ポッキー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ポッキーは、ポキポキポキポキ折れるがおいしいお菓子である。

形状[編集]

形状は、まず、とても細長い本体部分がある。しかし、それは簡単に折れてしまうので、丁寧に扱わなければならない。これには味はほとんど無い。味を生み出しているのは、周りのチョコレートである。だが、強度にはほとんど貢献していないのは言うまでもない。

注意事項[編集]

注意すべきところは、まず、ポキポキポキポキ折らないことである。折れてしまうとせっかくのポッキーもおいしく食べられない。次に、チョコレートが外に出ているので、気をつけないと手がベタベタになることである。そして最後に、長澤まさみと組み合わせると、ハルマゲドンを引き起こすことがあるということである。しかし、これらのことに気をつけさえすればとてもおいしい。

ちなみに、ぽきぽきポキポキ折れてしまったポッキーは、凄くまずい。とにかくまずい。しかし、チョコレートの付いたところに当たると、うまい。

いろいろな味[編集]

味は、もっともポピュラーなものはイチゴ味である。他にも色々あるが、ムースはあまり好かれていない。何故かと言うと、フワフワしていて食べにくいのと、値段が高い割に量が少なすぎ景気の悪い今日では割高感があるからだという。

強力なライバル[編集]

っていえば、やっぱこれだね~ロッテトッポ、ってことになるんですか? これ、実はチョコが外に露出していないので、手が汚れにくいという特徴がある。ポッキー大ピンチ!! 長澤まさみとともに、一体どうなってしまうのか!?

世代交代[編集]

ポッキンナベイべ☆

こうしたライバルの出現に対し、ポッキー陣営は、世代交代を進めた。そして、2007年末現在では、新垣結衣が楽しそうに跳ね回るニューポッキーが定着。巻き返しが図られている。

偽物[編集]

某アジアの国では「ペペロ」という名前で売られている。なお、その国のお方が「我が国が起源ニダ!」という場合がよくあるが、それは真っ赤な嘘である。 また、マレーシアでは「Rocky」という似て非なる物が販売されているが、会社は同じグリコである。 さらに、フランスでは「MIKADO」という名前で売られている。Rocky同様、会社はグリコである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ポッキー」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ポッキー」の記事を執筆しています。