ポリゴン (ポケモン)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「目がぁ!目がぁぁぁ!!」
ポリゴン (ポケモン) について、ムスカ
「ピカチュウとジョーイのばかやろうのせいで、俺たちがテレビ出演できなくなったじゃねえか!!(怒)」
ポリゴン (ポケモン) について、ポリゴン2及びポリゴンZ

ポリゴン(ぽりごん)とは日本の最初で最後の光学兵器である。ポケモンショックについてもここで説明する。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ポリゴン (ポケモン)」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ポケモンショック」の項目を執筆しています。
Quqpacmanlogo3.png
ポリゴン (ポケモン)が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/ロボット」へ収録されています。

誕生[編集]

光学兵器は日本古来から開発が進められており、大東亜戦争中、日本軍がすでに開発をしていた。だが敗戦により一気に廃れた。しかし平成バブルがすぎた頃の1990年代後半、メディアがアナログからデジタルへの過渡期を迎えていたころにポリゴンは解放された。その後大手汎用決戦兵器メーカーであるデボンコーポレーションによって改良された。これは秋葉原博士の功績が大きい。正式名称は、「PP-CT60HLD」。

解放[編集]

解放されたポリゴンは、1997年12月16日テレビ東京系列のネットに侵入(ポリゴンはネット侵入能力も持っていた)、当時子供たちの最大級の娯楽であったアニメポケットモンスターの放送途中に出現し一気に能力を解放。全国の幼稚園~小学生の子供たちが突然、目眩吐き気を訴えて日本中を大混乱にさせる一種の特殊光学無差別殺人を起こした。これはポケモンショック(あるいはポリゴン事件ポリゴンショック)と呼ばれている。なおこの事件後、テロ組織から犯行声明が出ており、これが世界最初で最後のサイバー光学テロであった。

ところが、この不祥事は実際には電気ネズミが発電したところによるものであったが、ポリゴンは無実の有罪判決を受けてしまった。テレビ東京はアニメを休止し、そして対策を施し再開した。それ以来、ポリゴンと進化系がアニメに出現する事は皆無となりWHO『ポリゴン根絶』を発表し、日本も事実を認めた。ちなみに、ピカチュウは主犯のくせに自宅謹慎(おおよそ一年)のみである。 現在ポリゴンは『日本最後の光学兵器』と称されファンの間でのみ語り継がれている。

しかし軍はその絶大な影響力を手放さず、裏で改良を行っていたというのは都市伝説ではなく紛れも無い事実である。そのため、子供向け番組には「テレビを見るときは部屋を明るくして離れてみてください」というお触書を提出しなければ放送できなくなった。

その後、「児童に有害なポリゴンの禁止に関する法律」、通称児童ポリゴン禁止法が制定され、一般人のポリゴン及びその進化系(準児童ポリゴン)の単純所持が禁止された。また、過去のアニメ作品の再放送・DVD化の際には、残像拳を使用することが義務づけられた。

ちなみに番組内でポリゴンには初号機零号機と呼ばれる二種類が存在し、零号機ポリゴンに林原めぐみが乗っていたりするが某人気ロボットアニメとは関係ない(秋葉原博士がそれをみてパクったという説もあるが)。

主に「じげんのとう」と呼ばれる時を司る塔に生息している。まるでポケモンショックで濡れ衣を着せられた恨みを晴らすかのように放電ぶっぱしてくる。しかし肝心の憎いアイツにはあんまり効果が無かったり

かっこいいポリゴン[編集]

ファンサービスのためにポリゴンに光沢を施した亜種。色違いというわけでも、新型というわけでもなく、さしてかっこいいというわけでもない、すっげー微妙な存在。一応、少しだけ強化されてはいる(危険度が)。

この亜種も本編では登場していない。(映画にエキストラとして登場という情報があるが不詳) 彼らもまた一族の着せられた理不尽な冤罪を背負いながら生きなければならない悲しい運命にあるのだ。

ポリゴン2・失敗[編集]

ver1.0はあまりに全体的なスペック不足がありそれを補うため強化されたものがポリゴンver2.0、通称ポリゴン2である。

自らに負荷をかけダメージを軽減し、その負荷を利用し攻撃力に転用した物が「鈍い」と呼ばれており、非常に有効な補助装備であったが、自らに負荷をかける事が電子機器に悪影響を与えるため第3アップデートであるver2.5で規制を受けてしまった。

<補足> ポリゴンver2.0には、宇宙でも活動できるプログラムが組み込まれていたようだが、何のためにそんなプログラムを組み込んだのかは、未だ不明のままである。

ポリゴンZ計画[編集]

製作者がポリゴンから正式に強化したポリゴン2ハッキングし、ZIP圧縮による軽量化を図り機動性を高め更に攻撃力を高める改造を行った物がポリゴンZIP、通称:ポリゴンZ(ゼ-タ)と呼ばれる物である。

正式な作者が作ったわけではなく、他人がハッキングして作ったため人工頭脳に少々のバグが見られるが運用には問題が無いレベルとされている。

Ver2.0にまで存在した相手の体にある特殊能力を自らに複写し利用する、通称「トレース」と呼ばれるソフトを応用し、能力を複製しそれを自らに再度適用し攻撃力の増加を図ったのが「適応力」と呼ばれている物である。この適応力により自らの属性の技の攻撃力を200%まで引き上げることに成功した。これにより、メタグロスを一撃で粉砕できる記録が残っている。

Ver3.0にアップデートすることによりZIPから7z圧縮への対応をしたと製作者は言っている。

ポリゴン2キセキ計画[編集]

進化の奇跡」と呼ばれる特殊なプログラムにより、ポリゴンver2を大幅に強化する計画である。この進化の奇跡に適応する兵器は数多くいるのだが、実用的なまでに強化される物は非常に限れられていた。そのため望み薄であったと言われている。

しかし、ポリゴンは学者たちの予想を超えた。期待されていた性能を遥かに上回り、凄まじい耐久性を持つ恐るべきポリゴンが完成した。その持久力は伝説であるスイクンクレセリアに匹敵し、場合によってはそれすら上回るとも言われる。

使用する技[編集]

ダイヤモンド、パールにてポリゴンの使用する技の解説。

  • サイケこうせん
    不思議な光線で相手を混乱させる。
  • はかいこうせん
    凄まじい光線で相手を破壊するが、次のターン自分も動けなくなってしまう。
わるだくみと組み合わせることにより、ですら瀕死の重傷、または致命傷を受ける。
  • ソーラービーム
    1ターン光を吸収し、次のターンで攻撃。1ターン目はまさに嵐の前の静けさ
  • シグナルビーム
    ポリゴン2が習得。赤や緑の光線を発射し、相手を混乱させる。
  • フラッシュ
    光で命中率を下げる。フィールドで使うと暗いところを明るく出来る。ただし、ちょっと危険
  • じこさいせい
    どんなに傷を付けられてもこの技で体力を回復するため、破壊は不可能。破壊するには俺の嫁を呼ぶしかない。
  • ロックオン
    次に放つ光線を確実に相手に直撃させる。かげぶんしん等も無効。なす術がない。
  • わるだくみ
    ポリゴンZIPが習得。とくこうを爆発的に上げ、光線発射の準備をするおそろしい技。
  • ほうでん
    本家では中の上程度の技だが、不思議のダンジョンにおいては麻痺付加の凶悪な全体攻撃と化し、数々の救助隊や探検隊を葬った。

鬼才・秋葉原博士[編集]

ポリゴンを世に送り出すことに成功し、有頂天の秋葉原であったが、皮肉にもそのポリゴンの力で自らの研究所をコッパミジンコにされる(正確には、ポリゴンに電撃を加えただれかさんのせいだが)。すべてを失った彼だったが、「よーし、これからもポリゴンの研究すんぞー!!」みたいな非常にポジティブな事を言い残して消息不明。その後、彼の活躍の一部始終は大人の事情によってなかったことにされ、も抹消、結局のところ、彼は幻のポケモンより幻の存在と化してしまった。秋葉原よ永遠なれ。

関連項目[編集]