マウンテンデュー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
マウンテン・デューから転送)
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マウンテンデュー」の項目を執筆しています。
マウンテンデューを発見したとされるデューディウス卿。サンタクロースと間違えかねない

マウンテンデュー(Mountain Dew)とは北アメリカ大陸Mt.Dewで採取されるスパークリングナチュラルミネラルウォーターであり、その風味から世界中に愛飲者が存在することで知られる。 特に、某高校の運動会緑組では、もうヤヴァ~ィほど絶賛され、まるで神のようにあがめられており、その缶は黒板の上に無数に存在し、授業中にクラスメイトのテンションを100倍にするとも言われている。

概要[編集]

無味無臭のミネラルウォーターが多い中、この山で採取される水は発泡性があるだけでなく、砂糖などのミネラル分を多く含む硬水である。さらに黄色いために炭酸飲料と間違われることが多いことでも知られる。

Mt.Dewからの採取権はペプシコーラ社が所有しており、水源から湧き出た新鮮なマウンテンデューをろ過殺菌をせずにそのままボトリングして販売している。

[編集]

Mt.Dew(マウント・デュー)の地下鉱脈には砂糖や炭酸水素ナトリウムが豊富にあるため、湧水した時点で手抜きのCCレモンのような味がする。 このため一部の専門家の間ではペプシ社が天然水に何らかの成分加工をしているといった推測がされているが、根も葉もないデマである。 また、黄色4号や青色1号で着色したかのような色をしているが、これも天然由来であるとされている。加工はしていないというのなら、採掘地付近にある、し尿処理場との関連は一切ないとは言い切れない。

またペプシ社は日本において2007年に500mlPETでマックスエアーなる新商品を発売した。これは同じ山から取れるミネラルウォーターなのにも関わらず液色が緑色な点が疑問の余地をはさむものである。これについては採掘地付近にある「ブリリアントブルーFCF社」の工場の下水処理施設との因果関係が取り出さされている。

マウンテンデューの苦難と栄光[編集]

日本においては、1981年に北関東飲料から販売開始された。発売以来、ヒット商品として当時低迷していたペプシを牽引していたマウンテンデューであったが、日本ではさまざまな苦渋をなめることとなる。まず、中部ペプシコーラボトリング(現チェリオ中部)ではよりにもよってマウンテンデューのライバル製品であるスイートキッスの販売に力をいれていたのである(名古屋地域で放送されたCMでは「中部ペプシコーラボトリング」のクレジット付だった)。また、貢献してきたマウンテンデューは日本において「最初で最後のきわどい味」という怪奇極まる印象を与えかねないようなキャッチフレーズを与えられてしまう。

近年では2006年にアメリカにおいて、炭酸飲料売り上げ4位という微妙な栄冠を獲得する。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マウンテンデュー」の項目を執筆しています。
この項目「マウンテンデュー」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)