マキャヴェリズム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
マキャベリズムから転送)
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情ナントカ還元水が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
「目的のためなら手段を選ぶな
君主論の初歩だろうがそんなことは知らないね
世の中には手段のためならば目的を選ばない
という様などうしようもない連中も確実に存在するのだ」
マキャヴェリズム について、少佐

マキャヴェリズムとは、イタリア政治思想家・マキャヴェリがその著書『君主論』の中で述べた「あるべき君主の姿」である。『君主論』は、世間一般に思想書と思われがちだがその中身はむしろ「統治に関するハウトゥ本」である。

マキャヴェリはこの本を、当時のイタリアの実力者であったメディチ家へ取り入るために書いたのだが、実際には取り立てられることもなかった。なお、マキャヴェリ自身は、政治家としては失敗ばかりで、とても有能とは言えない人物であったらしい。往々にして理想と現実が食い違う好例である。いや食い違っていないのか?

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マキャヴェリズム」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マキャヴェリ」の項目を執筆しています。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「君主論」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ルネサンス」の項目を執筆しています。

「マキャヴェリズム」はよく、「目的のためには手段を選ばない」権謀術数であると理解されているがマキャヴェリはそんなことは言っていない。マキャヴェリの主張は単に「君主たるもの、国の存亡がかかる場面では、有効であると思われることならば手段を選ぶべきではない」である。しかもこれは、当時のイタリアがルネサンスによる人間主義・理想主義の中にあり、政治もまたその理想主義の影響下にあった、という背景において、政治を宗教道徳から切り離すべし、それらに縛られたがために国が滅びるようなことがあってはならない、という「現実主義」のススメなのである。まぁ現実主義と権謀算術の違いを説明しろと言われても難しいのは確かだが。

とはいえ、実際のところ、国家の存亡の危機なんてそうそうあるわけではない。ということで、とりあえず「大きな目的のためには、道義的に善しとされないことも許容される」みたいな理解でもそう酷く間違っているわけではないし、そもそも政治の世界で道義なるものがどの程度役に立つか、という問題もある。

現代日本とマキャヴェリズム[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「自由民主党」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小泉純一郎」の項目を執筆しています。

小泉純一郎[編集]

現代の日本においてマキャヴェリズムの実践者として知られているのは小泉純一郎である。小泉は、国家の財政を立て直すという目的の為であれば、それまでの日本の繁栄を支えてきたさまざまな(時には情実が絡んだ)仕組みを破壊することを厭わなかった。公約違反についての批判には「このくらいの公約違反は大した問題ではない」と開き直り、大型倒産によって社会不安が加速して自殺者が増加しても「構造改革が順調に進んでいる証拠」と述べるなど、その道徳的価値観に縛られない政治姿勢は近年の首相の中でも際立っている。その意味においては小泉をマキャヴェリストの一人とするのは強ち外れてはいないだろう。

しかしながら、それによって実際に国家が危機を脱したのかというと、どうもそうでもない。ひとつには、小泉が政治と宗教との切り離しについては消極的というか、むしろ特定宗教を積極的に利用しようとしたこと、また某宗教法人を重んじる姿勢を、多くの反対の声にもかかわらず貫いたこと、等がその原因にあげられるかもしれない。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「安倍晋三」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「美しい国」の項目を執筆しています。

安倍晋三[編集]

一方、小泉の次の首相となった安倍晋三はどうであろうか。「美しい国」という理想、また「愛国心」のような道徳を重んじる姿勢は、明らかにマキャヴェリズムとは相反するものである。また、人事においても個人的な信頼関係を重視した結果、情実を重んじて適切な処置を施すことを避けたために、政権は基盤を危うくしている。さらに、安倍もまた小泉と同様、政治と宗教の切り離しには消極的である。のみならず、そもそも美しい国という概念が、某宗教団体の元幹部の著書のパクリであることが判明している。こんなことでは、とても正しい統治者にはなれないであろう。

とはいえ、2007年7月の参議院議員通常選挙において、自ら「私をとるか、小沢さんをとるか」と争点を掲げておきながら、有権者の選択は明らかに自分ではなかったにもかかわらず、「政権選択選挙ではない」と前言を翻して政権に居座ることを宣言した。政権維持のためには道義的な非難を恐れないなど、少しずつマキャヴェリストの資質を身に付けつつあるように見られ、大いに期待されたが、派閥の大物の名を借りた組閣を行い、さらに目的よりも自らの健康を大切にするという選択を行ったために、マキャヴェリストとしては失格の烙印を押された。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「民主党」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小沢一郎」の項目を執筆しています。

小沢一郎[編集]

さて、ここで野党に目を向けてみよう。

小沢一郎はどうであろうか。彼は一見するとマキャヴェリストとしての資質を持っているように見えるかもしれない。かつては不倶戴天の敵であった旧社会党系の議員、労働組合をバックに持つ議員が少なくない寄せ集めの民主党であっても、自らの描く国家像の実現のためにはそのような過去のいきさつには縛られずに大同団結の道を選んだあたりは、安倍にくらべるとはるかにマキャヴェリズム的である。

しかしながら、非常に残念なことに、現時点ではいまだ民主党は「国家を存亡の危機」なるものと関わり合いを持てる状態ではない。したがって、小沢のマキャヴェリズムは、その対象が国家ではなく党の統治へと向かうことになっている。すなわち、国家の代わりに党の存続の危機(最大の危機は実はこれからなのかもしれないが)に対して「存続のために手段を選ばない」状態になってしまっているのだ。これからくるかもしれない危機を乗り越える手段が、過去のわだかまりを排したと称する自民民主合併であっても、小沢的マキャヴェリズムにとっては何の不自然さもない。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「社会民主党」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「福島瑞穂」の項目を執筆しています。

福島瑞穂[編集]

現時点では社民党は論外であろう。党首が、前職が弁護士であるわりには論理性皆無、情に訴えることしかできないような人間である。いやそもそも、その情に訴えることにすら全く成功していない。どうせ「論理より情」の世界を行くなら、せめて田中真紀子くらい頑張らないとダメである。トップがそのていたらくなのだから他も推して知るべし。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日本共産党」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「志位和夫」の項目を執筆しています。

志位和夫[編集]

意外と健闘を見せているのが共産党である。ここは、どれほどの功労者であっても、邪魔になると容赦なく切り捨てる。その切り捨てっぷりはある意味潔い。また唯物史観は当然宗教には否定的である。

実際にはありもしない(と、最近は言いきれなくなっている気もしなくはないが)「庶民」と「大企業」の二項対立をでっち上げてまで党の主張を正当化する姿勢もまた、手段を選ばないという点においては評価できる。さらに、このように切り捨てが常態化しているにもかかわらず、対外的には「思いやり」重視の広報を行っているその二枚舌ぶりも、マキャヴェリストらしさをかもし出している。しかしながら、実はいまだ不破哲三に頭を押さえられているというか、上記のような共産党の切り捨てっぷりは志位よりむしろ不破に由来している可能性は高い。

ちなみに、公明党に言及しなかったのは、お察し下さい

マキャヴェリズムの段階[編集]

レベル1
目的のためには非情にならねばならない時もある。
レベル2
全てはわ(れら)が目的のために!!
レベル3
手段は選ばない。目的も選ばない
レベル4
「マキャヴェリズム」としか言わなくなる。
レベル5
民衆に惨殺される。

なおマキャヴェリ本人はレベル1であった。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]