ポケモンセンター

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ポケモンセンター」の項目を執筆しています。

ポケモンセンターとは、任天堂株式会社が作り出したふぁんたじーでめるへんちっくな世界にぽつんと佇む商業施設であり、本来の任務はゲーム上の不正行為の監視と取り締まりだった。しかし最近ではただの宿泊施設医療機関介護施設としての役割しかない。また非営利団体なので主な収入源は募金カツ上げに頼るしかなく、その他四天王からの個人献金などもあるが彼らは主人公を名乗る人物にぎったぎたにされるため、近年はあまり役に立たない。

歴史[編集]

世界が任天堂に包み込まれてゆく

今からちょっと前にthe 任天堂ワールドに突然現れ、あっという間に夢と希望の世界の主要都市を勢力下においたことはあまりにも有名で、そのことが偉い人にたたえられて各店舗にナースコスプレをした美少女が緊急配備されることとなった。その後ともだちやを買収し、その利益でいくつもの地方に店舗を拡大した。最近では店舗内の設備やサービスの充実を図り、機械化が進められた。エスカレーター・自動ドアの導入をしたり通信ケーブルなしで敵国と戦争できるようになったことは大きな手柄だ。しかしその結果おぞましきモンスターの世界の概念が他国に流出してしまった。また一部のファンはナースがロボットになることに激怒し強い光をテレビ画面に映す暴動に出た。これを一般的にポリゴンショックとかポケモンショックという。しかしファンたちは婦人警官のコスプレをした方々にあっけなく捕まった。ともだちやでの利益は一応施設の整備や難民救助の寄付金にあてられているそうだが、ポケモン屋敷やふれあい広場を見る限り定かではない。

仕事[編集]

上記の通り過去と現在では仕事の内容が著しく変化してしまったので、ここでは現在の仕事内容を書く。

年老いたポケモンの介護・リハビリ[編集]

時代の波から取り残されたり、社会に適応できなくなったポケモンたちを優しさをもって介護させたりリハビリしたりしている。しかし深刻な医師不足によってそれらの作業が思うようにできなくなったので、遂に数年前に四天王という名のポケモン抹殺機関が作られた。

人とポケモンのための宿泊施設[編集]

一時期は芸能人が泊まりに来るほど繁栄していたが、近年では施設内をピンクのけだものがうようよしている、などの理由から非衛生的であるなどのレッテルを貼られ、タダで泊まれる汚い家くらいにしか思われていないようだ。汚い家だろうとなんだろうと泊まれるのなら泊まりましょう、というのが田舎に泊まろうのポリシーであるためあの番組には影響しなかった。

優しいナースの医療機関[編集]

優しいナースが看病をしてくれる一部の人たちには堪らないサービスだった。しかし医師がいなくナースだけでポケモンを治療することの危険性が指摘され、今はナースはニコニコするだけのただの置物のような扱いになってしまった。一方、業務はすべて機械が行うようになった。

任天堂の広報活動[編集]

子供達に大人気のポケモンを通して、任天堂の名を世に知らしめている。今の子供が大人になった際、子供用に任天堂の商品を購入してもらう意図がある。将来的な目標は、三歳児がポケモンといえば任天堂、と言うようになること。ちなみに、この活動により一部の日本人は任天堂にとりつかれた。

関連項目[編集]