとか行う最低ヤローだからよ。

ウルトラマンSTORY 0』に登場したマグマ星人[編集]

ウルトラマンどもの若い頃を描いた、作者頭丸焦げブツブツ野郎から何億円賄賂もらったんだかわからねープロパガンダ漫画『ウルトラマンSTORY 0』では、L77星でのマグマ星人の物凄くカッケェ活躍が描かれているぞ。

中でも注目すべきなのはマグマ星宇宙侵攻軍隊長だね。この人はマグマ星ではとして扱われている高潔で清廉な武将なんだ。常に戦いには一騎打ちを望み、卑劣な手段を嫌う男の中の男よ。まさに男の惚れる男って感じだね。マジパネェわ。それにゃ多少劣るがよ、隊長のもまあイケメンだァな。人間くせぇところがたまらねー、理想の上司だぜ。

あと、この漫画はなぜマグマ星人がマグマ星人と呼ばれるようになったか、L77星がなぜ滅びたのかにも結論出してるんだ。まあ所詮はウルトラマンのプロパガンダ漫画だが、あの連中の情報操作だらけの偏向報道に惑わされることなく読めばなかなかおもしれーぞ。正しいのはいつもマグマ星人だからな!

ウルトラマンギンガ』に登場したマグマ星人[編集]

こいつはたしかダークルギエルに仕えるマグマ星人だったっけな。ダークルギエルの旦那は人使いが荒く、デカ耳イカ野郎ルー語バカクソオカマの三人と違ってマグマ星人にゃきつい仕事ばっか与えやがるんだ。ブラック企業だな。だがこのマグマ星人はそんな辛い仕事にもめげず、臥薪嘗胆の気持ちでコツコツ仕事を積み重ね、遂にゼットンを手に入れるに至ったんだぜ。ヒューッ、マジいぶし銀。クールだぜ。

しかもこいつはゼットンの火球で地球を丸ごと吹っ飛ばそうとするなど、スケールもデカかったね。男ならそーこなくっちゃあな。まさに襤褸は来てても心は錦、ってやつか。マジカッケエよ。サイコーだぜ、マグマ星人! イエーイ!

大怪獣ラッシュ』に登場したマグマ星人[編集]

マジで神レベルのカッコよさだ!

2014年、いよいよマグマ星人の時代がやって来たってワケだ。円谷プロもようやくマグマ星人の魅力に気が付いたみてぇだな。おせえんだよ。

これに登場するマグマ星人、「マグママスター・マグナ」は正真正銘のウルトラスーパーイケメンだ。筋骨隆々の惚れ惚れするような超ヤベエくらいかっこいい肉体と、逆巻くのような紅蓮の長髪。マヂでサイコーにイカしてるぜ。書いてるだけで鼻血が出そうだ。巨大怪獣の攻撃にもびくともしねえ強靭なの肉体、尽きることのねえ燃え上がる闘志、決してあきらめない不屈のど根性、どんな相手にも立ち向かう勇気。髪の毛一本に至るまで、最強なまでにかっこいいぜ。断言してもいいが、一緒にハントしてるセミ忍者インコオヤジじゃあとてもこんなマネはできないね。マグマ星人はこうでなくっちゃいけねえ。ある回で「武器にこだわるな」と難癖付けやがったガッツのジジイにゃ「このサーベルはオレの誇りだ!」と返した時にはカッコよさに打ち震えてションベン漏らすかと思ったぜ。マジ最強。ホンットマジパネェわ。

ウルトラマンX』に登場したマグマ星人[編集]

この同胞は宇宙の暗黒の澱みが生んだグア・スペクターと手を組んでいたな。勘違いしちゃいけねーぜ。グアはこの強くてかっちょいいマグマ星人と「手を組んで」いたんであって、「雇って」いたわけじゃねえ。何せこのマグマ星人は二刀流を使うんだ! ヒューッ! クール!!

見かけだけじゃなくて強さも半端じゃねえぜ! あの宇宙で一番強いだのなんだの言われているギンガと引き分けたウルトラマンビクトリーを軽く圧倒し、主人公のXの最強形態であるエクシードXですら歯が立たなかったぐらいだぜ!! はっきり言ってグア・スペクターはオマケで、マグマ星人の方が主役つっても過言じゃない。でも、最後は足手まとい…もとい仲間であるグア・スペクターを庇い、ビクトリーナイトの凶弾に倒れたんだ。その壮絶な死には全マグマ星人ファンが目からウルトラ水流を流したほどだぜ。かっこよすぎるよ、マグマ星人ンンンン!!!



宇宙一強くてカッコいいマグマ星人の活躍には、今後も目が離せねぇな!

最強の関連項目[編集]


ゾフィー燃え.jpg 私の名はゾフィー。この項目「マグマ星人」はウルトラシリーズに関連した書きかけ項目だ。
今、この項目は怪獣凶悪宇宙人に狙われている。
勇敢な地球人のキミ。今、キミの力がこの記事には必要だ。
さあ、今すぐ我々に力を貸してくれ! (Portal:スタブ)